ファイアウォール・X・ドラゴンの考案と考察!ダーク・ネオストームから新たなFDWが登場!




2019年1月12日に発売するパックである「ダーク・ネオストーム」の情報が公開されました。

今回はその表紙である問題児が転生「?」した姿である「ファイアウォール・X・ドラゴン」が話題になっております!

まさかここであの問題児が生まれ変わり脱獄か!?

早速きになる「ファイアウォール・X・ドラゴン」の効果の紹介と考察をしていきたいと思います!

「ファイアウォール・X・ドラゴン」の効果を紹介

まずは公式から発表された「ファイアウォール・X・ドラゴン」について見ていきたいと思います。

効果は以下の様になっております。

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
レベル4モンスター×2体以上
(1):X召喚したこのカードの攻撃力は、
このカードとリンク状態になっているリンクモンスターのリンクマーカーの数×500アップする。
(2):このカードのX素材を2つ取り除き、
自分の墓地のリンク4のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

レベル4モンスター2体でエクシーズ召喚できるエクシーズモンスターで攻撃力は「ファイアウォール・ドラゴン」と同じく2500となっております。

エクシーズ召喚自体はしやすいものの結論から言うと、サイバース族はレベルがバラバラであり、レベル4の採用がそこまで多くない為、「サラマングレイト」ならまだなんとかエクシーズ召喚でき効果も活かかせそうですが、「コード・トーカー」軸だと採用は正直厳しいと思いました「汗」

バランサーロード

どうしてもこのカードを使いたいのであれば、エクシーズ素材は「バランサーロード」「サイバース・ガジェット」あたりが実践で使えるサイバース族でしょう。

暗黒竜 コラプサーペント

またはサイバース族デッキと相性の良かった「暗黒竜 コラプサーペント」「輝白竜 ワイバースター」を軸にデッキを組むのも手でしょう。

召喚方法の次は効果について見ていきたいと思います。

まず効果については2つ効果を持っており(1)の効果はX召喚したこのカードの攻撃力は、 このカードとリンク状態になっているリンクモンスターのリンクマーカーの数×500アップと言ったもので、現時点での最大リンク数はになる為攻撃力は最大で2000アップします。

ですので攻撃力は最大で4500となります。

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン

攻撃力の上昇効果は嬉しいものの、リンク状態のリンクモンスターが破壊されてしまうと攻撃力が元に戻ってしまう為注意が必要な上攻撃力の上昇値なら「ダークリベリオン・エクシーズ・ドラゴン」「S No.39希望皇ホープ・ザ・ライトニング」の方が安定して攻撃力の上昇が見込める為、使いやすさから言うと現段階では正直微妙なところです。

「ファイアウォール・X・ドラゴン」を最大限に活かしたいのであれば複数のリンクモンスター先にこのモンスターを召喚し攻撃力を上げる必要があります。

しかしこのモンスターの攻撃力を最大限に上げたいと言う場合の展開の手段はむしろリンクモンスターを並べた方が効率が良いのもまた現実的に辛い課題でございます「汗」

(2)の効果はエクシーズ素材を2つ取り除くことで墓地からリンク4モンスターを蘇生させると言ったものでございます。

しかし肝心の「ファイアウォール・ドラゴン」が禁止になってしまい特殊召喚できるサイバース族リンク4が現在の時点でトポロジック・ガンブラー・ドラゴン」「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の2種類でありかなり厳しい効果となっております。

しかもこの効果を使ったターンは直接攻撃が出来ない為とどめを刺したいときは相手フィールドに注意する必要があります。

「ファイアウォール・X・ドラゴン」は今後活かされるか?

結論から言えば今後リンク4のサイバース族が増えればこのカードを活かせる盤面があるかも知れません。

しかしランク4と言えば強豪が多く正直このカードでは行けない理由が現在の時点では見つけられないのもまた事実です「汗」

またサイバース族はレベルもバラバラでこのモンスターに構築を寄せるとなると構築難易度は上がるでしょう。

しかしアニメテーマのモンスターの為今後リンクモンスターやサイバース族が増えるとなると、(2)の効果を使ったソリティアなどが生まれる可能性は十分にあるので、もしもこのカードが当たった際は1枚は保存しといた方が良いかも知れません。

ファイアウォール・X・ドラゴン」の登場にTwitterの反応は?

まとめ

今回は「ダークネオ・ストーム」から登場するサイバース族エクシーズモンスターである「ファイアウォール・X・ドラゴン」の紹介と考察でした!

「ファイアウォール・ドラゴン」の禁止後の登場なので正直驚きました(笑)

恐らくこれは「ファイアウォール・ドラゴン」が禁止になったフォローなのかも知れませんが正直なところ弱体化しすぎた感が否めません「汗」

しかし今後サイバース族は強化されて行くことが予測される為、このカードが活かされる日も近いかも知れないと考えると1枚は持って置いても損はないかと思いました!

最後に今回は辛口評価が目立ち不快に思った方もいらっしゃるかと思いますが、今回はご容赦していただけると有り難いです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする