「極星」テーマに新規リンクモンスター登場!「極星天グルヴェイグ」で「極星」デッキは強化されたのか考察します!

リンクヴレインズパック2「極星」テーマのリンクモンスターである「極星天グルヴェイグ」が収録しました。

効果は強力ながらも素材を並べるのが難しい「極神」シンクロモンスターをエースにした「極星」デッキですが、今回登場したリンクモンスターによって強化されたのか。

効果や使い方を考えて結果を出したいと思います。

リンクモンスター「極星天グルヴェイグ」について

極星天グルヴェイグ

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/天使族/攻 800
【リンクマーカー:左下】
レベル5以下の「極星」モンスター1体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・フィールドのカードを3枚まで選んで除外し、
その数だけデッキから「極星」モンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動したターン、自分は通常召喚できず、「極神」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードのリンク先に「極神」モンスターが存在する限り、
相手はそのモンスターを効果の対象にできず、このカードを攻撃対象に選択できない。

リンクは1で、召喚条件はレベル5以下の「極星」モンスターです。リンク先はリンク1としては珍しく左下になります。

2つの効果を持っており、1つ目は自身がリンク召喚に成功した時に自分の手札・フィールドのカードを合計3枚まで選んで除外し、その数だけデッキから「極星」モンスターを守備表示で特殊召喚する効果です。

この効果を発動したターンは通常召喚が出来ず、「極神」モンスターしか特殊召喚出来ないというデメリットがあります。

2つ目はリンク先に「極神」モンスターが存在するとき、その「極神」モンスターを相手の効果の対象にさせず、自身を攻撃対象に選べなくする効果です。

極星邪龍ヨルムンガンド

まず召喚条件ですが、現状では「極星」モンスターの中でも特殊な効果を持つ「極星邪龍ヨルムンガンド」「極星邪狼フェンリル」、そしてリンクモンスターである「極星天グルヴェイグ」以外の「極星」モンスターはリンク素材として使えます。

1つ目の効果を使えば「極神」モンスターのシンクロ素材を即座に並べられることが可能です。

「極神」モンスターのシンクロ素材は最低でも3体必要なので3体までデッキから特殊召喚できる効果は噛み合っていると言えます。

しかし手札・フィールドのカード3枚を除外するとなるとかなり重い効果です。

スポンサーリンク

幸い除外するカードに指定はありませんので、トークンなどを使って極力消費を少なくして確保していきたいです。除外するカードには自身も選べますが、その際には2つ目の効果の恩恵は当然得られなくなるので気を付けましょう。

雷鳥龍-サンダー・ドラゴン

除外された時に効果が発動する「雷鳥龍-サンダー・ドラゴン」等と兼ね合いが取れなくはないですが、このカードのリンク素材や特殊召喚するモンスターが「極星」モンスターに限定されていることもあり、採用するにはデッキ構成はよく考える必要があります。

スケープ・ゴート

「極星獣タングリスニ」で出した極星獣トークンはリンク素材としても効果で除外するためにも使えたり、相手ターンに発動しておいた「スケープゴート」等を使えば1枚で3枚除外を賄えるので一緒に組み合わせたいカードです。

極星天ヴァナディース

ちなみに、デッキから特殊召喚する「極星」モンスターにチューナーモンスターの「極星天ヴァナディース」を選べば三種類の「極神」モンスターの内好きなモンスターをシンクロ召喚出来ます。

また強力な効果であるとともに厳しいデメリットがあるため、「極星天グルヴェイグ」をリンク召喚するタイミングには最大限気を付けましょう。

極神聖帝オーディン

2つ目の効果はリンク先に「極神」モンスターがいれば自身とその「極神」モンスターの両方を守る効果になっており、1つ目の効果で「極神」モンスターを出せるので噛み合っています。

自前で魔法・罠カードやモンスター効果を防ぐ効果を持っている「極神」モンスターですが、相手ターンには蘇生効果があるものの攻撃力が高いだけのモンスターになりがちなので、耐性を得られる効果はかなり嬉しいものです。

また「極星天グルヴェイグ」自身の攻撃力の低さを補えるため、守りが強固になります。

しかし昨今では対象を取らない除去効果が増えてきたので過信できるものではないです。なので「極神」モンスターが除去されてからガラ空きになった「極星天グルヴェイグ」が攻撃されるという状況には備えておきたいです。

「極星」デッキは強化された?

効果の要求カード枚数は多いものの、工夫次第では召喚条件が高かった「極神」モンスターをシンクロ召喚しやすくなったと言えます。

更に対象を取るカードに限られるとはいえ、「極神」モンスターの最大の弱点でもあったバウンスや除外効果に耐性が付くのでフィールドに維持しやすくなりました。

それらを総合すると「極星」デッキは強化されたと思います。

これを機に環境入りは難しいかもしれませんが、純「極星」デッキはエースのシンクロ素材の影響で事故率があったので、「極星天グルヴェイグ」はその緩和にもなってます。

またリンクヴレインズパック2には便利なチューナーである元はスーパーレアだった「極星天ヴァナディース」も再録しているので、これを機に「極星」デッキを作るのも悪くないかと思います。