遊戯王の新規罠カード「ゲット・アウト!」が判明!性能を考察し、メタカードとしてサイドデッキへの採用の是非や背景ストーリーについても考えてみた!




2019413日に発売予定の基本パック、ライジング・ランペイジに収録されるカードとして「ゲット・アウト!」の情報が判明しました。

性能やコミカルで面白いイラストの背景ストーリーについて考察していきます。

「ゲット・アウト!」の考察と考案!新たなサイドデッキ向けカードの登場!?

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):EXデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスター2体を対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

カード名ターン1で発動できる通常罠カードです。

効果はエクストラデッキから特殊召喚された相手モンスター2体を対象として発動でき、そのモンスターを持ち主のデッキに戻すというものです。

まず気を付けなければならないこととしては大きく分けて2あり、1つ目はデッキバウンス出来る対象はエクストラデッキから特殊召喚された相手モンスター限定であること。

2つ目デッキバウンスする相手モンスターは2体を対象としなければ発動できないことです。

スポンサーリンク
EMドクロバット・ジョーカー

この2つの注意点からも分かる通り、相手がエクストラデッキから特殊召喚するモンスターを複数体並べるようなデッキなら問題なく使えるもののそうでなければ腐ってしまう可能性があります

とはいえ、以上のことに気を付ければこのカード1枚で2体のモンスターをデッキバウンス出来るため強力な効果です。

相手がエクストラデッキから特殊召喚したモンスターを2体以上並べるための消費枚数などを考えれば大きなアドバンテージとなれるでしょう。

またデッキバウンスであるため、エクストラデッキから特殊召喚したペンデュラムモンスターはメインデッキに戻すことになります。

発動タイミング自体はフリーチェーンですが、相手の展開後もしくは展開途中に発動が出来るようになるため事前に除去されてしまうことには弱いです。

総合的に評価をすると、サイドデッキに入れておいて相手のデッキの内容やコンボ等を知った後にメインデッキに採用するかどうか検討する、といった使い方が推奨されるカードです。

スポンサーリンク

「ゲット・アウト!」がメタとして刺さりそうなテーマを一部抜粋!!

「オルフェゴール」

宵星の機神ディンギルス

闇属性・機械族で統一され、墓地から自身を除外することで展開などに繋げられる「オルフェゴール」モンスターを駆使するテーマです。

その性能の高さから20194月現在の環境でも大いに活躍しているテーマであり、墓地肥やしさえ上手くできれば高い展開力を発揮できるのも強みです。

そして展開したモンスターはリンク素材などに使うのが基本となるのですが、有利な盤面を構築するためにもリンクモンスター等を複数体並べる状況がそれなりにあります。

汎用リンクモンスターや相性の良いリンクモンスターを採用している場合にはなおさらそういったコンボをする機会も多いです。

また「オルフェゴール」テーマでは対象耐性を持つリンクモンスターもいないため、「ゲット・アウト!」が刺さりやすいです。

「サンダー・ドラゴン」

雷神龍-サンダー・ドラゴン

雷族モンスターを駆使し、サーチ封じや制圧力の高い融合モンスターをエースとして使うテーマです。

「サンダー・ドラゴン」融合モンスターはその特徴から少ない消費で出せることが魅力的であり、「リンクリボー」「常夏のカミナリサマー」等のリンクモンスターを使ってリンク先に「サンダー・ドラゴン」融合モンスターを出すことも少なくありません。

そういった状況で「ゲット・アウト!」は相性が良く、相手が手札を複数枚消費して作った盤面をガラ空きにすることも可能となります。

スポンサーリンク

「守護竜」

守護竜アガーペイン

「守護竜」リンクモンスターを使うことでドラゴン族モンスターを各場所から特殊召喚し、そういった強力なドラゴン族モンスターで戦うのがメインとなるテーマです。

そもそも「守護竜」リンクモンスターの効果を使うためには2体以上のリンクモンスターのリンク先となるモンスターゾーンが必要となりますので、その条件を能動的に満たすにはリンクモンスターを複数体展開することが基本となってきます。

「守護竜」リンクモンスター自体は耐性効果を持っていないこともあり、「ゲット・アウト!」を使えば相手のコンボを一気に崩すことが出来ます。

「ゲット・アウト!」の背景ストーリーは!?まとめ!

シャイニート・マジシャン

三人の魔法使いのストーリーで、これまでのあらすじとしては怠け者な「シャイニート・マジシャン」を連れ出そうとした「アルケミック・マジシャン」でしたが、そこに「アカシック・マジシャン」が乱入してくると気が付けば「シャイニート・マジシャン」そっちのけで二人がケンカし始めていたというものです。

そこで今回の「ゲット・アウト!」のイラストでは、ついに怒った家主の「シャイニート・マジシャン」「アルケミック・マジシャン」「アカシック・マジシャン」を家から追い出しています。

家でのんびりしていた「シャイニート・マジシャン」からすれば、自分を連れ出そうとした挙句今度は人の家で勝手にケンカし始めた二人はいい迷惑なので「ゲット・アウト!(和訳:出て行け!)」と言いたくなる気持ちも分かります。

イラストもコミカルで面白いですし、性能面でもサイドデッキへの採用が現実的なので1枚は欲しいカードだと思います。