新規カード「ホップイヤー・飛行隊」の詳細が判明!効果の考察や相性の良いカードを考案し、性能を評価!




2019713日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに収録される「ホップイヤー・飛行隊」というカードの情報が公開されました。

そこで今回は「ホップイヤー・飛行隊」について紹介していきます。

手札誘発で相手ターンにシンクロ!?「ホップイヤー・飛行隊」の考察と考案!

レベル2の風属性・獣族チューナーであり、攻撃力は300守備力は600です。

相手メインフェイズに自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動でき、このカードを手札から特殊召喚してそのモンスターとこのカードのみを素材としてシンクロ召喚するという効果を持ちます。

ステータスは低いですが、効果のことも考えるとこのカードをちょうどいいタイミングでサーチするカードはあまり多くありません。

むしろリクルートの方がしやすいのですが、それでは効果を活かせないため扱いには気を付けましょう。

相手メインフェイズ中に自分フィールドのモンスター1体と手札から特殊召喚した自身でシンクロ召喚する効果であり、相手ターン中にシンクロ召喚を手札誘発で出来るという他にはない奇襲性が高い独自の効果になります。

レベルも2と低いためシンクロ素材として使いやすく、一度利用した後の再利用もそう難しくありません。

せっかく相手ターン中にシンクロ召喚できるので、出来れば相手ターン中に効果を発動できるシンクロモンスターに繋げたい所です。

ブラック・ローズ・ドラゴン

代表的な物としては「ブラック・ローズ・ドラゴン」であり、自分フィールドにレベル5のモンスターがいる必要はあるものの、奇襲で一掃効果を使えるのはシンプルに強力です。

月華竜 ブラック・ローズ

他にも「スターダスト・チャージ・ウォリアー」「月華竜 ブラック・ローズ」など、フリーチェーンで発動できる効果を持っていなくともシンクロ召喚時や特殊召喚時に効果を発動できるシンクロモンスターを出しても効果を使えます。

「灰流うらら」「エフェクト・ヴェーラー」で効果を無効にされた結果棒立ちになってしまったモンスターを相手ターン中にシンクロモンスターに繋げることも出来るため用途は多いです。

あくまでも「ホップイヤー・飛行隊」と自分フィールドのモンスター1体でシンクロ召喚sるう効果であるため、素材を3体以上要求するシンクロモンスターをシンクロ召喚することは出来ない点に気を付けましょう。

スポンサーリンク

「ホップイヤー・飛行隊」と相性の良いカードは?

「デスマニア・デビル」

デスマニア・デビル

戦闘で相手モンスターを破壊したときにデッキからレベル4以下の獣族モンスターをサーチできる効果を持つ下級モンスターです。

このカードの攻撃力が1700ですので、効果を確実に使いたいのであれば「月鏡の盾」等の戦闘補助カードの併用が望ましいです。

獣族モンスターのサーチ効果を持つモンスターの中には「キーマウス」もいますが、あちらは自身の戦闘破壊時なので「ホップイヤー・飛行隊」をサーチして使うにはタイミングが遅いです。

こちらは効果を使えれば少なくともこのカードと「ホップイヤー・飛行隊」でシンクロ召喚が狙えるので、このカードのレベルが4なのでシンクロ召喚先はレベル6になりますがシンクロ召喚時にバウンス効果を持つ「獣神ヴァルカン」等が候補として有力です。

「クロノグラフ・マジシャン」

クロノグラフ・マジシャン

自分フィールドのカードが戦闘・効果破壊された場合に手札から特殊召喚できる上級モンスターです。

その効果により相手ターン中に手札から特殊召喚することも可能であり、特殊召喚したこのカードと「ホップイヤー・飛行隊」でレベル8シンクロを狙いに行くことが出来ます。

このカードが闇属性ペンデュラムモンスターであるため、シンクロ召喚時に相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する効果を持つ「覇王眷竜 クリアウィング」のシンクロ召喚が狙えるのは大きな強みになります。

「水晶機巧-ハリファイバー」&「幻影王 ハイドライド」

幻影王 ハイド・ライド

リンク召喚時にレベル3以下のチューナーをリクルートする効果と相手ターン中に自身を除外することでシンクロチューナー1体をエクストラデッキから特殊召喚できる「水晶機巧-ハリファイバー」、レベル3チューナーでありながらもシンクロ素材とする場合チューナー以外としても扱える「幻影王 ハイドライド」の組み合わせです。

自分のターンに「水晶機巧-ハリファイバー」をリンク召喚してその効果により「幻影王 ハイドライド」をリクルートしてターンを終わります。

そして相手ターン中に「水晶機巧-ハリファイバー」の効果で相手ターン中にシンクロ召喚ができるシンクロチューナーを特殊召喚し、「幻影王 ハイドライド」とシンクロ召喚してから「ホップイヤー・飛行隊」を使うことで様々なシンクロモンスターに繋げられます。

シンクロチューナーとしては「シューティングライザー・ドラゴン」が相性が良く、素材にシンクロモンスターの指定がある「えん魔竜レッド・デーモンズ・アビス」「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」のシンクロ召喚も無理なく出来ます。

「スターライト・ジャンクション」

スターライト・ジャンクション

相手ターン中にエクストラデッキからシンクロモンスターを特殊召喚した場合フィールドのカード1枚をデッキバウンス出来るフィールド魔法カードです。

「ホップイヤー・飛行隊」の効果が相手ターンにシンクロ召喚する効果であるため相性が良く、他にも「水晶機巧」チューナーを採用しているのであればこのカードのデッキバウンス効果を使う機会は少なくありません。

「ホップイヤー・飛行隊」の評価は?

手札誘発でシンクロ召喚という一風変わった効果を持っており、その用途の広さを考えるとシンクロ召喚を主軸にしているデッキでは採用を検討できる良カード、という評価が出来ます。

種族や属性という点から手札に来たら使う程度の認識になるかと思いますが、相手ターンにシンクロ召喚を行うことに重点を置きたいなら複数枚採用するというのも十分ありだと思います。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする