攻撃力を集約して強くなる!「魔獣皇帝ガーゼット」の効果の考察と考案を相性の良いテーマデッキを紹介します!




2019112日に発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストーム「魔獣皇帝ガーゼット」なるカードが収録されることが判明しました。

今まで着実と数を増やして来ている「ガーゼット」モンスターですが、今度はどんな性能に仕上がっているのでしょうか。

今回はそんな新たな「魔獣皇帝ガーゼット」について考えていきます。

「魔獣皇帝ガーゼット」の効果の考案と考察

特殊召喚・効果モンスター
星9/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は、このカードを特殊召喚するために
リリースしたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はバトルフェイズ中に魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

レベル9の闇属性・悪魔族で元々の攻守は0です。

通常召喚出来ず、自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合にのみ特殊召喚出来ます。

自身の攻撃力はこのカードを特殊召喚するためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値にする効果、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はバトルフェイズ中に魔法・罠・モンスターの効果を発動させない効果の2つを持っています。

レベル9にして元々の攻守は0ですが、効果により攻撃力が変化するので問題ありません。

むしろ「クリッター」等の攻撃力参照のサーチ効果でサーチできるためメリットにもなります。

通常召喚出来ず特殊召喚方法を限定しているため、このカードを墓地へ送っておいてからの蘇生などの手段は使えません。

とはいえアドバンス召喚ではなく特殊召喚であるため、召喚権を使ってこのカードのリリース素材を用意することが可能です。

1の効果ですが、3体リリースという召喚条件の重さがあるためかなり高い攻撃力を期待できます。

リリースするモンスター次第ですが攻撃力4000以上を狙うことも難しくないため火力としては申し分ない物になるでしょう。

参照しているのはリリースしたモンスターの元々の攻撃力ですので、カード効果によって攻撃力が変化しているモンスターであっても関係ありません。

あまのじゃくの呪い

また攻撃力をアップさせる効果ではなく、指定の数値になる効果ですので「あまのじゃくの呪い」は効きません。

とはいえ守備力は変わりませんので0のままです。

2の効果ですが、バトルフェイズ中という指定ですのでこのカード以外の戦闘時でも相手はカード効果を発動できません。

1の効果で高い攻撃力を獲得できることも考えると、このカードの攻撃を通すための確実性を上げる効果でもあります。

超電磁タートル

セットされた「聖なるバリア -ミラーフォース-」場所の指定は無いため「速攻のかかし」「超電磁タートル」の効果も完封出来ます。

攻撃を無効にさせないだけでなく、墓地へ送られた場合や戦闘で破壊された時などをトリガーとして発動するモンスター効果も発動させません。

総合的な評価をするとハイリスクハイリターンが一番合うかと思います。

召喚条件を満たすことや高い攻撃力を狙うことなど難易度は高いですが、成功すれば大ダメージを狙えます。

守備力は変わらないことやバトルフェイズ以外では除去されてしまうなど弱点もありますので一概に強いカードとも言えませんが、デッキの構築や使い方次第ではフィニッシャーにも十分なり得ます。

「魔獣皇帝ガーゼット」と相性の良いデッキは?

幻子力空母エンタープラズニル

ランク9エクシーズデッキ

ランク9エクシーズモンスターのエクシーズ召喚を主に狙うデッキであれば、「魔獣皇帝ガーゼット」はエクシーズ素材として活躍できます。

「魔獣皇帝ガーゼット」がリリースするモンスターはトークンでも可能なため、「スケープ・ゴート」等で生成したトークンをリリースすれば攻撃力は0のままですがレベル9モンスターの供給としては比較的簡単です。

デビル・フランケン

サイキック・フランケンデッキ

「リプロドクス」DNA改造手術」でサイキック族に変更した「デビルフランケン」対して、「脳開発研究所」または「念動増幅装置」を使うことで「デビルフランケン」ライフコストを踏み倒すデッキです。

「デビルフランケン」の効果で出せる最高攻撃力は「青眼の究極竜」による4500ですので、リンク先を2つ確保して「青眼の究極竜」2体を含めたモンスター3体をリリースできれば攻撃力9000以上「魔獣皇帝ガーゼット」を使えます。

「魔獣皇帝ガーゼット」2の効果もあり1ショットキル率が上がります。

「魔獣皇帝ガーゼット」についてのまとめ!

3体のリリースというのがかなりネックになりますので、中々使いどころが難しいモンスターです。

とはいえ、ダーク・ネオストームには「魔獣皇帝ガーゼット」を含めてレベル9モンスターが複数いますので用途は他にもあるように思います。

「星神器デミウルギア」のリンク素材はレベル5以上のモンスター3体ですし、他のレベル9モンスターもですが全てが判明するまで何とも言えない状況です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする