「捕食植物ヘリアンフォリンクス」の考察と考案!「捕食植物」テーマの新規強化カード、デッキへの採用枚数や評価をします!




201968日に発売予定のデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-で「捕食植物」テーマが強化されます。

その中でも新たに情報が判明した「捕食植物ヘリアンフォリンクス」について今回は考えていきたいと思います。

「捕食植物ヘリアンフォリンクス」の考察と考案!

レベル8の闇属性・植物族で、攻撃力は1200守備力は2400です。

2つの効果を持っており、それぞれ1ターンに1度しか使用できます。

1つ目の効果は相手フィールドのモンスターに捕食カウンターが置かれている場合に発動でき、このカードを手札から特殊召喚するもの。

2つ目の効果はこのカードが相手によって破壊された場合に自身と同名カード以外の自分の墓地のドラゴン族または植物族の闇属性モンスター1体を特殊召喚します。

レベルは8と高く、メインデッキの「捕食植物」モンスターの中では一番高いです。

クリッター

レベルに対してステータスは低いので「クリッター」等のサポートカードの恩恵を受けることが出来ます。

1の効果は相手フィールドに捕食カウンターが置かれているモンスターがいる場合に自己特殊召喚ができる効果です。

「捕食植物」デッキであれば相手モンスターに捕食カウンターを置きやすいので条件を満たすこと自体は難しくありません。

捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ

しかしながら、似た自己特殊召喚効果を持つモンスターとして、相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターをリリースして特殊召喚できる「捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ」「捕食植物バンクシアオーガ」が既に存在します。

あちらは捕食カウンターが置かれたモンスターの除去も兼用しているため優秀です。

差別化できる点としては、相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの数を減らさずに自分フィールドに「捕食植物」モンスターを展開できること、自身のレベルが8であることの2つかと思います。

2の効果は相手によって破壊された場合に発動できる蘇生効果です。1の効果で特殊召喚する都合上表側表示なので、相手が何の策もなしに破壊してくるとは思えません。

相手によって破壊された、という条件には自爆特攻も含まれるため、自身の攻撃力が高くないことを活かして自爆特攻して蘇生効果に繋げるのも視野に入ります。

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

蘇生効果ですが、ドラゴン族または植物族の闇属性モンスターが対象になるため「捕食植物」デッキでは各種「捕食植物」モンスターだけでなく「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」等も候補に挙げられます。

「捕食植物ヘリアンフォリンクス」と相性の良いカードを紹介!

「捕食植物キメラフレシア」

捕食植物キメラフレシア

「捕食植物」モンスター+闇属性モンスターで融合召喚できる融合モンスターです。

その融合素材の緩さ、除去効果、戦闘での期待値の高さ、サーチ効果から「捕食植物」デッキのエースモンスターであり、「捕食植物」デッキでは一番最初にこのカードの融合召喚を狙うケースも珍しくありません。

そういった都合もあってこのカードが墓地へいる状況は比較的多いため、「捕食植物ヘリアンフォリンクス」の自爆特攻をしたときの蘇生先として有用です。

効果が無効化されないため、蘇生したこのカードで攻撃することも狙えます。

スポンサーリンク

「捕食植物トリフィオヴェルトゥム」

融合・効果モンスター 星9/闇属性/植物族/攻3000/守3000 フィールドの闇属性モンスター×3

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの攻撃力は、このカード以外のフィールドの 捕食カウンターが置かれたモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。

(2):このカードが融合召喚されている場合、 相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚する際に発動できる。 その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

(3):相手フィールドのモンスターに捕食カウンターが置かれている場合に発動できる。 このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

フィールドの闇属性モンスター3体で融合召喚できる融合モンスターです。

「捕食植物ヘリアンフォリンクス」とは同じパックに収録される「捕食植物」強化カードです。

「捕食植物ヘリアンフォリンクス」なら相手モンスターの数を減らさずに自己特殊召喚ができるため、このカードの自己強化する数値を下げずに済む上に融合素材としても使うことが出来ます。

またコチラでは「捕食植物トリフィオヴェルトゥム」についてより詳しく考案と考察を行っております!

2019年6月8日に発売予定のデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-に収録される新規カード数枚の情報が公式より発表されまし...

「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」

グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

「捕食植物」モンスター+元々のレベルが8以上の闇属性モンスターで融合召喚できる融合モンスターです。

「捕食植物ヘリアンフォリンクス」のレベルが8あるため、メインデッキの「捕食植物」モンスターのみでこのカードの融合召喚を狙えるようになりました。

フィニッシャーとして使える強力な効果と高いステータスを持っているため、このカードを融合召喚する難易度が下がったことは「捕食植物」デッキではありがたいです。

「捕食植物ヘリアンフォリンクス」の評価と採用枚数は?

正直言うと「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を出しやすくしたいがために「捕食植物ヘリアンフォリンクス」が登場したのではないかと思えるほどに適したモンスターです。

既存の「捕食植物」デッキでは「捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ」「捕食植物バンクシアオーガ」の方が除去も狙えるため使いやすいですが、「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」の融合召喚を積極的に狙いたいというのであればこのカードの採用優先度は飛躍的に上がる、というのが評価です。

評価の通り、「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」融合召喚を狙っていきたいのであれば最低でも2枚は採用しておきたいカードになるかと思います。


遊戯王OCG グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン シークレットレア SPFE-JP010-SE 遊☆戯☆王ARC-V [フュージョン・エンフォーサーズ]