プレミアムパック2019に「No.XX インフェニティ・ダークホープ」収録決定!効果の考察と相性の良いカードを考案します!

20181222日・23日に開催されるジャンプフェスタ2019にて先行販売するプレミアムパック2019No.XX インフェニティ・ダークホープ」が収録されることが判明しました。

漫画版遊戯王ARCVEVEが使っていたカードでもあります。

効果がほぼ判明したということで考察をしてきたいと思います。

「NO.XX インフェニティ・ダークホープ」について

エクシーズ・効果モンスター
ランク10/闇属性/ATK4000/DEF4000
レベル10モンスター×3体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手のモンスターが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、このカードのX素材を1つ取り除き、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
②:このカード以外の自分フィールドの特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

ランク10エクシーズモンスターで、素材はレベル10モンスター3以上になります。

攻守は4000と切り札級のステータスを持ちます。

自分または相手のモンスターが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に、エクシーズ素材を1つ取り除いてそのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する効果。

自分フィールドに存在する自身以外の特殊召喚されたモンスター1体を選択し、そのモンスターの元々の攻撃力分だけライフを回復する効果2つの効果があります。

要求素材がレベル10モンスターということで、やや難易度が高いです。

安定して出すには専用の構築、もしくは「列車」のようにランク10エクシーズモンスターを出すことを目的にしたデッキが必要になるかと思います。

効果ですが、戦闘で破壊され墓地へ送られたモンスターを特殊召喚できるため、攻撃力の高いこのカードとの戦闘で破壊した相手モンスターを自分フィールドに蘇生することが出来ます。

墓地へ送られた時・守備表示で蘇生、という2つの条件からペンデュラムモンスターとリンクモンスターは蘇生対象外になるので気を付けましょう。

2つ目の効果は自身以外の特殊召喚されたモンスターの元々の攻撃力分回復出来るので、1つ目の効果と合わせると大量の回復も狙えます。

この効果はエクシーズ素材が無くても使える効果なので、正規の召喚方法をした後なら蘇生したときについでに回復することも出来ます。

スポンサーリンク

また、このカードはNo.モンスターであり「ホープ」モンスターでもあるため、サポートカードが多い点は魅力的です。

相性の良いカードは?

輝望道

「輝望道」

墓地のモンスター3体を効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターを使用して「ホープ」エクシーズモンスターをエクシーズ召喚する通常魔法です。

このカードを使ってNo.XX インフェニティ・ダークホープ」に繋げるためには特殊召喚可能なレベル10モンスター3体が墓地に存在する必要があります。

逆に言えば条件さえ満たせば手札消費1枚でNo.XX インフェニティ・ダークホープ」をエクシーズ召喚出来ます。

ただし忘れてはいけないのが「輝望道」デメリットです。

このカードを発動するターン、このカードの効果以外でモンスターを特殊召喚出来なくなるためNo.XX インフェニティ・ダークホープ」1の効果が使えなくなるという欠点があります。

とはいえ1度エクシーズ召喚してしまえば蘇生できるようになったりと用途が増えるという利点もあります。

ギャラクシー・クィーンズ・ライト

「ギャラクシー・クイーンズ・ライト」

自分フィールドのレベル7以上のモンスター1体を選択し、自分フィールドのモンスター全てのレベルを選択したモンスターと同じにする通常魔法です。

他のデッキに出張することが難しくない「ドラゴエディア」とこのカードを組み合わせることでエクシーズ素材を比較的簡単に並べることが可能です。

最終突撃命令

「最終突撃命令」

フィールドの全てのモンスターに攻撃表示を強制する永続罠カードです。

「ゴヨウ・ガーディアン」と同じように戦闘破壊した相手モンスターを自分フィールドに蘇生する場合、このカードを使うことで蘇生したモンスターを強制的に攻撃表示にして追撃を可能にします。

「ゴヨウ・ガーディアン」と違う点はNo.XX インフェニティ・ダークホープ」の攻撃力が4000あるため追撃の火力にかなり期待できる点です。

採用しても役に立つ?強いの?

何よりも召喚難易度が高いため、採用するデッキはかなり選ばれます。

実用的な運用法としては「列車」デッキに「輝望道」をピン挿しで入れ、デュエル中盤以降に出せたらいいな程度の考えというくらいかと思います。

効果もデュエルを決められるほど強力ではないため、無理をして出すほどのカードかと言われれば正直そうでもないという評価になってしまいます。

個人的な感想を言わせてもらうと、カードイラストがカッコいいのでファンカードとして欲しいですし、他にもEVEの使っていたカードがカード化するなら専用のデッキ構築も面白いと思います。