「銀河衛竜」(ギャラクシー・サテライト・ドラゴン)について考察し、相性の良いカードを考案!ミザエル関連カードにリンクモンスターが登場!




2019713日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに収録されるカードの情報が数枚公開されました。

今回はその中の1枚である「銀河衛竜」について考えていこうと思います。

ミザエル関連カードにもリンクモンスターの風が!?「銀河衛竜」の考察と考案!

リンク2の闇属性・ドラゴン族リンクモンスターで、攻撃力は2000です。

召喚条件はドラゴン族モンスター2体であり、リンク先は左下と右下になります。

2つの効果を持っており、このカード名の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できません。

1つ目の効果は自分・相手のバトルフェイズにフィールド・墓地のこのカードを除外して自分フィールドの元々の属性・種族が光属性・ドラゴン族のNo.エクシーズモンスター1体を対象として発動でき、バトルフェイズ終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは半分になり対象のモンスターの攻撃力はそのモンスターの持つNo.数値×100になります。

2つ目の効果は相手のエンドフェイズに発動でき、デッキからカード1枚を選んでデッキの一番上に置くというものです。

No.107 銀河眼の時空竜

属性と種族から恩恵を受けられるサポートカードが豊富にあり、リンク素材はドラゴン族なら何でも良いためドラゴン族デッキになら採用しやすいです。

1の効果は自身を除外することで光属性・ドラゴン族No.エクシーズモンスターをその数字に比例して強化する効果です。

No.62 銀河眼の光子竜皇

現状存在する光属性・ドラゴン族No.エクシーズモンスターであれば、この効果で元々の攻撃力より下がることは基本的にありません。

中でも数値が一番高いNo.107 銀河眼の時空竜」であれば攻撃力は10700となります。

スポンサーリンク

戦闘ダメージが半分にはなってしまいますが、強化後の攻撃力が9000以上であれば強化前の状態で攻撃するよりもダメージが大きくなるのでデメリットはそこまで気になりません。

2の効果は相手エンドフェイズにデッキから好きなカード1枚をデッキトップに置ける効果です。

次のターンにはドローすることも疑似的なサーチとも言える強力な効果ですが、発動タイミングである相手ターンのエンドフェイズにこのカードをフィールドにいさせなくてはなりません。

RUM-七皇の剣

1の効果がNo.107 銀河眼の時空竜」と相性が良いことも含め、デッキトップに置くのはRUM-七皇の剣」が最適かと思われます。

スポンサーリンク

「銀河衛竜」と相性の良いカードは?

「守護竜」リンクモンスター

守護竜アガーペイン

条件を満たすことによって手札・デッキ・墓地・除外・エクストラデッキからドラゴン族モンスターを特殊召喚することが出来るのが大きな特徴のドラゴン族リンクモンスター群です。

「守護竜」リンクモンスターの運用を主軸に置いたデッキなら「守護竜アガーペイン」の効果を容易に使えるため、光属性・ドラゴン族のNo.エクシーズモンスターをエクストラデッキから特殊召喚することが可能です。

また効果を使用後の「守護竜」リンクモンスターを素材にして「銀河衛竜」をリンク召喚することで、1の効果による強化を積極的に狙えます。

運用方法としてはかなり現実的であり、その一例も紹介しておきます。

「レスキューラビット」を召喚しその効果により自身をリリースしてデッキから「守護竜ユスティア」2体を特殊召喚→

「守護竜ユスティア」1体を使って「守護竜エルピィ」(「守護竜ピスティ」でも可)をリンク召喚→「聖遺物の守護竜」を発動しリンク素材にした墓地の「守護竜ユスティア」を蘇生→

「聖遺物の守護竜」2の効果で先ほど出した「守護竜」リンクモンスターを移動させてから「守護竜ユスティア」2体を使って「守護竜アガーペイン」をエクストラモンスターゾーンにリンク召喚→

「守護竜アガーペイン」の効果を使ってエクストラデッキからNo.107 銀河眼の時空竜」を特殊召喚→

「守護竜アガーペイン」「守護竜」リンクモンスターを使って「銀河衛竜」をリンク召喚→

「銀河衛竜」の効果で自身を除外して攻撃力を10700にしたNo.107 銀河眼の時空竜」で攻撃が出来ます。

スポンサーリンク

「闇次元の解放」

闇次元の解放

除外されている闇属性モンスター1体を帰還させる永続罠カードです。

このカードを使えば自身の効果によって除外した「銀河衛竜」を相手エンドフェイズに帰還させることで、「銀河衛竜」2の効果の発動を狙えます。

前述したコンボなどを使えば「銀河衛竜」を自身の効果で除外させることは難しくありません。

仮に上手くいった場合は「銀河衛竜」の効果でRUM-七皇の剣」をデッキトップに置いて次の自分のターンにはCNo.107 超銀河眼の時空龍」を出し、その効果で「銀河衛竜」ともう1体のモンスターをリリースすればエクシーズ素材を取り除いた効果と併せて制圧力を上げつつ攻撃力10700でモンスターに3回攻撃出来るため相手のライフを削り切れます。

スポンサーリンク

「銀河衛竜」の評価は?まとめ!

RUM-七皇の剣

1の効果では光属性・ドラゴン族のNo.エクシーズモンスターというかなり細かい指定があるため活かすには相性の良いデッキが推奨されますが、2の効果もかなり強力なので2の効果狙いで出すことも選択肢としては有りです。

汎用的とは言い難いものの、効果を活かせるデッキであれば攻撃力の大幅な強化やデッキトップに置くことで疑似的なサーチも出来るため強力な性能を持っている、というのが評価になります。

遊戯王ZEXALのミザエルをイメージしたカードということなので、ファンとしてもNo.107 銀河眼の時空竜」「RUM-七皇の剣」と関連させた運用をしていきたい所です。