「神・スライム」OCG化!!効果の考察と相性の良いカードは?気になる評価は?

2020516日に発売予定のデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編-に収録される新規カードの一部の情報が公開されました。

中でも今回は遊戯王DMの闇マリクの使用カードでありパックのパッケージを飾る新モンスターでもある「神・スライム」について考えていきます。

ついにOCG化!「神・スライム」の考察と考案!!

神・スライム

融合・効果モンスター
星10/水属性/水族/攻3000/守3000
水族モンスター+水属性・レベル10モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの攻撃力0の水族・レベル10モンスター1体を
リリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):モンスターをアドバンス召喚する場合、
このカードは3体分のリリースにできる。
(2):このカードは戦闘では破壊されず、
相手は「神・スライム」以外の自分フィールドのモンスターを、
攻撃対象に選択できず、効果の対象にもできない。
水属性・水族のレベル10の融合モンスターであり攻守は3000です。

水族モンスター+水属性・レベル10モンスターで融合召喚ができ、融合召喚だけでなく攻撃力0の水族・レベル10モンスター1体をリリースすることでエクストラデッキから特殊召喚することも出来るという召喚条件を持っています。

正規の方法で融合召喚する場合、素材を揃えるのは中々骨が折れます。

水族モンスターはともかく、レベル10の水属性モンスターは少なく要とも限られているため融合素材用として使うにも手札・フィールドに用意すること自体の難易度が高めです。

レベル10のモンスターを水属性に変えたり、水属性のモンスターをレベル10に変えるという手もありますが、素材だけでなく「融合」魔法の確保も必要であったりと消耗が激しくなるため割に合わないことが多いでしょう。

融合召喚以外でも出せる召喚条件を持っており、そちらの方が消費を少なくこのカードを出せます。

召喚条件を満たすためには攻撃力0のレベル10・水族モンスターを用意する必要があるのですが、現存するカードの中で元々のステータスで該当するのは罠モンスターとなる「メタル・リフレクト・スライム」のみです。

他の方法で攻撃力0のレベル10・水族モンスターを用意する場合、出しやすい攻撃力0のレベル10モンスターを水族に変えたり、攻撃力0の水族モンスターのレベルを10に変えたりといった例が挙げられます。

一番手っ取り早いのが「メタル・リフレクト・スライム」を使うことなのですが、永続罠カードである都合上発動までに時間がかかるため相手に除去されてしまわないかという懸念点はあります。

1つ目の効果はアドバンス召喚する場合3体分のリリースとなれるというものです。

このカード1体で3体リリースを要する「三幻神」「三邪神」をアドバンス召喚できるため、「三幻神」「三邪神」を主軸としたデッキにとってはリリース素材としても大きく貢献してくれます。

この効果を目的として「神・スライム」を出す場合、召喚権の温存は必須になるため「メタル・リフレクト・スライム」以外の方法で出す場合は気を付けなればいけません。

2つ目の効果は戦闘耐性と自身以外のモンスターを攻撃対象と効果の対象から守るというものです。

元々攻守が3000とステータスが高いことも相まって強固な盾として機能してくれます。

このカード自体は効果への耐性を持っていないため、効果による除去には弱いというのは要注意です。

スポンサーリンク

「神・スライム」と相性の良いカードを紹介!!

「リプロドクス」

モンスター2体で出せる汎用リンク2モンスターであり、リンク先のモンスターの属性・または種族を任意のものに変えられる効果を持ちます。

「メタル・リフレクト・スライム」以外を使って「神・スライム」を出したい場合に役立つモンスターになります。

このカードのリンク先に自己特殊召喚効果を持つ「究極封印神エクゾディオス」や妥協召喚をすると攻撃力が0になる「深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト」を出したり、もしくは攻撃力0「時械神」を先に出しておいて「リプロドクス」を用意するといった方法で攻撃力0のレベル10・水族モンスターを用意できます。

前述もしましたが「神・スライム」1の効果が目的なのであれば召喚権を温存しなくてはならないため、「リプロドクス」を併せても難易度は高めだと言わざるを得ないでしょう。

また召喚権を使わずにそこまで展開できるのであれば「神・スライム」を使わずとも3体分のリリースを用意出来てしまいそうというのも問題点ではあります。

「王家の神殿」

1ターンに1度罠カード1枚をセットしたターンに発動できるようになる永続魔法カードです。

このカードを発動しておくことで、「メタル・リフレクト・スライム」をセットしたターンに発動し「神・スライム」の特殊召喚に繋げることが出来ます。

「メタル・リフレクト・スライム」を即座に発動出来ればそれだけ除去される心配も減りますし、他にも強力な効果の罠カードを採用しておけば「王家の神殿」を腐らせずに有効活用できるでしょう。

「神縛りの塚」

レベル10以上のモンスターへの耐性付与と戦闘破壊をトリガーに効果ダメージを与えられる効果を付与でき、このカードが効果で破壊された場合には神属性モンスター1体をサーチできる効果を持つフィールド魔法カードです。

効果破壊耐性と対象耐性を付与できるため、相手ターン中に発動した「メタル・リフレクト・スライム」の場持ちを上げて除去されにくくするだけでなくその後の「神・スライム」や神属性モンスターへも強固な耐性を付与できるのはかなり有り難いです。

特に「神・スライム」は自身の2の効果と「神縛りの塚」の耐性が合わさり、自身は戦闘・効果で破壊されず効果の対象にもならない攻守3000となりながらも自身以外のモンスターを攻撃対象と効果の対象から守る非常に強固なモンスターとなります。

以上のことから「神縛りの塚」適用下であれば「神・スライム」1の効果によるリリースにせずとも十分以上に戦える強力なモンスターとして使えます。

「神・スライム」の評価は?まとめ!

召喚条件等から「神・スライム」はすぐに出せるカードではなく、すぐに出すには今回紹介したような一工夫が必要になります。

一工夫をすると必然的に消費も多くなるため、使用がやや難しいカードではあると評価できます。

同パックの新規カードは他にもありますが、「神・スライム」を手札消費1枚で召喚権を温存しながら出せるようなカードがあったなら「神・スライム」はぶっ壊れ並みの性能と言っても過言ではないでしょう。

ファンデッキとしては複数枚積みした「メタル・リフレクト・スライム」を素引きしたら「神・スライム」を出すのを狙ってみるという運用でも良いでしょう。

というのも、こちらの伏せカードがことごとく除去されるということもあまり多くないので引けたら使うくらいの認識でも問題は無いかと思います。

また今後「メタル・リフレクト・スライム」以外にも新規のレベル10・水属性モンスターが登場するかも知れないので、今後の続報に期待です。

私個人としては「神・スライム」はいつかOCG化して欲しいカードの1枚だったので、今回の「神・スライム」登場の報せは嬉しいです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする