「イグニッション・アサルト」収録カードまとめ!本日判明分の追記!!レアリティが全て判明!




2019年10月12日に発売の「イグニッション・アサルト」収録カードをここでは紹介していきます。

10000(テンサウザンド) シークレットレアも初登場するパックであることや遊戯王ヴレインズのAiの使う「@イグニスター」も登場するということで、楽しみなパックとなっております。

情報は公開され次第、更新していきます。

順番は情報が公開された順です。

目次

「イグニッション・アサルト」収録カードまとめ

ライトドラゴン@イグニスター

エクシーズ・効果モンスター ランク4/光属性/サイバース族/攻2300/守1500 レベル4モンスター×2

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 自分フィールドの「@イグニスター」モンスターの数まで、 相手フィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。

(2):このカード以外の自分のサイバース族モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。 自分の墓地からリンクモンスター1体を選んで特殊召喚する。

(3):自分フィールドのモンスターが効果で破壊される場合、 代わりのこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。


AIの使う「@イグニスター」モンスターで、ランク4モンスターです。

効果が3つあり、1つ目エクシーズ素材を1つ取り除くことで、フィールドの自身の「@イグニスター」モンスターの数だけ、相手モンスターを破壊することが出来ます。

2つ目このカード以外の自分サイバース族モンスターが相手モンスターを戦闘破壊した場合に、自分墓地からリンクモンスターを特殊召喚することが出来ます。

3つ目自分フィールドのモンスターが効果で破壊される時に、代わりにこのカードのエクシーズ素材を取り除くことが出来ます。

破壊効果は、こちらが大量に「@イグニスター」を展開していれば、相手の場を壊滅させることも可能です。

「@イグニスター」デッキでは、強力な効果を持ち、リンクモンスターを特殊召喚出来る点は非常に優秀です。

スポンサーリンク

ダークナイト@イグニスター

リンク・効果モンスター

リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:左下/下/右下】

カード名が異なるモンスター3体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる

(ダメージステップでも発動可能)。

自分の墓地からレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを可能な限り

このカードのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。

(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。

自分の墓地からサイバース族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

Aiの使ったエースモンスターであり、リンク3モンスターで、召喚条件はカード名が異なるモンスター3体です。

リンクマーカーの向きは下3つと非常に優秀です。

マーカーの向きの関係上召喚するはエクストラモンスターゾーンに召喚することになります。

1つ目の効果はリンク先にモンスターを特殊召喚した場合に、可能な限り「@イグニスター」を特殊召喚できるので、そのまま次のリンク召喚に繋げていけます。

2つ目の効果はサイバース族を特殊召喚できる効果を持っているので、「@イグニスター」デッキでは無い、サイバース族デッキでも1つ目の効果を諦めれば、マーカーの向きと2つ目の効果目当てに採用して見るも良いかも知れません。

万物創世龍


攻撃力と守備力の合計が10000以上になる様に自分のモンスターをリリースした場合にのみ特殊召喚可能なモンスターです。

新しいレアリティーの記念すべき1枚であり、効果もサウザンドとかけている面白いモンスターです。

またこちらではより詳しく、「万物創世龍」について考案と考察を行なっております。

2019年10月12日に発売予定の基本パック、イグニッション・アサルトにOCG1万枚目記念のカードが収録されることが判明しました。 ...

ドラゴンメイドのお見送り

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターとはカード名が異なる

「ドラゴンメイド」モンスター1体を手札から守備表示で特殊召喚し、

対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。

この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンの終了時まで、

戦闘・効果では破壊されない。

「ドラゴンメイド」の得意戦術である入れ替え効果を内蔵した魔法カードであり、この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンの終了時まで耐性を得ることが出来ます。

速攻魔法なので、バトルの追撃にも使え、サクリファイスエスケープにも使えます。

特に「ドラゴンメイド・ハスキー」がいる状態であれば、このカードを出しつつ相手モンスターを破壊することが出来ます。

とりあえずデッキに1枚は入れておいても損はありません。

ファイアフェニックス@イグニスター

リンク・効果モンスター リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:左/右/下】 サイバース族モンスター2体以上

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードが攻撃するダメージ計算時に発動できる。 このカードの攻撃力分のダメージを相手に与え、 その戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。

(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

(3):リンク召喚したこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、 次のスタンバイフェイズに発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。

アニメでAiが使ったリンクモンスターの1体で、1つ目の効果が戦闘ダメージの代わりに攻撃力分の効果ダメージになる効果。

2つ目が効果で破壊された時に相手のモンスターを破壊できる効果。

3つ目はリンク召喚したこのカードが破壊された次のスタンバイフェイズで蘇生できる効果です。

召喚条件はサイバース族2体以上なので、サイバース族では使いやすいリンクモンスターであります。

1つ目の効果は攻撃力分のダメージを与えられる強力な効果で、2つ目は効果で破壊されれば、相手モンスターを破壊できるので効果破壊をする場合、相手はこのカードの破壊をある程度躊躇しなくては行けません。

注意しなくていけないのが3つ目の効果で、リンク召喚した場合のみ蘇生できるので、効果で蘇生した場合、再度蘇生とアニメの様には出来ない点は注意が必要です。

Ai打ち


アニメでも活躍した魔法カードで、Aiが相手だけ打ち負かす「これが俺の相打ちだ!」と言う決め台詞を生み出したカードです!

相手と同じ攻撃力になり、お互いにダメージを受けるカードでありますが、2つ目の効果は戦闘破壊から守れるので、このカードを直接墓地に送って使うのも良いでしょう。

スポンサーリンク

崔嵬の地霊使いアウス

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/右下】
地属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加える。
霊使いリンクモンスター2体目は地属性の「アウル」です。
地属性は使用頻度が比較的に高いので、地属性モンスター主体のデッキであれば、エクストラデッキに1枚入れておいでも損はしないモンスターです。
こちらのシークレットも今回高額で取引されそうです。

九字切りの呪符

フィールドか手札からレベル9モンスターを墓地に送ることで、デッキからカードを2枚ドローすることが出来ます。

「ジェネレイド」とは特に相性が良い上に、事故率を軽減出来るカードです。

墓地に落とした「ジェネレイド」「死の王 ヘル」で蘇生できるので無駄がありません。

「ジェネレイド」デッキであれば、3枚投入も検討しても良いでしょう。

またコチラでは、このカードと相性の良い「ジェネレイド」デッキレシピの紹介を行っております!

デッキビルドパック ミスティック・ファイターズにて新規収録された3種のテーマの内1つに「王(ジェネレイド)」があります。 レベ...
デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場した3種のテーマの内の1つである「王(ジェネレイド)」は珍しい特性が大きな特徴です。 ...

「クロノダイバー・スタートアップ」

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札から「クロノダイバー」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地から、「クロノダイバー」カード3種類(モンスター・魔法・罠)をそれぞれ1枚ずつ選んで、
対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

1つ目の効果は現段階で「クロノダイバー」モンスターが少ないので特殊召喚できるモンスターは限られてきますが、2つ目の効果は「クロノダイバー・リダン」と相性が良く、前半ではエクシーズ素材が揃っていない可能性がありますが、中盤から後半であれば、すべての種類のカードを「クロノダイバー・リダン」に補充することが可能です。

2つ目の効果は「クロノダイバー」デッキのエースである「クロノダイバー・リダン」と相性が良いので、複数枚デッキに入れたいところ!

クロノダイバー・レトログラート

カウンター罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドに「クロノダイバー」Xモンスターが存在し、 魔法・罠カードが発動した時に発動できる。 その発動を無効にし、そのカードを自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスターの下に重ねてX素材とする。

発動に条件はあるものの、「クロノダイバー・リダン」のエクシーズ素材にする事でドローと除去の条件を整えることが出来ます。

モンスター効果は無効に出来ないので、万能カウンター罠カードとはいきませんが、素材補充できるところは優秀です。

ピカリ@イグニスター

効果モンスター

星4/光属性/サイバース族/攻1200/守600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「Ai」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

②:自分フィールドの「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルをターン終了時まで4にする。

1つ目の効果は「A i」魔法罠カードをサーチできるので、「イグニスター・Aiランド」をサーチし、アニメ同様にこのカードを「リングリボー」にしてメインモンスターゾーンを開けることで、「イグニスターA iランド」の1つ目の効果に繋げることが出来ます。

2つ目の効果はレベル4に出来るので、ランク4である「ライトドラゴン@イグニスター」に繋げることが可能です。

「@イグニスター」デッキを回す上で3枚必須のモンスターです。

ブルル@イグニスター

効果モンスター

星3/風属性/サイバース族/攻600/守1000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「@イグニスター」モンスター1枚を墓地へ送る。

②:このカードがサイバース族Sモンスターの素材として墓地へ送られた場合、「ブルル@イグニスター」以外の自分の墓地の、そのS召喚の素材としたモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

1つ目の効果はデッキから「@イグニスター」モンスターを墓地に送れますが、直接的なアドバンテージは稼げないので「A iドリングボーン」による蘇生や「ドヨン@イグニスター」でのサルベージを狙うことになります。

2つ目の効果はこのカードをサイバース族のシンクロ素材にした時にこのカードと同名以外のシンクロ素材にしたモンスターを特殊召喚する効果です。

サイバース族のシンクロモンスターこそ少ないものの同じ「@イグニスター」モンスターである「ウィンドペガサス@イグニスター」をシンクロ召喚する為のチューナとなります。

スポンサーリンク

ドヨン@イグニスター

効果モンスター

星4/闇属性/サイバース族/攻 400/守1600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

②:このカードがサイバース族リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合、自分の墓地の「Ai」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

1つ目の効果は「@イグニスター」のサルベージ効果

2つ目はサイバース族のリンク素材としてこのカードが墓地に送られた時に、自分の墓地から「A i」魔法・罠カードをサルベージ出来ます。

「ファイアフェニックス@イグニスター」をリンク召喚し。「Ai打ち」をサルベージするコンボなどは中々強力です。

アチチ@イグニスター

効果モンスター

星2/炎属性/サイバース族/攻 800/守 800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「アチチ@イグニスター」以外のレベル4以下の「@イグニスター」モンスター1体を手札に加える。

②:自分のサイバース族モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時に、墓地のこのカードを除外して発動できる。その自分のモンスターを破壊する。

1つ目の効果はレベル4以下の「@イグニスター」をサーチ出来る効果。

2つ目は墓地のこのカードを除外することで、戦闘を行う自分のサイバース族を破壊する効果です。

2つ目の効果は「ファイアフェニックス@イグニスター」と相性が良く、2つ目の効果のトリガーに出来ます。

また自身の戦闘を止めたい時にこの効果を使えばダメージを回避すると行ったことも出来ます。

スポンサーリンク

ドシン@イグニスター

効果モンスター

星1/地属性/サイバース族/攻 100/守800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに「@イグニスター」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:自分の墓地のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをEXデッキに戻し、デッキから「Aiラブ融合」を手札に加える。

1つ目の効果は「@イグニスター」が存在する時に特殊召喚できる効果。

2つ目の効果は自分のサイバース族リンクモンスター1体をエクストラデッキに戻すことで、デッキから「Aiラブ融合」をサーチすることが出来る効果です。

1つ目の効果は「@イグニスター」デッキであれば簡単に特殊召喚でき、展開要因になります。

また後半であれば2つ目の効果を使いデッキから「Aiラブ融合」をサーチし、融合召喚を狙っていくのも良いでしょう。

ヒヤリ@イグニスター

効果モンスター

星1/水属性/サイバース族/攻 300/守 400

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに「@イグニスター」モンスターが存在する場合に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

②:このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。デッキからレベル5以上の「@イグニスター」モンスター1体を手札に加え、このカードのレベルをターン終了時まで4にする。この効果を発動するためにリンクモンスターをリリースした場合、さらにデッキから「Aiの儀式」1枚を手札に加える事ができる

1つ目の効果は特殊召喚効果。

2つ目の効果はこのカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースしデッキからレベル5以上の「@イグニスター」モンスター1体を手札に加え、このカードのレベルをターン終了時まで4にする効果ことができ、リンクモンスターをリリースした場合、さらにデッキから「Aiの儀式」1枚を手札に加える事が出来ます。

1つ目の効果は「ドシン@イグニスター」同様に展開要因になることができ、2つ目の効果は儀式モンスターである「ウォーターリヴァイアサン@イグニスター」をサーチすることが可能です。

リンクモンスターをリリースすれば、「Aiの儀式」1枚を手札に加える事が出来るので、「@イグニスター」モンスターを「リングリボー」にして、コストにする動きが良いでしょう。

スポンサーリンク

ウォーターリヴァイアサン@イグニスター

儀式・効果モンスター

星7/水属性/サイバース族/攻2300/守2000

「Aiの儀式」により降臨。

このカード名の(2)の効果1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。

相手フィールドの攻撃力2300以下のモンスターを全て持ち主の出札に戻す。

②:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

自分の墓地のリンクモンスターを全てEXデッキに戻し、

対象のモンスターの攻撃力を0にする。

③:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。

その相手モンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ半分になる。

1つ目の効果は相手フィールドの攻撃力2300以下のモンスターをバウンスできる効果

2つ目は自分のリンクモンスターを全てエクストラデッキに戻すことで、相手フィールドのモンスター1体の攻撃力を0にする効果

3つ目はダメージ計算時に1度相手の攻撃力を半分にする効果です。

1つ目の効果は相手のフィールドにもよりますが、展開しているモンスター次第では相手のモンスターを空にすることが出来ます。

2つ目の効果も1つ目の効果で処理できなかったモンスターの攻撃力を0にすることができるので、戦闘面においても非常に強力です。

3つ目の効果は2つ目の効果を起動する為のコストが無かったとしても1度の戦闘であれば、相手のモンスターの攻撃力を半分にできるので、攻撃力4600のモンスターまで、戦闘で破壊することが出来ます。

アースゴーレム@イグニスター

融合・効果モンスター

星7/地属性/サイバース族/攻2300/守2000

サイバース族モンスター+リンクモンスター

このカード名の(3)の効果1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが融合召喚に成功したターン、自分が受けるすべてのダメージは0になる。

②:EXデッキから特殊召喚されたモンスターをこのカードが攻撃するダメージステップの間、 このカードの攻撃力は元々の攻撃力分アップする。

③:EXデッキから特殊召喚されたモンスターをこのカードが攻撃するダメージステップの間、「アースゴーレム@イグニスター」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

「@イグニスター」融合モンスターで、召喚条件はサイバース族モンスター+リンクモンスターの為、融合召喚自体は比較的に容易であり、「Aiラブ融合」以外であれば、相手のリンクモンスターを素材に出来る「超融合」墓地で融合出来る「死魂融合」などが比較的に融合召喚しやすいです。

1つ目の効果は自分が受けるダメージは全て0になるので、相手ターンに融合召喚を行うことが出来れば、少なからず、そのターンに負ける恐れは回避することが出来ます。

2つ目の効果はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘を行うときに攻撃力が倍になるので、合計で4600まで戦闘破壊可能です。

またアニメでも使われたコンボである「Ai打ち」とは相性が良く、自分のダメージを0にしながら相手のモンスターを破壊し、ダメージを与えるコンボは強力であります。

3つ目の効果はこのカードと同名以外のサイバース族を特殊召喚できるので、相手のモンスターを破壊できる「ファイアフェニックス@イグニスター」と相性が良いです。

スポンサーリンク

ウィンドペガサス@イグニスター

シンクロ・効果モンスター

星7/風属性/サイバース族/攻2300/守1500

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分メインフェイズに発動できる。自分フィールドの「@イグニスター」モンスターの数まで、相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。

②:このカードがフィールド・墓地に存在する状態で、このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、このカードを除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。

シンクロ召喚の条件はチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上と緩く、1つ目の効果は「@イグニスター」モンスターの数まで、相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する効果。

2つ目は条件を満たすことで相手フィールドのカード1枚を持ち主のデッキに戻すことが出来る効果です。

1つ目の効果はこのカードも含むので最低でも1枚は相手の魔法・罠カードを破壊することができ、2つ目の効果も相手を牽制するのに役に立ちます。

このカードの力を最大限に使いたいのであれば「@イグニスター」デッキが一番ですが、そうでなくても単体で、解決出来る効果を持っているので、汎用レベル7シンクをモンスターをしては十分な性能です。

イグニスターAiランド

フィールド魔法

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。手札からレベル4以下の「@イグニスター」モンスター1体を特殊召喚する。このターン自分は、元々の属性が同じモンスターを「イグニスターAiランド」の効果で特殊召喚できず、サイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

②:このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地から「@イグニスター」モンスター1体を除外して発動できる。このカードを自分フィールドにセットする。

「@イグニスター」専用のフィールド魔法で1つ目の効果は自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合にレベル4以下の「@イグニスター」モンスターを特殊召喚することが出来る効果。

2つ目はこのカードが墓地に存在するの時に自分の墓地から「@イグニスター」モンスター1体を除外することでこのカードをセット出来る効果です。

1つ目の効果はアニメのコンボ同様に「@イグニスター」モンスターを通常召喚し、そのモンスターを「リングリボー」にしてメインモンスターゾーンを開けこのカードの1の効果で「@イグニスター」モンスターを特殊召喚→

「ドシン@イグニスター」又は「ヒヤリ@イグニスター」を1の効果で特殊召喚→

3体で「ダークナイト@イグニスター」をリンク召喚→「ダークナイト@イグニスター」のリンク先にモンスターを特殊召喚→

「ダークナイト@イグニスター」の素材に使った3体を蘇生させ、その3体で「ファイアフェニックス@イグニスター」をリンク召喚

といったコンボが可能になります。

2つ目の効果はデッキのエンジンであるこのカードが破壊されても、コストさえ払えば再セット出来るので、比較的場持ちの良いフィールド魔法です。

Aiドリング・ボーン

速攻魔法

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の墓地の「@イグニスター」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

このカードの発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

②:モンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時、墓地のこのカードを手札から1枚を除外し、自分の墓地のカードおよび除外されている自分のカードの中から「Aiドリング・ボーン」以外の「Ai」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

1つ目の効果は「@イグニスター」モンスター1体を蘇生させる効果で、デメリットはサイバース族モンスターしか特殊召喚できなくなります。

2つ目はモンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時、墓地のこのカードを手札から1枚を除外し、自分の墓地のカードおよび除外されている自分のカードの中から「Aiドリング・ボーン」以外の「Ai」魔法・罠カード1枚をサルベージ出来る効果です。

サルベージ先として有力なのは、やはり相手のモンスターを破壊しつつダメージが与えられる「Ai打ち」が相性が良いと言えます。

回収と同時に「Ai打ち」を使えば強力です。

Aiラブ融合

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分の手札・フィールドから、サイバース族の融合モンスターによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。自分の「@イグニスター」モンスターを融合素材とする場合、相手フィールドのリンクモンスターも1体まで融合素材とする事ができる。

このカードの利点は「ドシン@イグニスター」でサーチ出来る点と、自分の「@イグニスター」モンスターを融合素材とする場合、相手フィールドのリンクモンスターも1体まで融合素材とする事ができる点です。

デッキにピン差しでも「ドシン@イグニスター」でサーチ出来るので、ピン差しでも十分に機能します。

スポンサーリンク

Aiの儀式

儀式魔法

サイバース族の儀式モンスターの降臨に必要。

①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドの「@イグニスター」モンスターをリリースし、手札からサイバース族の儀式モンスター1体を儀式召喚する。発動時に自分フィールドに「@イグニスター」モンスターが存在する場合、自分の墓地の「@イグニスター」モンスターもリリースの代わりに除外する事ができる。

サイバース族の儀式モンスターの降臨に必要な儀式魔法で、発動時に自分フィールドに「@イグニスター」モンスターが存在する場合、自分の墓地の「@イグニスター」モンスターもリリースの代わりに除外する事ができるので、「ウォーターリヴァイアサン@イグニスター」の儀式召喚は比較的に簡単に行うことが出来ます。

「ヒヤリ@イグニスター」でサーチ出来る儀式魔法カードなのでこちらも1枚ピン差しでも十分に機能するカードです。

カラクリ法師 九七六参 星5 地属性

機械族 ATK/2000 DEF/1500

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「カラクリ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの表示形式を変更し、このカードをチューナー扱いとして特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族・地属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

②:このカードは攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。

③:このカードが攻撃対象に選択された場合に発動する。このカードの表示形式を変更する。

自身をチューナーにして特殊召喚でき、「カラクリ」モンスターの表示形式を変更できるので、「カラクリ解体新書」などと相性が良いモンスターです。

カラクリ蝦蟇 四六弐四 

チューナー・効果モンスター 星1/地属性/機械族/攻 200/守1000 このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードは攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。

(2):このカードが攻撃対象に選択された場合に発動する。 このカードの表示形式を変更する。

(3):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「カラクリ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの表示形式を変更する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

レベル1チューナーという点で非常に優秀なモンスターでありながら3つ目の効果は「カラクリ」モンスターの表示形式を変更できるので、シンクロ召喚の素材にした後の無駄がありません。

「カラクリ忍者 九壱九」「カラクリ兵 弐参六」から「ナチュル・ビースト」につなげる動きも良いでしょう。

カラクリ大権現 無零武 

星9 地属性

機械族・シンクロ ATK/3000 DEF/1500

チューナー+チューナー以外の機械族モンスター1体以上

①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「カラクリ」モンスター1体を特殊召喚する。

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の守備表示モンスターは戦闘では破壊されない。

③:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「カラクリ」モンスターの表示形式が変更された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

新規「カラクリ」シンクロモンスターであり、1つ目の効果はシンクロ召喚成功時にデッキから「カラクリ」モンスターを特殊召喚する効果。

2つ目は自分の守備モンスターは戦闘では破壊されない耐性効果。

3つ目は1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「カラクリ」モンスターの表示形式が変更された場合に相手フィールドのカード1枚を除外出来る効果です。

1つ目は「カラクリ」シンクロモンスター共通効果であり、状況に応じて「カラクリ」モンスターを特殊召喚すると良いでしょう。

2つ目は表示形式の変更が多い「カラクリ」デッキでは役に立つ効果と言えます。

3つ目は1ターンに1度の効果発動になるものの、相手ターンに表示形式を変更することが出来れば相手の動きを大幅に妨害することも可能です。

カラクリ蝦蟇油

装備魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分の墓地の「カラクリ」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。

そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。

②:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の

「カラクリ」モンスターの表示形式が変更された場合に発動する。

装備モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

     

1つ目の効果は墓地の「カラクリ」を蘇生させる効果で「カラクリ」「早すぎた埋葬」と言えます。

2つ目の効果はシンクロモンスターでない限りはほぼ、素材の為の蘇生となる為、ほぼおまけといって良いでしょう。

「早すぎた埋葬」とは違い、完全蘇生である上に、コストも必要ないので非常に優秀なカードと言えます。

スポンサーリンク

借カラクリ旅籠蔵

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分フィールドの「カラクリ」モンスター1体と相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。

その自分のモンスターの表示形式を変更し、その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

②:自分フィールドに「カラクリ」モンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの表示形式を変更する。

1つ目の効果は「カラクリ」「ブレイクスルー・スキル」効果をであり、自分の「カラクリ」の表示形式を変更できるので相手ターンにカラクリ大権現 無零武」と組み合わせることで、相手の効果を無効にしつつ、相手のカードを除外出来ます。

2つ目の効果は墓地のこのカードを除外することで、表示形式を変更できる効果を持っているので、自爆特攻を抑えたい時などに役に立ちます。

アームズ・コール

通常罠

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):デッキから装備魔法カード1枚を手札に加える。

その後、そのカードを装備可能な自分フィールドのモンスター1体を選び、

そのモンスターに装備できる。

罠カードなので「アームズ・ホール」より、速さで劣りますが、罠カードなので相手ターンに発動するといったコンバットトリックに使えます。

また、装備魔法が重要なテーマとは特に相性が良く、ストラクチャーデッキR -ウォーリアーズストライク「呪眼」と相性が良いです。

スポンサーリンク

虚の王ウートガルザ

効果モンスター

星9/光属性/岩石族/攻2200/守1700

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):「虚の王 ウートガルザ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは岩石族モンスターを合計2体リリースし、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。

新規「ジェネレイド」モンスターで、「ジェネレイド」モンスター又は岩石族モンスターを合計2体リリースする事でフィールドのカードを破壊できる効果で、相手ターンでも発動出来ます。

コストが重いものの「ジェネレイド」トークンを使えば、コストの重さを軽減することが可能です。

複数枚入る性能では無いものの、ピン差しで相手の妨害枠としての採用価値は充分にあるカードだと思います。

ドンヨリボー@イグニスター

1つ目の効果は自分の「@イグニスター」が戦闘を行う時にこのカードを手札から捨てることで、その戦闘ダメージを0にする効果。

2つ目は「@イグニスター」モンスター又は「Ai」魔法・罠カードの相手にダメージを与える効果が発生した時に墓地のこのカードを除外することで、相手に与えるダメージが倍になる効果です。

1つ目の効果は戦闘面で優秀であり、2つ目の効果は「Ai打ち」「ファイアフェニックス@イグニスター」の効果ダメージを倍にすることが出来ます。

レベル1モンスターなので、「リンクリボー」の素材としても使える点で優秀なモンスターです。

先史遺産トゥスパ・ロケット

効果モンスター

星4/地属性/岩石族/攻1000/守1000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、

デッキ・EXデッキから「先史遺産」モンスター1体を墓地へ送り、

フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベルまたはランク×200ダウンする。

(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した「No.」モンスターは以下の効果を得る。

このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

1つ目の効果はデッキかエクストラデッキから「先史遺産」を直接墓地に送り、墓地に送った分のモンスターのレベルまたはランク×200フィールドのモンスター1体の攻撃力を下げる効果。

2つ目はこのカードを「No.」モンスターの素材にした時に、そのモンスターはバトルフェイズに2回攻撃出来る効果です。

1つ目の効果は専用の「おろかな埋葬」内臓効果で「先史遺産ネブラ・ディスク」を墓地に送れば、「先史遺産ネブラ・ディスク」の効果で自身を蘇生して、エクシーズ召喚かリンク召喚に繋げることが出来ます。

2つ目の効果は、「No.36 先史遺産超機関フォーク=ヒューク」と相性が良く、攻撃力を0にしつつ、2回攻撃を行うことが可能です。

スポンサーリンク

アークジェット・ライトクラフター

効果モンスター

星9/光属性/機械族/攻   0/守2100

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、

自分の墓地のレベル8以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは9になり、効果は無効化される。

(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は機械族XモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

1つ目の効果は自分フィールドにモンスターがいない時にリリース無しで召喚できる効果。

2つ目の効果は墓地からレベル8以下の機械族のモンスターを蘇生させ、そのモンスターのレベルを9にして効果を無効にする効果。

3つ目はこのこのカードが存在するかぎり、自分はまだ機械族エクシーズモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚出来なくなる制限効果です。

墓地から機械族を特殊召喚し、即座にリンク召喚、エクシーズ召喚に繋げることが出来ますが、3つ目の効果のデメリットで、出せるモンスターは限られてきます。

ゼアルのVを意識したカードで「No.9 天蓋星ダイソン・スフィア」の出しやすさを意識したモンスターと言えるでしょう。

コンドーレンス・パペット

通常魔法

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):EXデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスターの数+1枚まで、

デッキから「ギミック・パペット」モンスターを墓地へ送る(同名カードは1枚まで)。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの機械族Xモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターはフィールドに表側表示で存在する限り、相手の効果では破壊されない。

1つ目の効果は「ギミック・パペット」モンスターの墓地肥やし

2つ目の効果は墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの機械族エクシーズモンスターを選択し、そのモンスターに耐性付与する効果です。

1つ目の効果は、上記によっては「ギミック・パペット」を数枚墓地に送ることも出来ます。

墓地を使う「ギミック・パペット」にとっては嬉しい効果です。

2つ目は永続的に効果が続くので、ステータスの高い機械族エクシーズモンスターを選ぶと良いでしょう。

顕現する紋章

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。

デッキから「紋章獣」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する。

このカードの発動後、ターン終了時まで

自分はサイキック族モンスター及び機械族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

自分フィールドのモンスターをリリースすることで「紋章獣」をデッキから特殊召喚できる効果です。

デメリットはあるものの、専用でデッキを組めば、このカード発動後に即座にリンク召喚かエクシーズ召喚に繋げることが出来ます。

リサーガム・エクシーズ

永続罠

(1):自分フィールドのXモンスターの攻撃力は800アップする。

(2):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨て、

自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。

その自分のモンスターと同じ種族でランクが1つ高い「CNo.」モンスターまたは「CX」モンスター1体を、

対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

「RUM」魔法カード以外を捨てて発動した場合、

この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主のEXデッキに戻る。

1つ目の効果は、自分のエクシーズモンスターを強化する効果。

2つ目は手札から魔法カードを捨てることで、自分のモンスターをランクアップさせることの出来る効果です。

1つ目の効果の上昇値は800と高く、シンプルに強力な効果で複数枚並べれば、高い攻撃力上昇を狙えます。

2つ目の効果は「RUM」魔法カード以外を捨てて発動した場合、この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主のEXデッキに戻るデメリットがあるので、フィールドにランクアップしたモンスターを留めて置きたい場合は「RUM」を捨てる必要があります。

しかし、その場合普通に「RUM」を使った方が良い盤面の方が多いので、その辺は状況を見て決めると良いかと思います。

キャッチコピー

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手の効果によって、相手がドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。自分はデッキからカード1枚を選び、お互いに確認して手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

効果は相手依存になるものの、相手がサーチを使うデッキであれば、発動条件はそこまで難しくありません。

デッキから好きなカードをサーチできる点は非常に汎用性が高い反面、サーチしたカードと同名カードの効果は使用出来ない制約があります。

しかし罠カードなので、相手ターンに使えば、そのデメリットをある程度軽減することが可能です。

戦華の仲-孫謀

効果モンスター

星4/水属性/獣戦士族/攻1800/守1500

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに「戦華」モンスターが存在する限り、

相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

(2):自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。

デッキから「戦華の仲-孫謀」以外の「戦華」モンスター1体を手札に加える。

(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、

相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

イグニッション・アサルトの新規テーマの1つで、1つ目の効果は他の「戦華」モンスターが存在する時に相手の攻撃対象にならない効果。

2つ目は自分手札・フィールドをコストにこのカードと同名以外の「戦華」モンスターをサーチする効果。

3つ目はこのカード以外の「戦華」モンスターの効果が発動した時に相手のモンスター1体をバウンスする効果です。

1つ目の効果は他の「戦華」モンスターが存在すれば攻撃対象にならないので、場持ちは良いです。

2つ目の効果は、サーチ効果であり、状況に応じて好きな「戦華」モンスターをサーチ出来るので、デッキを回すのに置いて、是非3枚入れたい効果となっております。

また3つ目の効果はサーチした「戦華」モンスターの効果を使えば、相手のモンスターをバウンスできる上に場持ちが良いので、上手くいけば毎ターン相手のモンスターをバウンスするこも可能です。

戦華の美-周公

効果モンスター

星4/水属性/獣戦士族/攻1600/守1600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。

そのカードを墓地へ送り、デッキから「戦華」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

(2):このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、

相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

1つ目の効果は自分の永続魔法・罠カードをコストに、デッキから「戦華」魔法・罠カードをサーチできる効果。

2つ目はこのカード以外の「戦華」モンスターが効果を発動した時に相手モンスターの効果をターン終了時まで無効化できる効果です。

1つ目はレベル4以下の「戦華」をサーチ出来る「炎舞ー天キ」と相性が良く、「炎舞ー天キ」でこのカードをサーチし、そのまま召喚→効果で「炎舞ー天キ」をコストに「戦華」魔法・罠カードをサーチといった動きに繋げることが出来ます。

2つ目の効果は他の「戦華」モンスター同様に、他の「戦華」モンスターの効果の発動と連鎖して効果を発動出来ます。

出来るだけ、複数体並べるのが重要です。

スポンサーリンク

戦華の妙-魯敬

効果モンスター

星4/水属性/獣戦士族/攻 700/守2000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。

そのカードを墓地へ送り、そのカードとはカード名が異なる

「戦華」魔法・罠カード1枚を自分の墓地から選んで手札に加える。

(2):このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、

相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

1つ目は自分の永続魔法・罠カードを墓地に送ることで、そのカードとは異なる「戦華」魔法・罠カードをサルベージする効果。

2つ目が先ほどの2体同様に他の「戦華」モンスターの効果に反応して発動する効果です。

1つ目の効果は「戦華」の特性上永続魔法・永続罠カードを駆使して戦うテーマである上に、自ら墓地に送る効果を持つ「戦華」永続魔法・罠カードが存在するので、このカードのサルベージ効果は使う機会が多いかと思います。

2つ目の効果は「戦華の仲ー孫謀」と組み合わせることで、相手のフィールドのモンスターと魔法・罠カードを除去することが出来るので強力です。

戦華の徳-劉玄

効果モンスター

星4/風属性/獣戦士族/攻1400/守1200

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに「戦華」モンスターが存在する限り、

相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。

(2):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。

デッキから「戦華の徳-劉玄」以外の「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。

自分はデッキから1枚ドローする。

1つ目の効果は条件を満たすことで攻撃対象にされない効果。

2つ目相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、自分の手札・フィールドからカード1枚をコストにデッキからこのカード以外の「戦華」モンスターをデッキから特殊召喚できる効果。

3つ目はこのカード以外の「戦華」モンスターが攻撃するときに1ドロー出来る効果です。

2つ目の効果は「戦華」テーマ自体、特殊召喚方法はあるものの、1度に大量展開する点では展開力が遅い部分があるので、展開力重視の相手であれば、相手のフィールドよりこちらのモンスターが少ないことも多くあるので、効果の発動自体はそこまで難しくは無いでしょう。

レベルの制限はないので、上級「戦華」モンスターである戦華の義-関雲」「戦華の雄-張徳」も問題なく特殊召喚することが出来ます。

また3つ目の効果は2つ目の効果で特殊召喚した「戦華」モンスターが攻撃すれば、そのまま1ドローすることが可能です。

戦華の義-関雲

効果モンスター

星8/風属性/獣戦士族/攻2500/守1800

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、

自分フィールドの他の「戦華」モンスターは相手の効果の対象にならない。

(3):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、

相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを破壊する。

「戦華」上級モンスターの1体で1つ目の効果が相手フィールドにモンスターがいる時に手札から特殊召喚出来る効果。

2つ目は自分の他の「戦華」モンスターは相手の効果の対象にならない効果。

3つ目相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手モンスターを1体破壊できる効果です。

1つ目の効果は後攻1ターン目であれば条件が満たしやすく、いきなり攻撃力2500のモンスターを特殊召喚することが出来ます。

2つ目の効果は攻撃対象にならない「戦華」モンスターが更に場持ちが良くなるので、デュエルを有利に進めていくことが出来ます。

例えばですが、このカードに「安全地帯」を付けることでこのカードを守りつつ、他の攻撃対象にならない「戦華」モンスターに効果の対象にならない効果を付与することで、守りを固めることが出来るので強力です。

また「安全地帯」であれば、相手のモンスターに「安全地帯」を貼り付けて、戦華の妙-魯敬」の効果のコストにすることで、貼り付けたモンスターを除去することも出来るので、1石二鳥と言えます。

スポンサーリンク

戦華の雄-張徳

効果モンスター

星7/風属性/獣戦士族/攻2700/守900

このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに「戦華」モンスターが2対以上存在する場合に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードの攻撃力は自分ターンの間、相手フィールドのモンスターの数×300アップする。

(3):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。

このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

上級「戦華」モンスターの1体で、1つ目の効果は「戦華の徳-劉玄」の2の効果を使えば、「戦華」モンスターが2体揃うので、このカードの特殊召喚条件を満たすことが出来ます。

2つ目と3つ目の効果は相手のモンスターが多いほど、このカードの攻撃力が上がり、2回バトルフェイズを行うことが出来る効果です。

相手のモンスターが多い時に力を発揮する「戦華」モンスターといったところでしょう。

戦華史略-三顧礼迎

永続魔法

このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに、自分が「戦華」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターとはカード名が異なる「戦華」モンスター1体をデッキから手札に加える。

(2):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。

手札から「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

発動の2回目のスタンバイフェイズには墓地にいってしまう永続魔法で、1つ目効果は自分メインフェイズに、自分が「戦華」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合、そのモンスターと異なる「戦華」モンスターをデッキからサーチ出来る効果。

2つ目はこのカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動でき、手札から「戦華」モンスター1体を特殊召喚する効果です。

1つ目の効果は実質1回のみ発動できるサーチ効果ですが、2つ目の効果がこのカードの効果で墓地に送られた時に発動出来るので、サーチした「戦華」モンスターをそのまま特殊召喚出来ます。

またこのカードが墓地に送られても戦華の妙-魯敬」の効果を使えば、このカードを再利用することが可能です。

戦華史略-孫劉同盟

永続魔法

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの「戦華」モンスターの属性が2種類以上の場合、属性を1つ宣言して発動できる。

宣言した属性を持つ相手フィールドの全てのモンスターはターン終了時まで効果を発動できない。

(2):相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、または自分が「戦華」モンスターの効果を発動した場合に発動できる。

自分フィールドの全ての「戦華」モンスターの攻撃力はターン終了時まで、自分フィールドの「戦華」モンスターの数×300アップする。

1つ目の効果は実質、水属性である下級「戦華」モンスターと上級「戦華」モンスターが存在する時に宣言した相手フィールドの属性を持つモンスター全ての効果を無効化出来る効果。

2つ目は、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、または自分が「戦華」モンスターの効果を発動した場合に発動でき、自分フィールドの全ての「戦華」モンスターの攻撃力はターン終了時まで攻撃力をアップさせる効果です。

1つ目の発動条件がやや厳しく、2つ目の効果も、最大で1500の攻撃力アップなので、デッキに複数枚入れるかというと、やや微妙なところ・・・・

戦華史略-長坂之雄

永続罠

このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。

(2):相手のバトルフェイズ開始時に、魔法・罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。

このターン、相手は「戦華」モンスターを攻撃対象に選択できない。

(3):相手モンスターの攻撃宣言時に、墓地のこのカードを除外して発動できる。

デッキから「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

1つ目の効果は「戦華」の戦闘する際に相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない効果。

2つ目は相手のバトルフェイズ時にフィールドのこのカードを墓地に送ることで、相手は「戦華」モンスターを攻撃対象に出来ない効果。

3つ目は相手の攻撃宣言時にこのカードを墓地から除外することで、デッキから「戦華」モンスターを特殊召喚する効果です。

2つ目の効果は墓地に送ることで、戦闘から「戦華」を守れる上に戦華の妙-魯敬」でサルベージ出来る点でも優秀な効果となっております。

しかし3つ目の効果と相性が悪いので、注意が必要です。

また3つ目の効果は相手の攻撃宣言時と発動タイミングは微妙ですが、デッキから好きな「戦華」モンスターを特殊召喚出来るので、攻撃力の高い「戦華」モンスターを立てて壁としての運用になるかと思います。

ウィッチクラフト・ジェニー

効果モンスター

星1/風属性/魔法使い族/攻 300/守 500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分・相手のメインフェイズに、

このカードをリリースし、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。

デッキから「ウィッチクラフト・ジェニー」以外の「ウィッチクラフト」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):自分の墓地からこのカードと「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を除外して発動できる。

この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。

1つ目は「ウィッチクラフト」共通効果。

2つ目は自分の墓地のこのカードと「ウィッチクラフト」魔法カードを除外することで、この効果はその魔法カードと同じになる効果です。

レベル1なのでサポートの恩恵が受けやすく、とくに準制限になった「ワンフォーワン」から特殊召喚でき、そこから「リンクリボー」をリンク召喚すれば、擬似的にこのカードを墓地に送り2つ目の効果を使うことが出来ます。

また1つ目の効果でこのカードと魔法カードが墓地に送られるので、そのまま2つ目の効果に繋いでいくのも良いでしょう。

またこのカードで永続魔法はコピー出来ない点は注意が必要です。

スポンサーリンク

雙極の破械神

効果モンスター

星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守1500

自分は「雙極の破械神」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

(3):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

1つ目の効果は「破械」の自身を破壊する効果で特殊召喚が容易であり、2つ目の効果はこのカードが特殊召喚に成功した場合、手札を1枚をコストに、フィールドのカード1枚を選んで破壊出来ます。

3つ目はこのカードが破壊されてもエンドフェイズ時に特殊召喚でき、そのまま2つ目の効果を発動することが可能です。

「破械」デッキと相性が良いのはもちろん、効果自体が汎用性が非常に高く、レベル8・悪魔族なので「ダーク・オカルティズム」のサーチにも対応しているで、このカードを出張させる際はセットで入れて見ても良いかと思います!

メガリス・オフェエル 

儀式・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1600/守2500
「メガリス」カードにより降臨。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「メガリス・オフィエル」以外の「メガリス」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

イグニッション・アサルトで新規登場した岩石族・儀式テーマで、儀式魔法カードが無くても、モンスター効果で儀式召喚出来るテーマです。

1つ目の効果は、このカードが儀式召喚した時にこのカードと同名以外の「メガリス」モンスターをサーチ出来ます。

2つ目の効果は下級「メガリス」モンスター共通効果で、フィールドからこのカードを含む自分の手札、フィールドからモンスターをリリースすることで、手札から儀式召喚を行うことが出来ます。

2つ目の効果は、他の儀式テーマと組み合わせることが出来るので、主張性が高いです。

メガリス・ハギト

儀式・効果モンスター

星4/地属性/岩石族/攻1300/守2600

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「メガリス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

(2):自分メインフェイズに発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

1つ目の効果はこのカードの儀式召喚に成功した時に、デッキから「メガリス」魔法・罠をサーチする効果。

2つ目は下級「メガリス」モンスター共通効果となります。

こちらは「メガリス」魔法・罠カードのサーチに対応しており、「メガリス・オルフェル」の効果でこのカードをサーチすることで、「メガリス・オルフェル」をリリースし、このカードに繋げる動きも面白いです。

メガリス・オク

儀式・効果モンスター

星4/地属性/岩石族/攻1000/守2700

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 その後、手札を1枚選んで捨てる。

(2):自分・相手のメインフェイズに発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

こちらの効果はドローに対応した効果になっており、手札で使わないカードや墓地に送ることでアドになるカードと相性が良さそうです。

上記の2体と使い分けて、使うと良いでしょう。

メガリス・ファレグ

儀式・効果モンスター

星8/地属性/岩石族/攻2500/守1200

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、 自分の墓地の儀式モンスターの数×300アップする。

1つ目の効果は、このカードを捨てることで「メガリス」モンスターの儀式の役割をする効果。

2つ目は自分のモンスターの攻撃力と守備力は墓地の儀式モンスターの数×300攻撃力が上がる効果です。

2つ目の効果は「名推理」「モンスターゲート」を使うことで、大量に儀式モンスターを墓地に落とすことで、自分のモンスターの攻撃力と守備力の底上げを狙うことが出来ます。

スポンサーリンク

メガリス・ベトール

儀式・効果モンスター 星8

/地属性/岩石族/攻1500/守2600

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

(2):このカードが儀式召喚に成功した場合、 自分の墓地の儀式モンスターの種類の数まで相手フィールドのカードを対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

1つ目の効果は「メガリス・ファレス」と同じ効果。

2つ目の効果はこのカードの儀式召喚に成功した時に自分の墓地の儀式モンスターの種類まで、相手フィールドのカードを破壊することが出来ます。

「名推理」などで大量に墓地に送るのも良いですが、「メガリス」モンスターの儀式召喚にはターン制限が無いので「メガリス」儀式モンスターをハシゴして行くことで、墓地に儀式モンスターを貯めることが可能です。

メガリス・アラトロン

儀式・効果モンスター

星8/地属性/岩石族/攻2000/守3000

「メガリス」カードにより降臨。 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分・相手のメインフェイズに、このカードを手札から捨てて発動できる。 レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。 自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、 その発動を無効にし破壊する。

1つ目の効果は他2体の「メガリス」上級モンスターと違い、相手のメインフェイズにも対応しております。

2つ目の効果効果は自分フィールドのカードを対象とする相手の効果が発動した時に発動でき、自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、 その発動を無効にし破壊出来る効果です。

1つ目の効果は出来れば、相手のターンに儀式召喚を行いたい効果で、「メガリス・ベトール」を儀式召喚出来れば、相手の動きを妨害することが出来ます。

2つ目の効果は、このカードを儀式召喚する時点で、少なからず1体は「メガリス」儀式モンスターが落ちているはずなので、効果のコストには困らない上に、ある程度、こちらのカードを守ることが可能です。

守備力も3000と高く、このカードを突破するのは中々難しいでしょう。

スポンサーリンク

メガリス・ポータル

フィールド魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):儀式召喚したモンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

(2):「メガリス」モンスターが特殊召喚された場合、 自分の墓地の儀式モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

1つ目の効果は儀式モンスターは1ターンに1度だけ戦闘で破壊されなくなる耐性付与効果。

2つ目は「メガリス」モンスターが特殊召喚された時に、自分の墓地の儀式モンスターをサルベージする効果です。

1つ目の効果は守備力が高い「メガリス」モンスターには嬉しい効果で、特に「メガリス・アラトロン」と組み合わせれば、中々面倒な盤面を作ることも出来ます。

2つ目の効果は墓地に「メガリス」モンスターが溜まりやすいので、このカードで回収することで、長期戦でも戦える嬉しい効果となっております。

デッキを組む際はこのカードを3枚入れても良いかと個人的には感じる1枚です。

メガリス・エマージョン

永続罠

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の墓地の「メガリス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、 フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

「メガリス」「戦線復帰」でこのカードの利点は「メガリス・ハギト」でサーチ出来る点です。

「メガリス」は特性上墓地に「メガリス」モンスターが溜まりやすいので、使う盤面は比較的多いカードかと思います。

メガリス・プロモーション

永続罠

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで元々のレベルの倍にする。

レベル4以下のモンスターのレベルをターン終了時まで倍に出来る効果で、儀式テーマだけでなく、エクシーズやシンクロを使うテーマなど汎用性の高いカードです。

また、レベルの数で強化出来る「F.A」「フォーチュン・レディ」とも相性が良いです。

ライトニング・ストーム

自分フィールドに表側表示ののモンスターがいない条件で相手の攻撃表示のモンスターをすべて破壊するか、相手の魔法・罠カード全てを破壊するかを選べます。

条件付きなものの、どちらも一発逆転の効果を持っており、「サンダーボルト」「ハーピィの羽根帚」内臓カードです。

「サンダーボルト」で足りないのであれば、「ブラック・ホール」の方がやや使いやすい印象になって来ます。

どちらかというと第2の「ハーピィの羽根帚」としての採用という印象です。

しかし、弱いわけが無いですね「笑」

相視相殺

通常罠

(1):このターン、お互いのプレイヤーは手札を公開し続ける。

この効果で手札を公開し続けている間、

お互いの手札に同名カードが存在する場合、

お互いにそのカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

発動したターンお互いは手札を公開し続け、公開している間お互いは、お互いの手札にある同名カードと同名カードの効果を使うことが出来なくなります。

基本的にはミラーマッチ向きのカードで、同じ環境テーマに対してメタを張るのが主な使い方になるでしょう。

また地味に「未界域」のメタにもなっているところにも注目です。

逢華妖麗譚-魔妖語

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分・相手のメインフェイズに、 自分フィールドのアンデット族Sモンスター1体を対象として発動できる。

自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、 対象のモンスターと同じ属性のアンデット族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

効果は「不知火」「魔妖」などのアンデットシンクロテーマを意識しており、この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に除外される効果を持ちます。

特殊召喚したモンスターについては基本的に各種素材にしてしまうか「不知火」であれば除外された時の効果を使えるので、デメリットを効果に変えてしまう動きが良いでしょう。

ただしこのカードを使うと自分はアンデット族しか特殊召喚出来なくなるので、その点は注意が必要です。

ゴーストリックの妖精

効果モンスター 星2/闇属性/魔法使い族/攻 900/守1000

自分フィールドに「ゴーストリック」モンスターが存在する場合のみ、 このカードは表側表示で召喚できる。

(1):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

(2):このカードがリバースした時、 自分の墓地の「ゴーストリック」カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを自分フィールドにセットする。 そのカードはフィールドから離れた場合に除外される。 その後、自分フィールドにセットされているカードの数まで 相手フィールドの表側表示モンスターを選んで裏側守備表示にできる。

「ゴーストリック」がいる時のみ表側で召喚できる効果を持ち、1つ目の効果が自身で裏側表示になれる効果。

2つ目がリバース時効果で自分の墓地の「ゴーストリック」を1体セットでき、その後セットされているカードの数相手モンスターを裏側にすることが出来ます。

2つ目の効果は現環境であるリンクモンスターには厳しいものの、これを機に新規カードが増えてくれると嬉しいと感じます。

閃刀姫ーロゼ

2体目のメイン「閃刀姫」モンスターで1つ目の効果がこのカードと同名モンスター以外の「閃刀姫」モンスターが召喚・特殊召喚された場合にこのカードを手札から特殊召喚出来る効果

2つ目が相手のエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが戦闘で破壊された時か自分のカード効果で離れた時に自己蘇生と相手のモンスターの効果を無効化できる効果を持ちます。

1つ目の効果は、「閃刀姫」リンクモンスターを特殊召喚して、汎用リンクモンスターに繋げていく動きが良いでしょう。

特殊召喚後にこのカードを残しておいても「閃刀姫」モンスターの効果の邪魔になってしまいます。

また2つ目の効果は除去した後にこのカードを展開しつつ、相手のモンスター効果を無効に出来るので、出来るだけ相手ターンに使い、相手の妨害に使いたいところです。

採用枚数が悩ましいところではあるものの、強力な新規モンスターであることは変わりないので1枚は入れておきたいモンスターではないかと思います。

機巧蹄-天迦久御雷

機巧蹄-天迦久御雷星9  炎属性
機械族 ATK/2750 DEF/2750
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXモンスターゾーンにモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:EXモンスターゾーンの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
③:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このカードに装備された自分のモンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。

特殊召喚自体は簡単なモンスターでありながら、相手のエクストラモンスターを除去せずに装備できる点で非常に汎用性が高いです。

また3つ目の効果はこのカードの攻撃力自体が高いので、3つ目の効果の条件を満たすのも比較的に容易であります。

レベル9なので「ジェネレイド」と相性が良いのも魅力です。

今後色々なデッキのサイドデッキとして重宝することでしょう。

10月11日判明分

クロノダイバー・タイムレコーダー

効果モンスター

星4/闇属性/機械族/攻1000/守1000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:相手バトルフェイズにこのカードをリリースして発動できる。このターンに1度だけ、相手モンスターの攻撃で発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。

②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの表側表示のXモンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

1つ目の効果がこのカードをリリースすることで戦闘ダメージを代わりに相手に受けさせる効果。

2つ目がフィールドのエクシーズモンスターが効果で離れた時に墓地のこのカードを特殊召喚出来る効果です。

1つ目の効果は、相手依存になる上に、このカードを残しておく必要があるので使いにくい効果となるので、ほぼオマケ程度の認識で良いでしょう。

2つ目の効果がメインとなり、「クロノダイバー・リダン」の効果を使えば、このカードを特殊召喚でき、空いたエクストラモンスターゾーンを使い、再びエクシーズ召喚などを行うことが出来ます。

闇属性なので、墓地に落とす手段は比較的に多い点も魅力です。

トランシゲーター

チューナー・効果モンスター

星3/地属性/昆虫族/攻800/守1000

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドに「ヌケガラトークン」(昆虫族・地・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したトークンがモンスターゾーンに存在する限り、自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

特殊召喚成功時にトークンを生成出来るモンスターですが、トークンが存在する限り、自分は昆虫族しかエクストラデッキから特殊召喚することが出来なくなります。

昆虫族テーマでの運用であれば、デメリットはそこまで痛手にはならない上に、昆虫族は特殊召喚方法も多いので、優秀なモンスターです。

クロシープ

リンク・効果モンスター

リンク2/地属性/獣族/攻700

【リンク2:左下/右下】

カード名が異なるモンスター2体

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適用する。このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適用する。

  • 儀式:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。
  • 融合:自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
  • S:自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700アップする。
  • X:相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700ダウンする。

召喚条件はカード名が異なるモンスター2体であり、リンク先に召喚されたモンスターの種類によって効果が変わります。

基本的にはどれも使いやすい効果なので、リンク以外の召喚方法を使うテーマであれば、汎用リンク2モンスターとして優秀です。

グラビティ・コントローラー

リンク・効果モンスター

リンク1/闇属性/サイキック族/攻1000

【リンク1:左下】

リンクモンスター以外のEXモンスターゾーンのモンスター1体

このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。

①:EXモンスターゾーンのこのカードは、メインモンスターゾーンのモンスターとの戦闘では破壊されない。

②:このカードがEXモンスターゾーンの相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターとこのカードを持ち主のデッキに戻す。

召喚条件はリンクモンスター以外のエクストラモンスターゾーンのモンスター1体でリンク召喚ターンにリンク召喚出来ない効果があり、効果が2つあります。

1つ目がメインモンスターゾーンのモンスターとの戦闘で破壊されない効果。

2つ目がエクストラモンスターゾーンのモンスターと戦闘する時にそのモンスターとこのモンスターをデッキに戻す効果です。

召喚条件にやや手間はかかるものの、相手のエクストラゾーンのモンスターをデッキに戻せる点は優秀であり、「簡易融合」などを使えば、簡単にこのカードをリンク召喚することが出来ます。

個人的に面白いカードだと思う1枚です。

ジャック・ア・ボーラン

効果モンスター

星7/炎属性/アンデット族/攻1500/守2200

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:手札からアンデット族モンスター1体を捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:相手メインフェイズに、自分または相手の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。その後、表側表示のこのカードをエンドフェイズまで除外する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

1つ目の効果が手札からアンデット族を捨てることで、特殊召喚できる効果。

2つ目が相手メインフェイズ時に自分、相手のアンデット族を特殊召喚し、このカードをエンドフェイズまで除外する効果です。

アンデット族デッキであれば、十分に使いやすいモンスターである上に「アンデット・ワールド」を使えば、相手のモンスターも特殊召喚することが出来ます。

複数枚デッキに入れても、強力なカードです。

スポンサーリンク

イビルセラ・ルテア

効果モンスター

星4/地属性/植物族/攻1800/守100

①:自分フィールドに他のモンスターが存在する限り、このカードは戦闘では破壊されない。

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードは効果の対象にならない。

トークンを生成するかつ、フィールド魔法である「ブラック・ガーデン」と相性が良く、実質「ブラック・ガーデン」強化なのではないかと思う1枚。

「ブラック・ガーデン」に限らず、トークンを生成するフィールドに残る魔法・罠カードと相性が良いモンスターです。

楽天禍カルクラグラ

効果モンスター

星8/地属性/天使族/攻2600/守200

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドの表側表示の地属性モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。その後、デッキからモンスター1体を墓地へ送る事ができる。

自分の地属性が破壊された時に特殊召喚でき、その後好きなモンスターを1枚墓地に送ることが出来ます。

相手依存ではあるものの、好きなモンスターを墓地に送れる効果は、汎用性が高く、地属性メインのデッキであれば、1枚入れておくといざという時に「おろかな埋葬」効果が発動出来る上に攻撃力も低くはないので、便利なモンスターです。

スポンサーリンク

達磨落師

効果モンスター

星4/地属性/戦士族/攻700/守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。この効果は相手ターンでも発動できる。

②:自分フィールドのXモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、取り除くX素材1つの代わりに墓地のこのカードを除外できる。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

1つ目の効果は自分フィールドのエクシーズ素材を1つ取り除くことで相手のモンスターの攻撃力を0に出来る効果。(相手ターンでも発動可能)

2つ目が墓地のこのカードを除外することで、エクシーズ素材の代わりになる効果です。

戦士族なので「増援」でサーチでき、エクシーズ主体のテーマであれば、このカードがフィールドにいるだけで、攻撃を牽制することが出来ます。

「SNo.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング」と組み合わせることで、確実に5000のダメージを相手に与える事が可能です。(相手に攻撃表示のモンスターがいる場合)

また2つ目の効果もエクシーズ素材の代わりになれるので、直接墓地に送るのも良いでしょう。

ただし墓地に送ったターンは効果が使えないので、そこは注意が必要です。

使い捨て学習装置

装備魔法

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:装備モンスターの攻撃力は自分の墓地のモンスターの数×200アップする。

②:このカードがフィールドから墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動する。このカードを自分フィールドにセットする。この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

装備モンスターは墓地のモンスターの数×200アップし、フィールドから墓地に送られたターンのエンドフェイズ時に墓地からセット出来る装備魔法となります。

「隣の芝刈り」「名推理」などで大量にモンスターを墓地に送ることが出来れば、とんでもない数まで攻撃力を上げることも可能です。

脳筋コンボには打って付けとなっております(笑)

チューンナイト

ユニオン・効果モンスター

星1/炎属性/戦士族/攻500/守500

①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターン、このカードをチューナーとして扱う。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は1回しかEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

②:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

・自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象とし、このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

・装備されているこのカードを特殊召喚する。

1つ目の効果が特殊召喚時にこのカードはチューナーとして扱い、エクストラデッキから1回しか特殊召喚出来なくなる効果。

2つ目がユニオン共通効果となっております。

レベル1モンスターなので、「ワンフォーワン」などを使えば、1の効果の条件を満たせますが、自身のユニオン効果でも条件を満たすことが可能です。

レベル1・戦士族モンスターなので、様々なサポートカードを共有しやすい上に、効果自体も面白いので、使い方によってはコンボ性のあるカードといえます。

執愛のウヴァループ

チューナー・効果モンスター

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが手札に存在する場合、自分のフィールド・墓地のSモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、このカードを特殊召喚する。

②このカードが墓地に存在する場合、自分のフィールド・墓地のSモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、このカードを手札に加える。

1つ目の効果がこのカードが手札にある時に自分のフィールド・墓地からこのカードを除外することでこのカードを特殊召喚出来る効果。

2つ目が墓地にこのカードが存在する時にフィールド・墓地のシンクロモンスターを除外することでこのカードをサルベージ出来る効果です。

効果は「不知火」と相性が良く、レベル4モンスターなので、「不知火」シンクロモンスターを除外しつつ、このカードとレベル4モンスターで「PSY フレームロードΩ」をシンクロ召喚すれば、制圧と除外したシンクロモンスターを墓地に戻すことが出来ます。

特殊召喚しやすいレベル4モンスターなので、用途は広そうです。

ヘッドジャッジング

永続罠

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分または相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。発動したそのプレイヤーはコイントスを1回行い、裏表を当てる。当たった場合、このカードは墓地へ送られる。ハズレの場合、その発動を無効にし、そのモンスターのコントロールをそのプレイヤーから見て相手に移す。

相手がモンスター主体のデッキであれば、運用要素は絡んでくるものの、相手のモンスターの効果を無効にしつつ、コントロールを奪うことが出来ます。

「セカンドチャンス」を使えば、こちらが有利になったり、「エンタメ・デュエル」を使えば、条件を満たしやすいので2ドローが狙いやすいカードです。

幻魔の肖像

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの同名モンスター1体を自分のデッキ・EXデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はデッキ・EXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

同じテーマデッキ同士のミラーマッチや汎用カード対策カードとなります。

どちらかといえばサイドデッキ向けのカードです。

閃刀術式-シザーズクロス

通常魔法

①:自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、自分の墓地のレベル4の「閃刀姫」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、手札に加えず特殊召喚する事もできる。

新規「閃刀姫」魔法カードで、効果は「閃刀姫」モンスターのサルベージです。

墓地に3枚以上魔法カードが存在する場合はサルベージではなく、特殊召喚する事が出来ます。

比較的使いやすい魔法カードなので、複数枚デッキに入れても問題ないカードです。

脆刃の剣

装備魔法

①:「諸刃の剣」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

②:装備モンスターの攻撃力は2000アップし、装備モンスターの戦闘で発生する戦闘ダメージはお互いのプレイヤーが受ける。

③:自分が2000以上の戦闘ダメージを受けた場合に発動する。このカードを墓地へ送る。

攻撃力2000アップの装備魔法と上昇値が高いものの、ノーリスクで攻撃力をあげるのであれば、「団結の力」や「魔導士の力」の方が上昇値は高いです。

もしこのカードを使うのであれば、自身がダメージを受ける事に意義を見出せる事に焦点をおく事になるかと思います。

バトル・サバイバー

効果モンスター

星4/地属性/戦士族/攻1600/守800

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。

このバトルフェイズ中、このモンスターが表側表示で存在する間に自分の墓地へ送られたカードの中から、「バトル・サバイバー」以外のカード1枚を自分の墓地から選んで手札に加える。

魔法・罠カードを回収出来るので、「パーミッション」デッキにこのカードを入れて攻撃反応型の罠カードを毎回回収といった動きをするデッキなど面白そうと感じる1枚です。

テイ・キューピット

効果モンスター

星2/光属性/天使族/攻1000/守600

このカード名の②の効果は1ターンに1度しかできない。

①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、このカードのレベル以下のレベルを持つモンスター以外の全てのモンスターが発動した効果を受けない。

②:自分の墓地のカードを3枚まで除外して発動できる。ターン終了時まで、このカードのレベルを、除外した数だけ上げる。

2つ目の効果はレベルを調整するのに役に立つ効果です。

1つ目の効果はほぼオマケ程度の認識で良いかも知れません。

収録カードのレアリティ

10000シークレットレア

・「万物創世龍」

ホログラフィックレア

・「ライトドラゴン@イグニスター」

ウルトラレア

・「ライトドラゴン@イグニスター」

・「ダークナイト@イグニスター」

・「戦華の徳-劉玄」

・「機巧蹄-天迦久御雷」

・「メガリス・アラトロン」

・「カラクリ大権現 無零武」

スーパーレア

・「閃刀姫−ロゼ」

・「ウィンドペガサス@イグニスター」

・「ジャック・ア・ボーラン」

・「キャッチ・コピー」

・「崔嵬の地霊使いアウス」

・「メガリス・オフィエル」

・「戦華の仲-孫謀」

・「九字切りの呪符」

・「ライトニング・ストーム」

まとめ

2019年10月12日発売のイグニッション・アサルトは新レアリティーの実装や「@イグニスター」の登場など、非常に面白いパックになることが予想されます。

今後情報が更新され次第、追記していきます。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX


【アジア版】遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする