遊戯王2020年7月の禁止制限(リミットレギュレーション)を予想!大会はほとんど無かったがどうなる?

遊戯王では定期的に行われている規制改定、リミットレギュレーションの変更が7月にも施行されます。

例年通りであれば施行される前の月である6月の中旬には新リミットレギュレーションの内容が公開されるかと思います。

そこで今回は新リミットレギュレーションについて予想していきたいと思います。

大会はほとんどなかったが6月の環境はどんな感じだったか?考えてみた!!

知っている人も多いかと思いますが、新型コロナウイルスの影響によって前回のリミットレギュレーションが施行された4月からほとんどの大会が行われませんでした。

そのため20204月のリミットレギュレーション環境で開催された大会の記録がかなり少なく、リモートデュエル等のオンラインを利用したデュエルもありましたが、これまでのように大会の結果から大会環境を把握するということが難しくなっております。

以上のことから、6月環境の振り返りは少ないデータからの推測になるため断言はできない点は予めご了承ください。

6月の環境ですが、環境上位や中堅で活躍しているテーマデッキのラインナップに特筆すべき変化は無かったかと思われます。

「オルフェゴール」「閃刀姫」「サンダー・ドラゴン」「エルドリッチ」「サラマングレイト」等が強力なデッキとして活躍しているように感じます。

規制改定と大会環境は密接に繋がっており、環境上位デッキの弱体化が目的でカードに規制がかかることも多いです。

その大会がほとんど行われなかったことから7月の規制改訂は無い可能性もあるのですが、あくまで規制改定があると仮定した場合の予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年7月の禁止制限になりそうなカードを予想!!

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」禁止カード化

超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ

20204月のリミットレギュレーションによって制限カードに規制されて複数体の展開は出来なくなりましたが、「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」「真紅眼融合」を使うことによって容易に出せることと圧倒的なまでのカードパワーは依然変わっておりません。

前述した環境デッキではこのカードを出すためのギミックを採用しているものも珍しくないです。

登場してから時間が経っていなかったという理由で制限カードに規制されたと思われるこのカードですが、大会環境の動きを偏らせかねないこのカードは禁止カードになるのではないかと思われます。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」との組み合わせだけでなく融合召喚そのものに小さくない影響を与えている「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の禁止カード化も十分考えられるのですが、大会環境への影響という点だけで考えるなら手始めとして禁止カードになるのは「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」のどちらかだけかもしれません。

「リンクロス」禁止カード化

リンクロス

こちらも前回の20204月のリミットレギュレーションで制限カードに規制されたカードです。

生成したトークンはコスト・リリース・融合素材・シンクロ素材に使用するのが主であり、様々な展開へと繋げることが出来ます。

問題は「水晶機巧-ハリファイバー」との相性が抜群に良いことです。

「水晶機巧-ハリファイバー」でチューナーをリクルートした後、「水晶機巧-ハリファイバー」を素材に「リンクロス」をリンク召喚することでトークン2体とチューナーを使ってシンクロ召喚を使った更なる展開が狙えます。

アドバンテージ獲得能力の高さもそうですが、これまで以上にソリティア化が加速するコンボであるため「リンクロス」は禁止カードになるのではないかと思われます。

当然「水晶機巧-ハリファイバー」の方を禁止カードにしても抑制できるのですが、「水晶機巧-ハリファイバー」はどれだけ危惧されようと禁止カードにはなっていないですし「リンクロス」が禁止カードになればソリティア化もこれまでの状態に戻ると考えれば「リンクロス」禁止カード化の方が現実的な気もします。

このカードの禁止カード化についての考察はコチラ!!

昨今「リンクロス」が次の規制改定、2020年7月に適用されるリミットレギュレーションで禁止カードになるのではないかと噂されています。...

スポンサーリンク

SNo.0 ホープ・ゼアル」禁止カード化

SNo.0 ホープ・ゼアル

現在のリミットレギュレーションでは無制限カードであるこのカードをいきなりの禁止カード化と予想したのは、コレクションパック2020にて新たに登場する「ヌメロン」カードの存在です。

簡潔に言うと新規「ヌメロン」カードを使えば「ヌメロン・ネットワーク」1枚からランク1のエクシーズモンスターである「ゲート・オブ・ヌメロン」モンスター4体までフィールドに出すことが出来ます。

加えて「ヌメロン・ネットワーク」はフィールド魔法ですので、専用サポートカードである「ヌメロン・ウォール」やそれをリクルートできる「ワン・フォー・ワン」、汎用フィールド魔法サーチ手段である「テラ・フォーミング」「惑星探査車」も含めれば初手に引き込みやすくすることもそう難しくありません。

手札消費1枚でSNo.0 ホープ・ゼアル」を出すことが出来る点は強力で、先攻1ターン目で出せば次の相手ターンの効果発動を封じられます。

とはいえこのギミックを使うにはどうしてもエクストラデッキが圧迫されることもあるので、今回は規制は止めて実際どれくらい使われるか様子を見てから判断する可能性も十分あります。

「希望の記憶」制限カード化

希望の記憶

同じく「ヌメロン」カードの登場によって規制されるのではないかと予想します。

前述した「ヌメロン・ネットワーク」と併せれば驚異の4枚ドローが可能になるため、ドロー効果に対して厳しい規制をかけてきたこれまでのことを考えれば十分あり得るかと思います。

「ヌメロン・ネットワーク」と組み合わせた4枚ドローは非常に強力ではありますが、このカードをサーチする手段が少ない上に「ヌメロン・ネットワーク」がないと事故要因になり得ることを踏まえると制限カード化でも抑制出来そうです。

「宵星の騎士ギルス」準制限カード化

宵星の騎士ギルス

「オルフェゴール」デッキにとっては展開コンボの起点や切り返し等の様々な状況で役に立つ非常に優秀な潤滑剤となるモンスターです。

「オルフェゴール・ディヴェル」「オルフェゴール・ガラテア」が制限カードに規制されてもなお環境上位として戦えている故に弱体化を目的として「宵星の騎士ギルス」を規制するのではないかと思われます。

「オルフェゴール・ディヴェル」「オルフェゴール・ガラテア」がそうであったように、こちらもいったん軽めの規制である準制限カード化をすることで様子を見るのではないかと予想します。

遊戯王2020年7月の禁止制限(リミットレギュレーション)を予想まとめ!

2020年4月以降、コロナウイルスの関係で大会はほとんど開かれておらず、新商品の発売も延期になるなど、遊戯王の環境面においては依然として大きな変化は見られないというのが実情であります。

今回規制の入るカードを一覧で紹介しましたが、大会がほとんど行われていなかった故に、「今回の改定はなし」という流れも数%ではありますが、その可能性もあるかも知れません。

いずれにせよ、この事態が一刻も早く落ち着くことを願うばかりです。

コチラでは2020年7月の改訂で緩和されそうなカードを予想しております!

遊戯王では定期的に規制改定が行われており、例年通りであればリミットレギュレーションの変更が7月にも施行されます。 その内容は施...