ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードの考案と考察!脳筋リンク5モンスターと相性の良いカードやテーマを紹介!




7月13日に発売のカオス・インパクトから「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の収録が決定しました!

OCGでは初のリンク5モンスターであり、見た目も「FDW」が闇堕ちした姿なのでは無いかと言う仮説が立てられる見た目をしております。

初のリンク5モンスターである「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」について見ていきたいと思います!

初のリンク5モンスター「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の考案と考察!

リンク・効果モンスター

リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000

【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】

効果モンスター3体以上

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。

自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。

(2):このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする。

(3):相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。

その発動を無効にする。

この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、

このカードはもう1度続けて攻撃できる。

召喚条件は効果モンスター3体以上のリンクマーカーの向きは上/左/右/左下/右下のリンク5モンスターで攻撃力は3000です。

効果は3つあり、1つ目このカードのリンク召喚に成功した場合に発動する効果で、自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く効果。

2つ目このカードの攻撃力はバトルフェイズの間、このカードのカウンターの数×2500アップする効果。

3つ目相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動 でき、その発動を無効にする効果で、この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、このカードはもう1度続けて攻撃できると言ったものです。

サイバース・クアンタム・ドラゴン

1つ目の効果は墓地のサイバース族の種類を参照とする効果で、リンクして紹介成功時にその種類の数このカードにカウンターを置いて、2つ目の効果でカウンターの数×2500の攻撃力上昇が狙えると言ったものです。

サイバース族の種類を参照とする効果ですが、全ての種類を召喚出来るようにデッキを組むとなるとまず構築難易度が上がります。

加えて、このカード自体のリンクが5であり、フィールドの効果モンスター3体以上と言う点でこのカードの効果を最大限に生かすとなると召喚条件の難易度と重なります。

まずこのカードをリンク召喚しようと考える場合、メインモンスター5体でリンク召喚と言うのはあまりにも現実味がありません。

コード・トーカー・インヴァート

もしこのカードをリンク召喚したいと考えるのであれば、墓地に落ちたリンクモンスターを蘇生させ、そのモンスターと残りの2体を素材にするなど工夫が必要です。

サイバース族の種類ですが、前述でも解説した通り、全ての種類を混ぜてデッキを組むとなると、デッキ構築難易度が上がる上に、召喚法4種類のサイバース族を墓地に送らなければならない為、効果をフルで使うとなるとそれなりの労力を要しますり

サイバース・クロック・ドラゴン

もっともサイバース族デッキでリンク召喚以外の召喚方法でで採用されやすいのは「サイバース・クロック・ドラゴン」が1番使いやすく、強力であり、仮に「サイバース・クロック・ドラゴン」が破壊されても「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」にカウンターを乗せることが出来るので、無駄がありません。

最悪、「サイバース・クロック・ドラゴン」のみの採用しただとしても「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の攻撃力を2500上げることが出来るのでバトルフェイズの間攻撃力が5500になれます。

3つ目の効果は相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動でき、その発動を無効にしこの効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、このカードはもう1度続けて攻撃できる効果も強力ですが、攻撃力が2500下がる上に、立て続けに攻撃出来る効果も限定とされ相手がそれを分かっていて効果を発動してくるのかも正直微妙な所です。

もしこのカードをフルに使いたいのであれば、ただ単にサイバース族デッキに入れるだけでは無く、専用構築にしこのカードをフルに使いたいのであれば、エクストラデッキから直接墓地に送る方法が必要になって来るでしょう。

スポンサーリンク

「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」と相性の良いテーマデッキやカードは?

「転生炎獣」デッキ

転生炎獣ヴァイオレットキマイラ

サイバース族・炎属性テーマであり、5月15日時点ではシンクロ召喚以外の全ての「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の条件を満たすモンスターが存在します。

現在出ている種類のカードはどれも長所があり、デッキに無理せず入れられる性能を持っている上に、「転生炎獣」自体蘇生手段や展開力の高いテーマなので、リンク5である「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」をリンク召喚しやすく、フィニッシャーとして役に立ってくれます。

当サイトでは「転生炎獣」のデッキレシピを紹介しております!

遊戯王ヴレインズで「サラマングレイト」を使う熱き男! 穂村尊こと「ソウルバーナー」のストラクチャーデッキが発売になりましたね! ...
ストラクチャーデッキから穂村尊こと「ソウルバーナー」が使うテーマ「サラマングレイト」のストラクチャーデッキが発売しました! 今回主役の...

轟雷帝ザボルグ

轟雷帝ザボルグ

エクストラデッキから一気に8枚カードを墓地に落とせるので、儀式以外の「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」に必要なサイバース族の種類を墓地に送ることが出来ます。

オーバーキル感は否めませんが、専用デッキで構築してみるのもありだと思います!

スポンサーリンク

「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の評価は?まとめ!

初のリンク5モンスターということもあり、そのインパクトは凄まじいものだと正直思いました!

効果も率直な脳筋であり、うまくいけばそのターンに決着をつけられるだけのパワーはあります。

しかし、何も考えずにエクストラデッキに入れられるカードではないのが正直な所です。

全ての召喚方法を使うとなると遊作みたいにロマンはありますが、やはり事故率は高くなります。

そういった意味ではある種のロマンカードだなっという意見が正直な所ですが、脳筋デッキは大好きなので、このカード専用でデッキを組んでみたいと思って1人ニヤニヤしてます「笑」

又こちらでは脳筋モンスターの特集をしておりますのでよろしければこちらもどうぞ!

多彩な戦略で勝利を狙うことも遊戯王の醍醐味ですが、強力なモンスターを出して高い火力で圧すというシンプルな戦術も楽しいです。 ...