墓守の霊術師、墓守の神職、ネクロバレーの玉座、ネクロバレーの神殿が新たに加わり強化された最新墓守デッキレシピ2018の紹介!




墓守の霊術師

ソウルフュージョンが発売し、前回の紹介から新たに

墓守の霊術師、墓守の神職、ネクロバレーの玉座、ネクロバレーの神殿

新たに加わり、サーチ手段が増えたり、融合を織り交ぜた戦術ができたり、墓守デッキもより、王家の眠る谷–ネクロバレーを活かしたデッキとなりました!

使われるとかなり厄介なネクロバレーをより活かした、新たな墓守デッキ2018デッキの紹介を行いたいと思います!

前回紹介した墓守デッキ2018のデッキ紹介はコチラの記事で行っております!↓

王家の眠る谷–ネクロバレーが強力で使われると厄介な墓守デッキですが、今回 融合モンスター、墓守の異能者が登場したことで融合を織...

前回より、新たに収録された墓守とネクロバレー

墓守の霊術師
墓守の霊術師

ソウルフュージョンで新たに収録された墓守の1枚でフィールドに王家の眠る谷‐ネクロバレーが存在している時に魔法使い融合モンスターを融合召喚できる能力を持っており、このカードを含む融合によって決められた融合モンスターを手札、フィールドから墓地に送ることで融合召喚することができます!

このカードの登場で、融合を入れる枠を確保せずに墓守の異能者融合召喚できるようになりました!

また魔法使いを融合召喚できるので、

消費はかなり激しくなりますが、クインテット・マジシャンを融合召喚することも可能です!

墓守の神職

墓守の神職

召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合、墓地からレベル4以下の墓守を特殊召喚できる能力を持っており、墓守特有の王家の眠る谷–ネクロバレーの効果を受けない効果を持っております!

墓地から墓守の霊術師を特殊召喚すれば即座に融合召喚ができ、他にも墓守を墓地から特殊召喚すれば、自身と即座に、リンク召喚の素材に使用することができます!

ネクロバレーの玉座

ネクロバレーの玉座

サーチ手段が乏しい墓守にとっては嬉しい新規カードで、墓守の司令官を経由することで、キーカードである、王家の眠る谷–ネクロバレーをサーチすることもできます!

もう1つの効果は墓守を召喚することもできるので、消費は増えるものの展開効果はあって困るものでもないので、非常に優秀な新規カードと言えます!

特別な理由がない限り3枚積みたいカード!

またネクロバレーカードなので同じく収録されている墓守の異能者でサーチ可能!

ネクロバレーの神殿

ネクロバレーの神殿

墓守及び王家の眠る谷–ネクロバレーが存在する時、相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力を500ダウンさせる事ができ、王家の眠る谷–ネクロバレーと合わせると自身の墓守が500アップし、相手のモンスターが500ダウンと、こちらの戦闘力を上げることができます!

また(2)の効果は、自分フィールドにカードがない場合、手札が墓地で王家の眠る谷–ネクロバレーを発動することができます!

(3)の効果は、相手の効果で破壊された場合にデッキからネクロバレーの神殿以外のネクロバレー魔法・罠カードをセットすることができます!

しかし(3)の効果は墓守の異能者の耐性効果と相性が悪い為、墓守の異能者が存在しない時に発動することになります!

次は墓守デッキレシピの紹介に移りたいと思います!

デッキレシピ

・墓守の霊術師×3(新規)

・墓守の神職×3(新規)

・墓守の司令官×3

・墓守の偵察者×3

・墓守の召喚士×3

・墓守の番兵×1

魔法

・王家の眠る谷–ネクロバレー×3

・王家の生贄×3

・ネクロバレーの玉座×3(新規)

・ネクロバレーの祭殿×2

・墓守の石版×2

・強欲で謙虚な壺×2

・月の書×1

・ハーピィの羽根帚×1

・神の宣告×2

・神の通告×2

・ネクロバレーの神殿×2(新規)

エクストラデッキ

・墓守の異能者×3

・クインテット・マジシャン×1

・No.39希望皇ホープ×1

・SNo.39希望皇ホープザライトニング×1

・鳥銃士カステル×1

・Em–トラピーズマジシャン×1

・No.66覇鍵甲虫・マスターキービートル×1

・ヴァレルロードドラゴン×1

・ファイア・ウォール・ドラゴン×1

・サモンソーサレス×1

・デコードトーカー×1

・トロイメアフェニックス×1

・見習い魔嬢×1

カード解説

墓守の偵察者

墓守の偵察者

このデッキの展開要因で、墓守の神職の登場で墓地に落ちたこのカードを再び裏側守備表示で特殊召喚することができ、ラグはあるものの再度墓守をデッキから展開するという動きが可能です!

墓守の召喚師

墓守の召喚士

フィールドから墓地に送られた時に自分のデッキから守備力1500以下の墓守をサーチすることができます!

リンク召喚やフィールドでの融合でもこの効果を適用することができ、この効果で新たに登場した、墓守の神職をサーチし、墓守の神職の効果でこのカードを釣り上げて、リンク召喚の素材にすれば再度、守備力1500以下の墓守をデッキからサーチすることができ、この効果で再び墓守の神職をサーチすれば、手札が不足を抑え、リンク召喚を行うことができます!

墓守の番兵

墓守の番兵

墓守の神職の効果で裏側で特殊召喚できるのと、墓守の偵察者で裏側で特殊召喚することができます!

リバース効果である、バウンス効果は意外に役に立つ時が多く、効果を使った後は、すぐにエクストラモンスターの素材にするといいでしょう!

墓守の異能者

墓守の異能者

墓守初の融合モンスターで融合にしたモンスターのレベル分攻撃力を上げることができ!王家の眠る谷‐ネクロバレーが存在していれば、自分フィールドゾーンのカードが効果による破壊を受けなくなります!

新規収録したネクロバレーの神殿と組み合わせることで、相手にプレッシャーを与えることができます!

ネクロバレーの神殿の(3)の効果は使えなくなりますが、その点を抜かせば非常に相性の良いカードとなっております!

クインテット・マジシャン

クインテット・マジシャン

魔法使い5体で融合召喚できる、魔法使い族融合モンスター!

魔法使い族なので墓守の霊術師で融合召喚することができます!

融合に5種類のモンスターを使うことで相手フィールドのカードを全て一掃することができ、このカードが存在する限り、リリースできず、融合素材にできず、効果では破壊されない効果を持っております!

リリースできないデメリットは、むしろメリットで、壊獣などのリリースに対抗でき、融合素材にできないデメリットもメリットで、超融合などで取られると言ったことを防ぐことができます!

攻撃力も4500と非常に高く、優秀な耐性を持っているモンスターですが、融合召喚にかなりの手間がかかる為、強力ですが、オマケ程度の手段の1つとして覚えておく程度でいいでしょう!

王家の生け贄

王家の生贄

このデッキでは、王家の眠る谷–ネクロバレーをサーチする手段が豊富で墓守を場にキープしやすいことからこのカードの発動は比較的容易な必殺技魔法カードです!

ネクロバレーの祭殿

ネクロバレーの祭殿

こちらも王家の生贄と並ぶ、墓守の切り札でネクロバレーの玉座などのサポートが増え、前回の墓守デッキより、楽になりました!

王家の眠る谷–ネクロバレーと墓守モンスターが存在する時に発動できる永続魔法で、墓守以外の特殊召喚を全て封じることができます!

破壊が弱点だった王家の眠る谷–ネクロバレーとこのカードですが、墓守の異能者が登場したことにより、このカードを守れるようになり、一層ロック性能が強化されました!

前回1枚積みの採用でしたが、条件を満たしやすくなった為今回は、採用を2枚!

神の宣告

神の宣告

墓守の異能者の弱点である、バウンスや除外と言った妨害から守ることができます!

またこのデッキでは、王家の眠る谷–ネクロバレーをいかに場に残しておくかが重要で、墓守の異能者が存在しない場合に王家の眠る谷–ネクロバレーを守る為に採用!

神の通告

神の通告

神の宣告と同じく神の〜シリーズ!

上記と同じ理由で採用!

デッキの動かし方

王家の眠る谷-ネクロバレー

このデッキは、王家の眠る谷–ネクロバレーでのロックが主体の為、基本は先行を取りたいデッキとなっております!

大まかな流れは前回の墓守デッキと動きは同じですが、今回新たな墓守ネクロバレーカードが出たことでサーチや展開力が上がり、一層安定した動きができるデッキになりました!

前回と同じく、王家の眠る谷–ネクロバレーを使いつつ、墓守の霊術師で墓守を融合素材に墓守の異能者を出し、ネクロバレー魔法・罠カードを守りながら、相手をロックしながら戦っていくデッキとなっております!

改造するなら?

ライオウ

改造するなら、前回の解説同様、ライオウを入れてみてもいいかも知れません!

またネクロバレーの玉座墓守をサーチしやすくなったのと、墓守を召喚できるようになり、必殺技の1枚であるネクロバレーの祭壇も使いやすくなったので、場合によっては3枚積みにしてみても問題ないかと思われます!

まとめ

長いこと続く既存テーマの為、同じくソウルフュージョンの目玉テーマ、サンダードラゴンオルフェゴールが目立ち、墓守の存在が若干、薄くなってしまっているな、も思いつつも、今回登場した、墓守モンスターとネクロバレーカードは全てレア以下のレアリティで手に入り、墓守自体のシングル価格も非常に安い為、組みやすいデッキとなっております!

長いこと続く強力テーマなので、皆さんも是非墓守を組んで遊んで見てください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする