「甲纏竜ガイアーム」の効果考察と相性の良いカードを紹介!汎用レベル6シンクロモンスターになり得るか評価!!

先日発売した基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて「甲纏竜ガイアーム」が収録されましました。

今回は「甲纏竜ガイアーム」の効果を考察し、相性の良いカード等を紹介していきたいと思います。

「甲纏竜ガイアーム」の効果考察!

甲纏竜ガイアーム

レベル6の地属性・ドラゴン族シンクロモンスターで、攻撃力は2000守備力は1300あります。

素材指定はチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上と汎用になっています。

レベル6で汎用素材であることから比較的どのシンクロデッキでも出しやすく、属性・種族共に恩恵を受けられるサポートカードは多いです。

1つ目の効果ですが、このカードをリリースすることで墓地から自身以外のシンクロモンスター3体をエクストラデッキに戻すというものです。

蘇生制限を満たしていなかったりシンクロ召喚成功時の効果を持つモンスターの再利用をしたい際に役立ちます。

とはいえ通常通りこのカードをシンクロ召喚した場合、せっかくシンクロ召喚したモンスターをリリースしなければいけないためこの効果を目的とする場合損失の方が大きくなります。

加えて必ず3体を選ばなくてはならないため、墓地の溜まり具合によっては戻したくないモンスターまで戻さなければいけない状況にもなり得ます。

2つ目の効果ですが、エクストラデッキから特殊召喚された自分のモンスターに墓地のこのカードを装備カード扱いとして装備するというものです。

比較的緩い条件でモンスターに装備ができ、フィールドから離れた場合除外されるなどのデメリットも無いため繰り返し装備カードになれます。

この効果の利用を目的にするなら、1の効果でリリースしたりシンクロやリンク召喚の素材に使うなどして能動的に墓地へ送りたいところです。

装備カード扱いとして装備する分には蘇生制限を満たしている必要は無いため、このカードをエクストラデッキから直接墓地へ送った場合でも問題なくこの効果を使えるという点は覚えておくと良いでしょう。

3つ目の効果ですが、このカードを装備したモンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に自分は1枚ドローするというものです。

1ターンに1度の制約があるため連続攻撃効果を持つモンスターに装備して大量ドローは出来ませんが、自分と相手のどちらから攻撃した場合でも発動出来るため状況次第では自分と相手のターンで1枚ずつのドローを狙えます。

2の効果で比較的装備しやすいことも含めると、バトルを行う予定のモンスターに積極的に装備していくことで使い減りしないドローソースとして使うことも可能でしょう。

「甲纏竜ガイアーム」と相性の良いカードは?

「セブン・ソード・ウォリアー」

セブン・ソード・ウォリアー

汎用素材のレベル7シンクロモンスターであり、装備カードに関する効果を3つも持っています。

「甲纏竜ガイアーム」とレベル1チューナーを合わせることで、スムーズにこのカードのシンクロ召喚を狙いつつ「甲纏竜ガイアーム」を墓地に送れます。

「セブン・ソード・ウォリアー」は自身に装備カードが装備された時に相手に800の効果ダメージを与えたり、自ら装備カードを外せたり、装備カードが墓地へ送られた時にモンスター除去が出来るため、容易に装備カードになれる「甲纏竜ガイアーム」とは相性が良いです。

「おろかな重葬」

おろかな重葬

ライフを半分払うことで自分のエクストラデッキのモンスター1体を墓地へ送れる通常魔法カードです。

「甲纏竜ガイアーム」をエクストラデッキから直接墓地へ送ることで、墓地から装備カードになれるモンスターとして活用していくことが出来ます。

エクストラデッキを駆使するビートダウンデッキなら、墓地の「甲纏竜ガイアーム」を装備してから戦闘を行うようにすることで確実にハンドアドバンテージを稼いでデュエルを有利に進めることが出来るでしょう。

「ゲール・ドグラ」でも似た使い方が出来ますが、こちらは召喚権などを必要としないため採用したデッキの本来の動きを邪魔せずに済む点から相性が良いです。

「甲纏竜ガイアーム」は汎用レベル6シンクロになり得る?気になる評価は?まとめ!

汎用素材のレベル6シンクロモンスターには優秀なものも多数存在し、除去効果を持つものやドロー効果を持つもの等デッキのコンセプトやテーマによって相性の良いものは異なってきます。

「甲纏竜ガイアーム」1の効果は使いやすいものではありませんが、23の効果は汎用的に利用でき継続的なドローソースになり得るため他の汎用レベル6シンクロモンスターとは違った動きが期待出来ます。

全体的な評価としては、デッキとの相性次第ではエクストラデッキから直接墓地へ送って装備カードとして使ったり、他の汎用レベル6シンクロモンスターと合わせて採用することで戦術の幅を広げることが出来るカードだと思います。