エクストラパック2019収録カードまとめ!全てのカードが判明!「忍者」「聖騎士」大会レプリカカードがシークレット!!明日上陸!!




海外で先行登場したテーマ3種と新規カードがが収録されるエクストラパック2019が2019年9月14日に発売となります。

今回登場するテーマは遊戯王DMのアニメオリジナルKCグランプリで、腹筋を崩壊させた没落貴族が使った「ワルキューレ」

海外で、強力なテーマとして環境を支配した問題児「danger」が日本では「未界域」になり、エクシーズ召喚を軸に戦うサイキック族テーマ「Time thief」

の計3テーマが日本に来日して来ます。

収録カードは情報が公開され次第追記していきたいと思います。

目次

没落貴族の「ワルキューレ」関連カード

ワルキューレ・エルダ

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2000/守2200

(1):「ワルキューレ・エルダ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):「ワルキューレ」カードの効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターの攻撃力は1000ダウンする。

(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
戦闘・効果で破壊され相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

没落貴族ことアニメオリジナルであるckグランプリ編で登場したジークロイドが使ったモンスター軍です。

このカードは1枚しか存在出来ないルール効果を持ちます。

2つ目の効果はこのカードが「ワルキューレ」で特殊召喚された場合、相手モンスターの攻撃力を1000下げる効果。

3つ目このモンスターが存在する限り、戦闘、効果で破壊されるカードは相手墓地には行かず、ゲームから除外される効果です。

攻撃力の低さが難点ではあるものの、相手モンスターの攻撃力を下げることが出来るので「ワルキューレ」カードで特殊召喚したいです。

また相手だけ半「マクロコスモス」状態にできる点も、制圧力が高いです。

スポンサーリンク

ワルキューレ・セクスト

効果モンスター

星1/光属性/天使族/攻   0/守2000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。

デッキから「ワルキューレ・セクスト」以外の「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):自分メインフェイズに発動できる。

相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

特殊召喚時に同名以外の「ワルキューレ」モンスターをデッキから特殊召喚出来る効果と、自分メインフェイズ時に相手のデッキの上から2枚墓地に送る効果を持ちます。

1つ目の効果は、特殊召喚であれば効果が発動出来るので、特殊召喚効果を持つ「Walkuren Ritt」「ワルキューレ・フィアット」で条件が満たせる他、レベル1モンスターなので、「ワンフォーワン」などでも効果を発動する事が可能です。

2つ目の効果は相手の墓地肥やしを手助けしてしまう為、ほぼおまけ程度に思っても良いでしょう。

ワルキューレ・ドリット

効果モンスター

星4/光属性/天使族/攻1000/守1600

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。

デッキから「ワルキューレ・ドリット」以外の「ワルキューレ」カード1枚を手札に加える。

(2):このカードの攻撃力は、除外されている相手モンスターの数×200アップする。

1つ目の効果は「ワルキューレ」カードをサーチする事が出来るので、強力な展開魔法カードである「Walkuren Ritt」を始め、様々な「ワルキューレ」カードをサーチ出来ます。

2つ目の効果は、上昇値としては低い為、こちらもおまけ程度に思っても良いでしょう。

サーチモンスターの為、3枚必須モンスターとなるでしょう。

ワルキューレ・フィアット

効果モンスター

星3/光属性/天使族/攻1400/守1400

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。

このカード以外の自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。

その中に通常魔法・通常罠カードがあった場合、その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。

無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。

(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。

デッキから「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。

1つ目の効果は、「ワルキューレ」モンスターの数だけデッキをめくり、その中から通常魔法・罠カードがあればそのう内の1枚を手札に加えられる効果です。

2つ目の効果はこのカードが戦闘で破壊されて墓地に送られた時にデッキから「ワルキューレ」モンスターをリクルート出来ます。

1つ目の効果を使えば、「ワルキューレ」モンスターを展開する為に必要な「Walkuren Ritt」「終幕の光」などをサーチし、「ワルキューレ」モンスターの展開に繋げることが出来ます。

2つ目の効果は戦闘破壊された時のリクルート効果で、「ワルキューレ」モンスターであれば、レベルの指定がないので、自滅特攻で最上級「ワルキューレ」モンスターを特殊召喚するのも良いでしょう。

ワルキューレ・フュンフト

効果モンスター

星2/光属性/天使族/攻 800/守1200

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの攻撃力は、除外されている相手モンスターの数×200アップする。

(2):自分フィールドに「ワルキューレ・フュンフト」以外の「ワルキューレ」モンスターが存在する場合に発動できる。

デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

1つ目の効果はこのカード自体の攻撃力が低い上に上昇値も低い為、ほぼオマケと思った方が良いです。

重要なのは2つ目の効果で、デッキから魔法・罠カードを墓地に送れる効果であり、「Walkuren Ritt」を墓地に送れば、「Walkuren Ritt」の2の効果で「時の女神の悪戯」をサーチすることが出来ます。

また墓地で発動する汎用魔法・罠カードをこのカードの効果で送るのも良いでしょう。

スポンサーリンク

ワルキューレ・アルテスト

効果モンスター

星6/光属性/天使族/攻1600/守1800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが魔法カードの効果で手札から特殊召喚に成功した場合、

自分の墓地の「時の女神の悪戯」1枚を対象として発動できる。

そのカードを手札に加える。

(2):自分フィールドに「ワルキューレ・アルテスト」以外の「ワルキューレ」モンスターが存在する場合に発動できる。

相手の墓地からモンスター1体を選んで除外する。

その後、このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの元々の攻撃力と同じになる。

この効果は相手ターンでも発動できる。

1つ目の効果は「Walkuren Ritt」などのカードで特殊召喚すれば、墓地の「時の女神の悪戯」をサルベージすることが出来ます。

2つ目は、同名以外の「ワルキューレ」モンスターがいる時に相手の墓地のモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力と同じになれます。

2つ目効果は、「時の女神の悪戯」でターンが経過してしまうと元の攻撃力に戻ってはしまうものの、相手の墓地のモンスターに干渉できる点はシンプルに強力です。

ワルキューレ・ツヴァイト

効果モンスター

星5/光属性/天使族/攻1600/守1600

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合、

相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを破壊する。

(2):このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に、自分の墓地の永続魔法カード1枚を対象として発動できる。

そのカードを手札に加える。

1つ目の効果は「Walkuren Ritt」「終幕の光」で展開しつつ相手モンスターを破壊することが出来ます。

2つ目の効果は「女神スクルドの神託」など女神3姉妹をサルベージしたり、「神の居城ーヴァルハラ」など天使族と相性の良い永続魔法をサルベージするのに役に立ちます。

2つ目の効果は「オネスト」などの戦闘補助を使うと効果が使いやすくなります。

ワルキューレ・ヴリュンヒルデ

効果モンスター

星7/光属性/天使族/攻1800/守2000

(1):このカードの攻撃力は、相手フィールドのモンスターの数×500アップする。

(2):このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。

(3):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。

このカードの守備力を1000ダウンし、

このターン、自分の「ワルキューレ」モンスターは戦闘では破壊されない。

「ワルキューレ」デッキの上級モンスターに当たるカードで、相手のフィールドにモンスターが多いほど攻撃力を上げられ、最大で攻撃力3000アップが可能です。

また2つ目の効果で「サンダーボルト」などに耐性があるのも嬉しいところ。

3つ目の効果はこのカードの守備力が2000なので、実質2回まで使用可能です。

3つ目の効果は「ワルキューレ」を戦闘から守れるものの、魔法・罠カードには無力なので注意が必要となります。

スポンサーリンク

運命の戦車

ユニオン・効果モンスター

星6/風属性/天使族/攻1000/守2000

このカード名はルール上「ワルキューレ」カードとしても扱う。

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

・自分フィールドの天使族モンスター1体を対象とし、

このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。

装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

・装備されているこのカードを特殊召喚する。

(2):装備モンスターは直接攻撃できる。

その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。

「天使族」専用のユニオンモンスターで1つ目の効果は1ターンに1度2つある効果の中から1つを選んで発動する効果です。

いずれもユニオン特有の効果になっております。

2つ目の効果は、装備モンスターは直接攻撃出来ますが、与えるダメージが半減してしまいます。

しかし、「時の女神の悪戯」などを使えば、与えるダメージを減らさずに相手に直接攻撃が可能です。

ルール上「ワルキューレ」モンスターとして扱うので、「Walkuren Ritt」で特殊召喚可能です。

戦乙女の戦車

ユニオン・効果モンスター 星3/風属性/天使族/攻 500/守1000

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分フィールドの天使族モンスター1体を対象とし、 このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。

●装備されているこのカードを特殊召喚する。

(2):装備モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 装備モンスターの攻撃力は500アップする。

効果自体は至って普通のユニオンモンスターと大差はありませんが、「天馬の翼」の条件を満たせる「ワルキューレ」ユニオンモンスターとして使い道があります。

ワルキューレの抱擁

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、自分は「ワルキューレ」モンスターしか特殊召喚できない。

(1):自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、 自分フィールドの攻撃表示の「ワルキューレ」モンスター1体と 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターを守備表示にし、その相手モンスターを除外する。

このカードの発動条件としてこのターン「ワルキューレ」モンスターしか特殊召喚出来ないデメリットと、自分フィールドに「ワルキューレ」モンスターのみの場合に発動出来ます。

自分フィールドの攻撃表示の「ワルキューレ」モンスター1体と 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動でき、 その自分のモンスターを守備表示にし、その相手モンスターを除外する効果です。

効果自体は単純な除去カードですが、「ワルキューレ・ドリット」でサーチ出来る除去カードになります。

このカードを使うと、「ワルキューレ」モンスターをリンク召喚などの素材に出来なくなるので、守備表示に「ワルキューレ」は出来る限り攻撃力の低いモンスターを選ぶ事で、守備表示にでき、コチラがダメージを受けるリスクを減らす事が可能です。

スポンサーリンク

Walkuren Ritt

通常魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札から「ワルキューレ」モンスターを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 この効果で3体以上のモンスターを特殊召喚した場合、 次のターンの終了時まで自分が受ける戦闘ダメージは0になる。 このカードを発動したターンのエンドフェイズに、自分フィールドのモンスターは全て持ち主のデッキに戻る。

(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「時の女神の悪戯」1枚を手札に加える。

「ワルキューレ」デッキにおいて、強力な展開力を持つ魔法カードで、手札の「ワルキューレ」を任意の枚数、特殊召喚出来ます。

3体以上「ワルキューレ」を特殊召喚すると、相手に与えるダメージが0になってしまうものの、3体特殊召喚とは条件が重いので、そこまで気にする必要は無いでしょう。

また「ワルキューレ」が手札に戻ってしまうデメリットもこのカードの2の効果で「時の女神の悪戯」をサーチすれば、エンドフェイズをスキップ出来るので、デメリットを回避する事が可能です。

また余談ではありますが、このカードを没落貴族ことジークが使うと何故か毎度「ワルキューレの騎行」が流れるのをネタだと思った視聴者も多かった事でしょう(笑)

終幕の光

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):1000の倍数のLPを払い、 払ったLP1000につき1体、自分の墓地の「ワルキューレ」モンスターを対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを特殊召喚する。

その後、この効果で特殊召喚したモンスターの数まで、 相手は自身の墓地から攻撃力2000以下のモンスターを選んで特殊召喚できる。

「ワルキューレ」「ソウルチャージ」であり、「ソウルチャージ」と違う点はバトルフェイズを行う事が出来るので、相手の特殊召喚するカードによってはエンドカードとして使うことも可能です。

相手の墓地から蘇生させない方法としては「フライアのリンゴ」などであらかじめ、相手の墓地を除外しておくなど対策を取っておくと良いでしょう。

天馬の翼

通常魔法

(1):自分の墓地にユニオンモンスターが存在する場合、 自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。

このターン、そのモンスターは直接攻撃できる。 その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。

墓地にユニオンモンスターが存在する時に「ワルキューレ」モンスターを選択し、そのモンスターは相手に直接攻撃する事が出来ます。

しかし与えるダメージは半分になるので、「ワルキューレ・ヴリュンヒルデ」を強化するなど攻撃力強化と併用していきたいカードです。

時の女神の悪戯

速攻魔法 このカードはチェーン発動できず、このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。

(1):自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、自分バトルフェイズ終了時に発動できる。

このカードを墓地へ送る。 次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。 そのターンの終了時まで自分は「時の女神の悪戯」を発動できない。

自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」のみの場合、自身のバトルフェイズ終了時に発動し、このカードを墓地に送り、自分のバトルフェイズまでターンをスキップ出来る、他と中々被らない強力な効果を持っているカードです。

またこのカードに対してチェーンは出来ないので、ほぼ妨害される恐れがないのも強力な点といえます。

「Walkuren Ritt」を使いこのカードをそのまま使えるので、サーチ自体も容易です。

「女神ウルドの裁断」

永続魔法

(1):自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):1ターンに1度、カード名を1つ宣言し、 相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。 そのセットされたカードをお互いに確認し、宣言したカードだった場合、そのカードを除外する。 違った場合、自分フィールドのカード1枚を選んで除外する。

女神3姉妹の1枚で、1つ目の効果は「ワルキューレ」モンスターに耐性を与える事が出来る効果。

2つ目は相手のセットされたカードを当てる事で、相手のセットカードを除外出来る効果ですが、外れると自分フィールドのカードを1枚除外しなくては行けません。

基本的に「女神スクルドの託宣」「女神ヴェルダンディの導き」「操作した相手のデッキトップを強制的にセットさせ、それを除外する」といったコンボで使用します。

女神ヴェルダンディの導き

永続魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):このカードの発動時の効果処理として、 自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合には、 デッキから「女神ウルドの裁断」1枚を手札に加える事ができる。

(2):1ターンに1度、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。 相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、 宣言した種類のカードだった場合、相手はそのカードを自身のフィールドにセットする。 違った場合、またはセットできない場合、相手はそのカードを手札に加える。

女神3姉妹カードの1枚で1つ目の効果で、女神3姉妹の1枚「女神ウルドの裁断」をサーチ出来ます。

2つ目の効果は相手にアドバンテージを与えてしまいますが、上記で解説した

「女神スクルドの託宣」「女神ヴェルダンディの導き」「操作した相手のデッキトップを強制的にセットさせ、それを除外する」といったコンボを成立させる為のコンボとなります

女神スクルドの託宣

永続魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、 自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合には、 デッキから「女神ヴェルダンディの導き」1枚を手札に加える事ができる。

(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 相手のデッキの上からカードを3枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

女神3姉妹の1枚で、1つ目の効果は女神3姉妹の1枚である「女神ヴェルダンディの導き」をサーチ出来ます。

2つ目の効果は相手のデッキトップを操作する効果で、「女神スクルドの託宣」「女神ヴェルダンディの導き」のコンボでこの効果が重要になります。

フライアのリンゴ

通常罠

(1):自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数まで相手の墓地のカードを対象として発動できる。 そのカードを除外する。

(2):セットされているこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。 自分は自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数+1枚をデッキからドローする。

1つ目の効果は自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数まで相手の墓地のカードを除外出来ます。

2つ目の効果はセットされているこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動でき、 自分は自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数+1枚をデッキからドローする事が可能です。

1つ目はシンプルな効果ですが、相手の墓地に干渉出来るので、時として相手の妨害として役に立ちます。

2つ目の効果は相手依存になるものの、コチラに「ワルキューレ」モンスターが多ければ、アドバンテージを多く取ることも可能です。

「ローゲの焔」

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、自分フィールドに「ワルキューレ」モンスターが存在する限り、 攻撃力2000以下の相手モンスターは攻撃できない。

(2):このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。 手札・デッキからレベル5以上の「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。

1つ目の効果は相手の攻撃力2000以下のモンスターの攻撃を封じる効果

2つ目はこのカードが相手の効果で破壊された場合に 手札・デッキからレベル5以上の「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する効果です。

1つ目の効果はリンク環境に入ってからは2000の攻撃力を超える事が比較的に簡単になってしまい、役に立つ盤面が限られて来ます。

2つ目の効果も「やぶ蛇」の方が強力と言ってしまえば、強力ですので、正直使いどころが難しいところです。

海外からの問題児が日本に来日「未海域」

未界域のジャッカローブ

効果モンスター 星3/闇属性/獣族/攻 500/守2000 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。 それが「未界域のジャッカロープ」以外だった場合、 さらに手札から「未界域のジャッカロープ」1体を特殊召喚し、 自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。 デッキから「未界域のジャッカロープ」以外の「未界域」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

海外で環境を取り、すでに問題になっているテーマ群です。

1つ目の効果は「未界域」の共通の効果で、手札のこのカードを見せ、それが見せたカードと同名以外のカードであれば、同名カードを特殊召喚し、1枚ドローできる共通効果。

2つ目は手札から捨てられた時に、このカードと同名以外の「未界域」をモンスターを特殊召喚することが出来ます。

1つ目の効果を使えば、必ず「未界域」を特殊召喚出来る上に、闇属性なので「ダーク・グレファー」で特殊召喚出来る点など、すでに問題になっております。

未界域のビックフット

効果モンスター 星8/闇属性/獣族/攻3000/守 0 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「未界域のビックフット」以外だった場合、 手札から「未界域のビックフット」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合、 相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

1つ目の効果は「未界域」共通効果であり、ディスアドバンテージになりにくい効果を持っている上に、2つ目の効果はこのカードが墓地に落ちた場合に相手のモンスターを破壊出来るので、「ダーク・グレファー」などで墓地に落とせば除去カードとなります。

またレベル8モンスターなので、「トレードイン」に対応している上に、守備力0なので「悪夢再び」にも対応しております

スポンサーリンク

未界域のネッシー

効果モンスター 星7/闇属性/水族/攻1600/守2800

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「未界域のネッシー」以外だった場合、 手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。 デッキから「未界域」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

2つ目の固有効果は「未界域」をサーチできる効果です。

こちらも手札から墓地に送るだけで、サーチカードとなるので非常に使いやすく、複数枚デッキに採用が見込めるモンスターです。

攻撃力が低いので「未界域のジャッカローブ」のリクルート効果で壁モンスターとして運用するのも手です。

未界域のチュパカブラ

効果モンスター 星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 400 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「未界域のチュパカブラ」以外だった場合、 手札から「未海域のチュパカブラ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合、 「未界域のチュパカブラ」以外の自分の墓地の「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

「未界域」デッキは積極的に墓地にモンスターが増えるので、2つ目の固有効果が非常に使いやすい点でこのカードの効果は優秀です。

未界域のサンダーバード

日本語訳 効果モンスター 星8/闇属性/鳥獣族/攻2800/守2400 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「未界域のサンダーバード」以外だった場合、 手札から「未界域のサンダーバード」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合、 相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

このモンスターも「未界域のビックフット」同様にレベル8モンスターなので「トレードイン」に対応しています。

またこのカードは鳥獣族・闇属性であり、手札を捨てることが出来るので「シムルグ」デッキとも相性が良い点も個人的には注目点です!

2019年4月13日に発売したライジング・ランペイジで「シムルグ」が新たにカテゴリー化しました! 「シムルグ」はストラ...

未界域のワーウルフ

効果モンスター 星7/闇属性/獣戦士族/攻2400/守1000 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「未界域のワーウルフ」以外だった場合、 手札から「未界域のワーウルフ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。 相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。

相手モンスター全体の攻撃力を1000ダウンさせることが出来るので、相手のバトルフェイズでこのカードを捨てることが出来れば、相手の攻撃に対してカウンターを撃つことが可能です。

「未界域」を大量展開し、このカードの効果を使うことで、ゲームエンドに持っていくことも可能です。

未海域のモスマン

日本語訳 効果モンスター 星4/闇属性/昆虫族/攻1800/守 400 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。 相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。 この効果で捨てたカードが「未界域のモスマン」以外だった場合、 手札から「未界域のモスマン」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。 お互いのプレイヤーはデッキから1枚ドローする。 その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで捨てる。

固有効果はお互いのプレイヤーがドローし、その後手札を1枚捨てるといった効果です。

手札を捨てることが出来るので、「未界域」の2つ目の効果に繋げやすいのですが、相手のデッキによっては相手にアドバンテージを与えてしまう可能性が高いので注意が必要です。

未界域のツチノコ

効果モンスター星3/闇属性/爬虫類族/攻1300/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のツチノコ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のツチノコ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

2つ目の効果は手札から捨てられた時に特殊召喚できる効果です。

「未界域」デッキであれば、特殊召喚は非常に容易であり、海外ではすでに準制限入りになっているモンスターです。

未界域のオゴポゴ

効果モンスター星8/闇属性/海竜族/攻1200/守3000

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが「未界域のオゴポゴ」以外だった場合、さらに手札から「未界域のオゴポゴ」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。

(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから「未界域のオゴポゴ」以外の「未界域」カード1枚を墓地へ送る。

2つ目の効果はデッキから好きな「未海域」カードを墓地に送ることの出来る効果です。

「未界域」は墓地を使う頻度が高いので、この効果は非常に優秀で、このカードで墓地に落としたモンスターは「未界域のチュパカブラ」で蘇生させると良いでしょう。

またこのカードもレベル8モンスターなので「トレードイン」のコストにすることが出来ます。

未界域ーユーマリア大陸

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドの「未界域」モンスターは特殊召喚されたターンには相手の効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードが自分フィールドに表側表示で存在する限り、
その自分のモンスターは直接攻撃でき、攻撃対象にされない(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる。)。

「未界域」フィールド魔法で、1つ目の効果は特殊召喚した「未界域」モンスターを相手の効果から守る効果です。

2つ目は「未界域」モンスター1体を攻撃対象から守りながら、対象に選んだモンスターは相手に直接攻撃できます。

2つ目の効果で対象に取りたいモンスターは攻撃力の高い「未界域のビックフット」などが候補に上がります。

未界域の危険地帯

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分はデッキから3枚ドローする。その後、手札から「未界域」カード1枚以上を含むカード2枚を捨てる。手札に「未界域」カードが無い場合、手札を全て公開し、デッキに戻す。

デッキから3枚ドローし、手札から「未界域」カードを1枚以上含み2枚カードを捨てる効果を持っております。

デメリットはあるものの罠カードなので、相手ターンに「未界域」モンスターを捨てることで、相手ターンで「未界域」モンスターの2つ目の効果を適用させることが出来ます。

未界域の調査報告

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「未界域」モンスター1体とフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札から「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。このカードをデッキの一番下に戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

1つ目の効果はフィールドのモンスターを手札に戻しつつ自分の「未界域」モンスターをバウンス出来るので、1つ目の効果を再利用することが出来ます。

2つ目の効果も、手札の「未界域」モンスターを捨てつつ、このカードをデッキの1番下に戻し、1枚ドロー出来るなど非常に優秀な魔法カードです。

第二次未界域探検隊

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨て、自分フィールドの「未界域」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで500アップする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札から「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。このカードをデッキの一番下に戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。

1つ目の効果の上昇値は高くは無いものの、フリーチェーンで「未界域」モンスターを手札から捨てられる点で優秀です。

2つ目の効果は「未界域の調査報告」と一緒の効果になります。

魅惑の未界域

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札からレベル5以上の「未界域」モンスター1体を捨てて発動できる。デッキからレベル4以下の「未界域」モンスター1体を手札に加える。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「未界域」モンスターしか特殊召喚できない。

手札からレベル5以上の「未界域」モンスター1体を捨てて発動でき、デッキからレベル4以下の「未界域」モンスター1体を手札に加える効果を持つ魔法カードです。

この効果で捨てた「未界域」モンスターの効果を使いつつ、サーチできる効果は魅力的ですが、この効果を使ってしまうと、特殊召喚に制限がかかってしまうので、このカードの効果を使う場合は、状況の判断が重要になります。

未界域捕縛作戦

装備魔法

「未界域」モンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターの攻撃力・守備力は800アップし、効果では破壊されない。
(2):装備モンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

1つ目の効果は攻守が800と上昇値も高く、効果耐性を得ることが出来ます。

「未界域ーユーマリア大陸」と合わせることで、強固な耐性となります。

攻撃力の高い「未界域」モンスターに装備すると、耐性を持った攻撃力の高い2回モンスターとなります。

未界域の歓待

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):デッキから「未界域」モンスター3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。

そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りのモンスターはデッキに戻す。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

デッキから好きな「未界域」モンスターをランダムに特殊召喚できる効果をも持つ罠カードです。

デッキから特殊召喚出来る点は、優秀ですが確実性に欠ける上にデメリットがあるので、採用枚数は良く考えた方が良いでしょう。

激動の未界域

フィールド魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の「未界域」モンスターが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。

(2):自分の墓地から「未界域」魔法・罠カード3種類を1枚ずつ除外して発動できる。フィールドのカードを全て破壊する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「未界域」モンスターしか特殊召喚できない。

1つ目の効果は戦闘で「未界域」モンスターが戦闘で破壊された時にそのモンスターを道連れにする効果。

2つ目は墓地から「未海域」魔法・罠カードを3種類を1枚ずつ除外する事で、フィールドのカードを全て破壊することが出来ます。

1つ目の効果はやや受け身であるものの、自爆特攻でも効果を発動することが出来るので、その様な運用も視野に入れると良いでしょう。

2つ目の効果は、コストとして3種類の「未界域」魔法・罠カードを要するので、序盤では使いにくいものの、中盤から後半の墓地が溜まった時には、効果を発動することが出来ます。

基本的に盤面をリセットしつつ、上手くいけば1キルも視野に入れることが出来るでしょう。

「未界域-ユーマリア大陸」と場所の取り合いになるので、盤面で使い分けると良いかと思います。

スポンサーリンク

時間泥棒「クロノ・ダイバー」

クロノダイバー・リダン

エクシーズ・効果モンスター ランク4/闇属性/サイキック族/攻2400/守2000 レベル4モンスター×2 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。 相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。

(2):自分・相手ターンに発動できる。 このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。 その後、以下を適用する。 ●モンスター:このカードをエンドフェイズまで除外する。 ●魔法:自分はデッキから1枚ドローする。 ●罠:相手フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主のデッキの一番上に戻す。

海外で先行販売したテーマである「タイム・シーフ」が日本に来日しました。

ランク4であり、相手のデッキの上のカードをエクシーズ素材にすることができ、2つ目の効果は素材の種類まで取り除くことで、取り除いた素材の種類によって効果が変わります。

相手のデッキのカードを素材に出来る上に、攻撃力も高いので、汎用性ランク4モンスターとして優秀です。

クロノダイバー・リューズ

効果モンスター

星4/闇属性/サイキック族/攻1800/守1300

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのX素材を1つ取り除いて発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。

デッキから「クロノダイバー・リューズ」以外の「クロノダイバー」カード1枚を手札に加える。

1つ目の効果は「クロノダイバー」デッキに限らず、エクシーズ召喚を主軸にしているテーマであれば、採用が検討できる優秀なモンスターです。

2つ目の効果はこのカードと同名以外の「クロノダイバー」カードを1枚をサーチ出来るので、「クロノダイバー」デッキであれば、3枚デッキに入れたいモンスターです。

クロノダイバー・ベゼルシップ

効果モンスター

星4/闇属性/機械族/攻1000/守2000

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードをリリースし、自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。

相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのX素材を1つ取り除いて発動できる。

このカードを特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

1つ目の効果は相手のカードであれば、種類は問わないので、「クロノダイバー・リダン」の発動したい効果の種類のカードを素材にすると良いでしょう。

また相手ターンでも発動出来るので、相手が墓地のカードを対象にした場合にこのカードの効果でチェーン発動するのも良いでしょう。

2つ目の効果はこのカードが墓地に存在する時に自分フィールドのエクシーズ素材を1つ取り除くことで、特殊召喚出来る効果です。

「クロノダイバー・リダン」が採用出来るランク4デッキであれば、このカードの採用は非常に有力です。

スポンサーリンク

クロノダイバー・レギュレーター

効果モンスター

星4/闇属性/機械族/攻 600/守 200

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、このカードをリリースして発動できる。

デッキから「クロノダイバー・レギュレーター」以外の「クロノダイバー」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分のXモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。

このカードを特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

1つ目の効果はこのカード以外自分フィールドにモンスターがいない時にこのカードをリリースすることで、このカードと同名以外の「クロノダイバー」モンスターを2体をデッキから特殊召喚出来ます。

1つ目の効果は好きな「クロノダイバー」をデッキから特殊召喚しつつ、エクシーズ召喚とリンク召喚に必要な素材を確保することが出来ます。

2つ目の効果は自分のXモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる効果で、このカードを特殊召喚する効果です。

2つ目の効果は受け身になるか、自爆特攻で効果を発動する為、おまけ程度に思っても良いかも知れません。

クロノダイバー・ハック

永続魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、

自分フィールドのXモンスターは特殊召喚したターンには、

相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、そのX素材の数×300アップする。

さらにそのモンスターが、元々の持ち主が相手となるカードをX素材としている場合、

このターンそのモンスターは直接攻撃できる。

1つ目の効果はエクシーズ召喚を主軸にしたデッキであれば、他にも採用が検討出来る優秀な効果を持っております。

2つ目はエクシーズ素材の素材の数×攻撃力を300アップする効果を持っており、「クロノダイバー・リダン」以外にもエクシーズモンスターを重ねることの出来るモンスターと相性が良いです。

また2つ目の効果は「クロノダイバー・リダン」の他「No.101 S・H・Ark Knight」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」と相性が良いです。

クロノダイバー・フライバック

通常罠

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。

手札・デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。

相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

1つ目の効果は「クロノダイバー」エクシーズモンスターのエクシーズ素材を補給出来る効果で、種類は問わないので、好きな「クロノダイバー」カードを素材に出来る非常に優秀なカードです。

2つ目の効果は墓地にのこのカードを除外することで、相手の墓地のカードをエクシーズ素材にすることが出来る効果です。

罠カード故に遅さはあるものの、いずれの効果も「クロノダイバー・リダン」と非常に相性が良く、前向きに採用を検討したいカードです。

クロノダイバー・パーペチュア

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/闇属性/サイキック族/攻1900/守2500

レベル4モンスター×2

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除き、

「クロノダイバー・パーペチュア」以外の自分の墓地の

「クロノダイバー」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを特殊召喚する。

(2):このカード以外の自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。

デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、

対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

この効果は相手ターンでも発動できる。

日本での新規「クロノダイバー」エクシーズモンスターです。

1つ目の効果は、自分・相手のスタンバイフェイズ時にこのカードのエクシーズ素材を取り除いて、同名以外の「クロノダイバー」モンスターを特殊召喚出来る効果。

2つ目はこのカード以外の「クロノダイバー」エクシーズモンスターを選択しらデッキから「クロノダイバー」カードをエクシーズ素材にすることが出来ます。

1つ目の効果で蘇生の候補となるのは、特殊召喚時に「クロノダイバー」カードをサーチ出来る「クロノダイバー・リューズ」

このカードの2つ目の効果でエクシーズ素材を補充出来る点を活かして「クロノダイバー・リダン」などが候補になります。

「クロノダイバー・リダン」の様に、相手を妨害する効果では無く、こちらは「クロノダイバー」をサポートする役割を持ったエクシーズモンスターという印象です。

他のランク4と使い分けてこのカードを使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

「聖騎士」関連

神聖騎士王コルネウス

エクシーズ・効果モンスター ランク4/光属性/戦士族/攻1500/守2500 レベル4「聖騎士」モンスター×2体以上

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、 その数だけ相手フィールドのカードを対象として発動できる。 そのカードを持ち主の手札に戻す。

(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。 「神聖騎士王コルネウス」以外の「聖騎士」XモンスターをX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、 墓地のこのカードを下に重ねてX素材とする。

召喚条件はレベル4「聖騎士」モンスター2体以上なので、エクシーズ素材にする数に制限は無いので、多ければ1つ目のバウンス効果を使うのに、役に立ちます。

2つ目の効果は戦闘・効果で破壊されても、このカードを素材にエクストラデッキから同名以外の「聖騎士」モンスターをエクシーズ召喚扱いでエクシーズ召喚出来ます。

バウンス効果自体が非常に使いやすいの上に、後続に繋げることが出来る効果は、非常に優秀で、「聖騎士」デッキであれば、複数枚採用しても良いモンスターです。

聖騎士ペリノア

効果モンスター

星4/光属性/戦士族/攻1900/守500

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードに装備されている「聖剣」装備魔法カード1枚と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのカードを破壊する。その後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果の発動後、ターン終了時までこのカードは攻撃できない。

破壊された場合に再利用出来る「聖剣」装備魔法を選べば、損失を無くすことが可能です。

またこの効果を使うとこのカードは攻撃出来なくなるので、各種素材に使うと良いでしょう。

聖騎士イヴァン

効果モンスター

星4/光属性/戦士族/攻1700/守1600

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備しした場合に発動できる。自分フィールドに「聖騎士トークン」(戦士族・光・星4・攻/守1000)1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「聖騎士」モンスターしか特殊召喚できない。

(2):このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備している限り、このカード以外の自分フィールドの「聖騎士」モンスターの攻撃力は500アップする。

1つ目の効果は「聖剣」装備魔法を装備している時にトークンを特殊召喚出来る効果。

2つ目が「聖剣」装備カードを装備している時にこのカード以外の「聖騎士」の攻撃力を500アップする効果を持ちます。

1つ目の効果を使うことで、「聖騎士」モンスターしか特殊召喚出来なくなりますが、この効果を使うことで「聖騎士の追想イゾルデ」をリンク召喚することが可能です。

スポンサーリンク

聖騎士コルネウス

効果モンスター

星4/光属性/戦士族/攻1000/守2000

このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

①:自分フィールドに「聖剣」装備魔法カードが存在する場合、このカードを手札から特殊召喚できる。

②:フィールドのこのカードを素材としてS・X・リンク召喚した「聖騎士」モンスターは以下の効果を得る。

この特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにモンスター1体を召喚できる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「聖騎士」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

1つ目の効果は「聖剣」装備カードがある時にこのカードを特殊召喚できる効果。

2つ目はS・X・リンク召喚した「聖騎士」モンスター場合にモンスターを通常召喚出来る効果を得ることが出来ます。

特殊召喚しやすい「聖騎士」モンスターである上に、2つ目の効果は展開力にも優れており、召喚なので「聖騎士の三兄弟」とも相性が良いです。

アヴァロンの魔女モルガン

効果モンスター

星3/闇属性/魔法使い族/攻1300/守1600

このカード名の効果は1ターンに1度しか発動できない。

(1):自分フィールドに「聖騎士」モンスター及び「聖剣」装備魔法カードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。自分フィールドの「聖剣」装備魔法1枚を選んで破壊し、その発動を無効にする。

自分フィールドに「聖騎士」モンスター及び「聖剣」装備魔法カードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、このカードを墓地に送ることで、自分フィールドの「聖剣」装備魔法1枚を選んで破壊してその効果を無効化出来ます。

発動条件はやや厳しいものの、無効にする先が幅広いのが特徴です。

また最大の特徴としてこのカードの効果はダメージステップ時にも発動可能となります。

スポンサーリンク

聖剣クラレント

装備魔法

戦士族モンスターにのみ装備可能。

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:「聖剣クラレント」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

②:1ターンに1度、500LPを払って発動できる。このターン、装備モンスターは直接攻撃できる。

③:フィールドの表側表示のこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの戦士族の「聖騎士」モンスター1体を対象として発動できる。その自分の戦士族の「聖騎士」モンスターにこのカードを装備する。

1枚しか存在出来ないものの、500ライフ払えば相手に直接攻撃が可能な装備カードです。

詰めの一手としては最適なカードであり、破壊されても装備先さえいれば、再利用出来るので、便利なカードと言えます。

聖杯の継承

通常魔法

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか発動できない。

(1):デッキ・墓地から「聖騎士」モンスター1体または「聖剣」装備魔法カード1枚を手札に加える。

(2):このカードが墓地に存在し、「聖剣」装備魔法カードを装備した「聖騎士」モンスターが戦闘で破壊され墓地に送られた時に発動できる。このカードを手札に加える。

1つ目の効果は「聖騎士」モンスター「聖剣」カードをサーチ又はサルベージ出来る効果

2つ目は墓地に存在する時に、条件を満たせばサルベージ出来る効果を持ちます。

サーチカードとしてシンプルに優秀なカードであり、3枚デッキ入れたい優秀なカードです。

聖剣の導く未来

通常罠

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか発動できない。

(1):自分フィールドの「聖剣」装備魔法カードと同じ数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。その中から1枚を選んで手札に加え、残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。

(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。フィールド・墓地に存在しない「聖騎士」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

1つ目の効果は「聖剣」装備魔法が多いほどカードをめくる枚数が増え、手札に入れたいカードを選べます。

2つ目は墓地のこのカードを除外することで、フィールド・墓地に存在しない「聖騎士」モンスターをデッキから特殊召喚出来ます。

どちらの効果も便利であり、2つ目の効果は、素材を調達したい時に非常に役に立つ効果です。

スポンサーリンク

「忍者」関連

忍者マスター SAIZO

リンク・効果モンスター リンク2/光属性/戦士族/攻2000

【リンクマーカー:左下/右下】

「忍者」モンスター2体 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、 このカードは攻撃対象にならず、相手の効果の対象にもならない。

(2):自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「忍法」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

海外先行で登場した「忍者」リンクモンスターがエクストラパック2019で来日しました!

「成金忍者」など「忍者」には展開手段が豊富なので出しやすい点と、1つ目の効果は、このカードの場持ちを良くしてくれます。

また2つ目の効果はデッキから「忍法」魔法・罠カードを伏せることが出来るので、状況によっての対応力も高い点もこのカードの魅力です。

またこちらでは、海外先行で登場したこのカードの考察とこのカードを使った「忍者」デッキレシピの紹介を行っております↓

皆さん突然ですが忍者は好きですか? 私は変化したり、色々な忍法を使う忍者が大好きです! エクストラパック...
8/17発売(海外)、Shadows in Valhallaに収録される、海外先行で、新たに忍者が新規で登場することが分かりました!...

黄色い忍者(イエローニンジャ)

効果モンスター

星4/風属性/戦士族/攻1900/守1800

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。手札からレベル4以下の「忍者」モンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「忍者」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

召喚かリバースした時に手札からレベル4以下の「忍者」モンスターを表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚することが出来ます。

「忍者マスターHANZO」と相性が良く、展開力に優れている効果を持っております。

制約の関係でエクストラデッキからは「忍者」しか特殊召喚出来なくなるものの、同じく収録される「忍者マスターSAIZO」が存在するのでそちらなどの召喚を狙っていきましょう。

黄竜の忍者

効果モンスター

星8/風属性/恐竜族/攻3000/守1500

このカードは「忍者」モンスターまたは「忍法」カードの効果でしか特殊召喚できない。

(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「忍者」モンスター1体と「忍法」カード1枚を墓地へ送り、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。

この効果は相手ターンでも発動できる。

最上級「忍者」モンスターで特殊召喚条件は、最上級「忍者」モンスターと共通です。

攻撃力自体は高いものの、「超忍法変化の術」で呼び出すのであれば、他のモンスターも候補があるので、立ち位置的にはやや厳しいモンスターであります。

隠れ里-忍法修練の地

フィールド魔法

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに「忍者」モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合、自分の墓地の、「忍者」モンスター1体または「忍法」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

(2):自分フィールドの、「忍者」モンスターまたは「忍法」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地の「忍者」モンスター1体を除外できる。

「忍者」専用のフィールド魔法カードで、1つ目の効果が「忍者」の召喚・反転召喚・特殊召喚で自分の墓地の「忍者」モンスターか「忍法」魔法・罠カードを回収出来ます。

2つ目の効果は自分の「忍者」モンスターまたは「忍法」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合に、代わりに墓地の「忍者」モンスターを除外することができる効果です。

「忍者」デッキであればどちらの効果も優秀な効果であり、タイムラグはあるものの、「忍者」モンスター「忍法」魔法・罠カードを回収できる点は優秀な効果となっております。

2つ目の効果も「忍者」モンスターと「忍法」カードの場持ちが良くなります。

ただし1つ目の効果と2つ目の効果の相性は悪いので、除外するカードを選ぶのは注意が必要です。

忍法-妖変化の術

永続罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドの「忍者」モンスター1体をリリースし、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。このカードがフィールドに表側表示で存在する限り、この効果で特殊召喚したモンスターは「忍者」モンスターとして扱う。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは墓地へ送られる。

新規「忍法」カードで、相手の墓地のカードを特殊召喚でき、そのモンスターを「忍者」モンスターとして扱う事が出来ます。

相手依存にはなるものの、奪ったモンスターは忍者カードとして扱えるので各種「忍法」カードのコストに使う事が出来たり、「忍者マスターSAIZO」のリンク素材にする事が出来ます。

また相手が墓地のモンスターを対象に取った時にこのカードをチェーンするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

「ネオスペーシアン」関連

コンタクト・ゲート

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地から「N(ネオスペーシアン)」モンスター2種類を1体ずつ除外して発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果を発動したターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの表側表示の、「E・HERO ネオス」を融合素材とする
融合モンスターがフィールドからEXデッキに戻った場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
除外されている自分の「N(ネオスペーシアン)」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

1つ目の効果は「N」を2種類除外することで、手札・デッキ・墓地から「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を選んで特殊召喚することが出来ます。(同名カードは1枚まで)

複数枚「N」を積む必要性が出てきますが、「E・HERO ネオス」に必要な融合素材を2体準備することが出来ます。

2つ目の効果は「E・HERO ネオス」を素材にした融合モンスターがエクストラデッキに戻った時に、コストに使った「N」を特殊召喚することが出来ます。

「N」が墓地に落ちている必要がある為、複数枚積んでしまうと、事故要因になってしまいますが、デッキに1枚程度入れておくと、役に立つカードです。

「極神」関連

極星霊アルヴィース

効果モンスター 星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1000

このカード名の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。

(1):このカードのみが「極星」リンクモンスターの効果で除外された場合に発動できる。 レベルの合計が10になるように、自分フィールドの「極星」モンスター1体とデッキの「極星」モンスター2体を墓地へ送り、 EXデッキから「極神」モンスター1体を特殊召喚する。

(2):自分の「極神」モンスターが相手によって墓地へ送られた場合、 墓地のこのカードを除外して発動できる(ダメージステップでも発動可能)。 EXデッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「極神」モンスター1体を特殊召喚する。

1つ目の効果は「極星天グルヴェイグ」で除外することで、効果を発動することができ、自分フィールドの「極星」モンスター1体とデッキの「極星」モンスター2体を墓地へ送り、エクストラデッキから「極神」モンスター1体を特殊召喚することが出来ます。

この効果で特殊召喚した「極神」モンスターはシンクロ召喚扱いでは無いので、蘇生効果は使えませんが、このカード含め、デッキから「極星」モンスターをデッキから墓地に落とすだけで「極星」が特殊召喚できる点は優秀です。

またカードの効果はチューナーなどの指定がないのも強みです。

2つ目の効果はデュエル中1度しか使えないものの、墓地に存在しない「極神」を特殊召喚出来る効果で、これもリカバリーを効かせた効果になっており、優秀です。

「壊獣」関連

対壊獣用決戦兵器メカサンダー・キング

特殊召喚・効果モンスター

星8/光属性/機械族/攻   ?/守2000

このカードは通常召喚できない。

相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。

(1):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(2):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。

自分の手札・墓地から「壊獣」モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

(3):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備した「壊獣」モンスターの元々の攻撃力分アップする。

1つ目は「壊獣」共通の自分フィールドに1体しか存在できない効果。

2つ目の効果は壊獣カウンターを2つ取り除くことで自分の手札・墓地から「壊獣」モンスターを装備できる効果。

3つ目は装備した「壊獣」モンスターの攻撃力分攻撃力が上がります。

基本的には「壊獣」を多く採用しているデッキでの運用が主になるでしょう。

スポンサーリンク

その他のカード

ディメンション・アトラクター

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2200
(1):自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。この効果は相手ターンでも発動できる。

こちらもつい最近、海外で先行で紹介されたカードの1枚です。

発動タイミングが限られては来るものの、使うことが出来れば、非常に高いメタ性能を発揮できるモンスターです。

こちらでは、このカードの考案と考察を詳しく行っております!

海外の遊戯王であるTCGにプロモーションカードが3種類登場する情報がありました。 今回のプロモーションカードはGold Sar...

ノーマテリア

効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻   0/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにカードが存在せず、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
このカードを手札から捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。
海外で先登場した手札誘発モンスターが日本に来日しました。
発動条件の関係上、発動できる盤面は限られて来ますが、相手がモンスターを特殊召喚に成功した場合に相手フィールドのモンスター1体をリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない様にします。
フィールドにカードが残らないデッキであれば、このカードの採用は十分に検討出来る上に、相手の動きを制限出来る点は優秀なモンスターです。
またこちらでは海外で先行登場したこのカードが汎用性に優れているのかの考案と考察も行なっております!
2019年5月2日に発売予定の海外版ダーク・ネオストームにて、海外先行で収録されるカードのいくつかの情報が判明しました。 ...

原始生命態ニビル

効果モンスター

星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。

自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。

その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。

このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。

この効果は相手ターンでも発動できる。

海外で先行登場した1枚が、エクストラパック2019で登場しました,。

相手モンスターを全てリリース出来る強力効果を持ち合わせており、相手ターンでも使える非常除去能力が高いモンスターです。

リリースしたモンスターが多いほど、相手のフィールドに召喚されるトークンの攻撃力が上がりますが、そこをどうしていくかがこのカードを使う点で鍵になります。

岩石族なので「御影志士」でサーチできる点も嬉しいところです。

冥王結界波

通常魔法 このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。

(1):相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。 このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

このカードに対してモンスターの効果を発動できない効果を持っており、相手の表側表示のモンスターの効果を全てターン終了時まで無効にする効果を持っており、このカードを発動したターン相手が受けるダメージは0になる効果を持っております。

モンスターで制圧するデッキに対しては有効なものの、そうでないデッキであれば、通常魔法ということもあり、使う盤面が限られてきます。

また、デメリットであるこのターンのダメージ0になる効果があるので、このカードを使うと、トドメを刺すことが困難になるのも欠点です。

どちらかといえば、サイドデッキに1枚入れておくカードでしょう。

ドロドロゴン

海外で先行登場したモンスターで、レベル6シンクロモンスターで、融合素材の代わりになる事が出来る効果と融合素材になるこのカードを含むカードを墓地に送る事で、そのモンスターをエクストラデッキから融合召喚する事が出来ます。

シンクロと融合を使うテーマであれば、このカードの強さは最大限に活かす事が可能です。

コチラでは海外先行で登場した時の「ドロドロゴン」が活かせるデッキと考案と考察を行なっております!

2019年5月2日に発売予定の海外版ダーク・ネオストームにて、海外先行で収録されるカードの情報が判明しました。 誤訳が...

一点着地

永続魔法

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分または相手の手札から自分フィールドに、 モンスター1体のみが特殊召喚された場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。

(2):自分ターンにこのカードの(1)の効果でドローしていない場合、 そのターンのエンドフェイズにこのカードは墓地へ送られる。

1つ目の効果は自分または相手の手札から自分フィールドに、 モンスター1体のみが特殊召喚された場合に発動でき、 自分はデッキから1枚ドローする効果

2つ目の効果は自分ターンにこのカードの(1)の効果でドローしていない場合、 そのターンのエンドフェイズにこのカードは墓地へ送られる効果です。

1つ目の効果は手札で入れ替わる「ドラゴンメイド」「U・A」と相性が良く、安定して手札の枚数をキープしつつ、特殊召喚出来るデッキに採用したいカードであります。

スポンサーリンク

蛇龍の枷鎖

通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手のフィールド・墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのリンクマーカーの数だけ自分はデッキからドローする。 その後、自分の手札が2枚以上の場合、その内の2枚を選んで好きな順番でデッキの一番下に戻す。

効果は相手依存になるものの、相手のフィールド・墓地のリンクモンスターのリンク数デッキからドローし、2枚以上ドローした場合、手札を2枚デッキの下に戻します。

対処に取りたいのはやはり、リンク4以上のモンスターです。

手札を2枚デッキに戻すデメリットはあるものの、逆に考えれば手札に来て欲しく無いカードをデッキに戻せるので、その様なカードを採用しているのであれば、1枚デッキに入れておいても面白いかと思います。

Consolation Prize!「廃車復活」

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):モンスターが手札から墓地へ送られた場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

手札からモンスターが墓地に送られた時に自分フィールドにそのモンスターを特殊召喚する事が出来ます。

手札をコストにするカードや相手が手札誘発モンスターを使った際に、チェーンして発動する形になるでしょう。

相手モンスターも蘇生できるものの、相手依存である上に、自分のモンスターを蘇生させたいのであれば、「リビングデットの呼び声」「戦線復帰」の方がフリーチェーンで発動しやすいです。

このカードを採用するのであれば、手札コストを要するカードを入れており、相手の手札誘発に対して対策を練る為の採用がおすすめとなります。

エクストラシークレット枠「大会入賞レプリカ」

・黒衣之詔刀師

・神峰之天津オカミ

スポンサーリンク

まとめ

毎回強力な海外テーマが登場するエクストラパックシリーズですが、今回の目玉は「未界域」であることは間違えないでしょう。

環境テーマである「未界域」を組みたいのであれば、複数箱の購入が望ましいですが、海外では規制がすでにかけられているので、怖いところではあります。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ EXTRA PACK 2019 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする