「暗黒騎士ガイアオリジン」の効果考察!相性の良いカードと何枚採用するか?

Vジャンプ(2020年6月号) 付属カードである「暗黒騎士ガイアオリジン」の効果が判明しました。

これから登場する「竜騎士ガイア」デッキと相性が良いのはもちろん、他のデッキに採用しても面白い活躍を見せてくれるカードです。

今回はそんなVジャンプ(2020年6月号) 付属カードである「暗黒騎士 ガイアオリジン」について考察し、相性の良いカードやデッキに何枚必要かを考えて行きます!”

「暗黒騎士ガイアオリジン」の効果考察!

暗黒騎士ガイアオリジン

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1600/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からレベル5以上のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):戦士族モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースにできる。
(3):自分・相手のバトルフェイズに、墓地のこのカードを除外し、
元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は元々の数値になる。

1つ目の効果はレベル5以上のモンスターを墓地に送り、このカードを特殊召喚する効果。

2つ目の効果は戦士族をアドバンス召喚する時にこのカードの2体分のリリース要員にできる効果。

3つ目自分・相手のバトルフェイズに墓地のこのカードを除外することで元々の攻撃力と異なるカードを対象にし、そのモンスターの攻撃力を元々の数値に戻す効果です。

「暗黒騎士ガイア」のリメイク版モンスターの1体となるモンスターで、レベル4の戦士族と「増援」などでサーチできる点や効果だけでなく、素材にしやすい優秀なモンスターであり、効果が3つあります。

1つはレベル5以上のモンスターをコストに特殊召喚できる効果で、「ガイア」デッキのコンセプトである「カース・オブ・ドラゴン」モンスターをコストにこのカードを特殊召喚出来ます。

「カース・オブ・ドラゴン」モンスター以外にも墓地に落としておきたい、レベル5モンスターは多いので、レベル5以上のモンスターを多く積んでいるデッキであれば、このカードの特殊召喚には困らないでしょう。

また同じ戦士族である手札の「D–HERO ディアボリックガイ」をコストにし、「D–HERO ディアボリックガイ」の効果で「D–HERO ディアボリックガイ」を特殊召喚すれば、フィールドに戦士族が2体になるので「聖騎士の追想 イゾルデ」をリンク召喚出来ます。

「聖騎士の追想 イゾルデ」であれば、リンク召喚時に戦士族をサーチ出来るので、コストで減ってしまった手札を補うことが可能です。

続いて2つ目の効果ですが、戦士族2体分のアドバンス召喚の要員にできる効果ですが、1つ目の効果を使い、2つ目の効果を使うと手札の消費が3枚と非常に重く、この方法以外に上級モンスターを出す手があるのも事実であります。

2の効果を活かせないわけではありませんが、2つ目の効果はデッキ構築によってはおまけ程度に思ってしまっても良いでしょう。

3つ目の効果は攻撃力を元々の攻撃力に戻すという効果で、自分に対しても相手に対しても有効な効果となっております。

竜魔道騎士ガイア

融合・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
「暗黒騎士ガイア」モンスター+レベル5ドラゴン族モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「竜騎士ガイア」として扱う。
(2):自分・相手のメインフェイズに、このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このカードの攻撃力を2600ダウンし、対象のカードを破壊する。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このカードの攻撃力は2600アップする。

自分の場合にこの効果を使うのであれば、「竜魔道騎士ガイア」が2の効果を使った後に使いうのが、主な使い方になりますし、恐らくこの効果は「竜魔道騎士ガイア」を意識して作られたのではないでしょうか?

また3つ目の効果を相手のモンスターに打つのも有効打になります。

例えば、元々の攻撃力が0で大幅に攻撃力を上げることの可能なカードは良くあり、例を上げるのであれば「ワイトキング」「神炎皇ウリア」などに打てば、相手の攻撃を大きく妨害することが出来るでしょう。

ただし、3つ目の効果を活かしたいと考えるのであれば、採用率の高い「墓穴の指名者」には注意が必要です。

3つ目の効果を使うのであれば、これらのことも考慮してなるべく早い段階で、3つ目の効果を使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

「暗黒騎士ガイアオリジン」とカードを紹介!

「召命の神弓-アポロウーサ」

このカードの元々の攻撃力はリンク素材にしたモンスターの数×800となります。

また相手のモンスターの効果をこのカードの攻撃力を800下げる事で向こうにすることができる効果を持っており、「暗黒騎士ガイアオリジン」の3つ目の効果と相性が良いです。

このカードの攻撃力は効果によって決定しますが、元々の攻撃力を決めるものなので、「暗黒騎士ガイアオリジン」の効果で攻撃力が0にはなりません。

「ギルフォード・ザ・ライトニング」

ロマン枠になりますが、一応「暗黒騎士ガイアオリジン」の2の効果で、2体分の生贄になれるので、残り1体さえ並べれば「ギルフォード・ザ・ライトニング」の効果を使うことが出来ます。

ロマン枠ですのであくまでも参考程度にしていただけると嬉しいです。

PSYフレームロード・Ω

「暗黒騎士ガイアオリジン」を効果で特殊召喚し、同じく戦士族である「復讐の女戦士ローズ」を使えばレベル8モンスターである「PSYフレームロード・Ω」をシンクロ召喚することが出来ます。

「PSYフレームロード・Ω」の2の効果を使って、「暗黒騎士ガイアオリジン」の効果を使いますことができれば、攻撃力アップに頼っているデッキは大幅にふりになることでしょう。

「暗黒騎士ガイアオリジン」の評価は?採用枚数は?

「暗黒騎士ガイアオリジン」は「暗黒騎士ガイア」デッキであれば非常に使いやすいモンスターであり、3枚デッキに入れても良いかと思います。

特に3つ目の効果はエースモンスターである「竜魔道騎士ガイア」と非常に相性が良く、組み合わせれば、「竜魔道騎士ガイア」の場持ちを良くすることが出来るでしょう。

またレベル5以上の上級モンスターが多いデッキにも採用でき、3つ目の効果はなんだかんだいって汎用性が高いので、今後このカードの評価は徐々に上がってくるような気がします。

とりあえず現状迷っている方は1枚は確保しておくのがおすすめです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする