「イグニッション・アサルト」収録カードまとめ!「崔嵬の地霊使いアウス」収録決定!これは採用率が高そうな予感!!




2019年10月12日に発売の「イグニッション・アサルト」収録カードをここでは紹介していきます。

10000(テンサウザンド) シークレットレアも初登場するパックであることや遊戯王ヴレインズのAiの使う「@イグニスター」も登場するということで、楽しみなパックとなっております。

情報は公開され次第、更新していきます。

「イグニッション・アサルト」収録カードまとめ

ライトドラゴン@イグニスター

エクシーズ・効果モンスター ランク4/光属性/サイバース族/攻2300/守1500 レベル4モンスター×2

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 自分フィールドの「@イグニスター」モンスターの数まで、 相手フィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。

(2):このカード以外の自分のサイバース族モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。 自分の墓地からリンクモンスター1体を選んで特殊召喚する。

(3):自分フィールドのモンスターが効果で破壊される場合、 代わりのこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。


AIの使う「@イグニスター」モンスターで、ランク4モンスターです。

効果が3つあり、1つ目エクシーズ素材を1つ取り除くことで、フィールドの自身の「@イグニスター」モンスターの数だけ、相手モンスターを破壊することが出来ます。

2つ目このカード以外の自分サイバース族モンスターが相手モンスターを戦闘破壊した場合に、自分墓地からリンクモンスターを特殊召喚することが出来ます。

3つ目自分フィールドのモンスターが効果で破壊される時に、代わりにこのカードのエクシーズ素材を取り除くことが出来ます。

破壊効果は、こちらが大量に「@イグニスター」を展開していれば、相手の場を壊滅させることも可能です。

「@イグニスター」デッキでは、強力な効果を持ち、リンクモンスターを特殊召喚出来る点は非常に優秀です。

スポンサーリンク

ダークナイト@イグニスター

リンク・効果モンスター

リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:左下/下/右下】

カード名が異なるモンスター3体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる

(ダメージステップでも発動可能)。

自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限り

このカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。

(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。

自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

Aiの使ったエースモンスターであり、リンク3モンスターで、召喚条件はカード名が異なるモンスター3体です。

リンクマーカーの向きは下3つと非常に優秀です。

マーカーの向きの関係上召喚するはエクストラモンスターゾーンに召喚することになります。

1つ目の効果はリンク先にモンスターを特殊召喚した場合に、可能な限り「@イグニスター」を特殊召喚できるので、そのまま次のリンク召喚に繋げていけます。

2つ目の効果はサイバース族を特殊召喚できる効果を持っているので、「@イグニスター」デッキでは無い、サイバース族デッキでも1つ目の効果を諦めれば、マーカーの向きと2つ目の効果目当てに採用して見るも良いかも知れません。

万物創世龍


攻撃力と守備力の合計が10000以上になる様に自分のモンスターをリリースした場合にのみ特殊召喚可能なモンスターです。

新しいレアリティーの記念すべき1枚であり、効果もサウザンドとかけている面白いモンスターです。

またこちらではより詳しく、「万物創世龍」について考案と考察を行なっております。

2019年10月12日に発売予定の基本パック、イグニッション・アサルトにOCG1万枚目記念のカードが収録されることが判明しました。 ...

ドラゴンメイドのお見送り

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターとはカード名が異なる

「ドラゴンメイド」モンスター1体を手札から守備表示で特殊召喚し、

対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。

この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンの終了時まで、

戦闘・効果では破壊されない。

「ドラゴンメイド」の得意戦術である入れ替え効果を内蔵した魔法カードであり、この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンの終了時まで耐性を得ることが出来ます。

速攻魔法なので、バトルの追撃にも使え、サクリファイスエスケープにも使えます。

特に「ドラゴンメイド・ハスキー」がいる状態であれば、このカードを出しつつ相手モンスターを破壊することが出来ます。

とりあえずデッキに1枚は入れておいても損はありません。

ファイアフェニックス@イグニスター

リンク・効果モンスター リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:左/右/下】 サイバース族モンスター2体以上

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが攻撃するダメージ計算時に発動できる。 このカードの攻撃力分のダメージを相手に与え、 その戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。

(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

(3):リンク召喚したこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、 次のスタンバイフェイズに発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。

アニメでAiが使ったリンクモンスターの1体で、1つ目の効果が戦闘ダメージの代わりに攻撃力分の効果ダメージになる効果。

2つ目が効果で破壊された時に相手のモンスターを破壊できる効果。

3つ目はリンク召喚したこのカードが破壊された次のスタンバイフェイズで蘇生できる効果です。

召喚条件はサイバース族2体以上なので、サイバース族では使いやすいリンクモンスターであります。

1つ目の効果は攻撃力分のダメージを与えられる強力な効果で、2つ目は効果で破壊されれば、相手モンスターを破壊できるので効果破壊をする場合、相手はこのカードの破壊をある程度躊躇しなくては行けません。

注意しなくていけないのが3つ目の効果で、リンク召喚した場合のみ蘇生できるので、効果で蘇生した場合、再度蘇生とアニメの様には出来ない点は注意が必要です。

Ai打ち


アニメでも活躍した魔法カードで、Aiが相手だけ打ち負かす「これが俺の相打ちだ!」と言う決め台詞を生み出したカードです!

相手と同じ攻撃力になり、お互いにダメージを受けるカードでありますが、2つ目の効果は戦闘破壊から守れるので、このカードを直接墓地に送って使うのも良いでしょう。

崔嵬の地霊使いアウス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加える。
霊使いリンクモンスター2体目は地属性の「アウル」です。
地属性は使用頻度が比較的に高いので、地属性モンスター主体のデッキであれば、エクストラデッキに1枚入れておいでも損はしないモンスターです。
こちらのシークレットも今回高額で取引されそうです。
スポンサーリンク

まとめ

2019年10月12日発売のイグニッション・アサルトは新レアリティーの実装や「@イグニスター」の登場など、非常に面白いパックになることが予想されます。

今後情報が更新され次第、追記していきます。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX


【アジア版】遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする