エクストラパック2018に『アドヴェンデット・セイヴァー』、『ヴェンデット・バスタード』、『リヴェンデッド・エグゼクター』『リヴェンデッド・バース』『ヴェンデット・リユニオン』が新規収録!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エクストラパック2018『アドヴェンデット・セイヴァー』、『ヴェンデット・バスタード』、『リヴェンデッド・エグゼクター』『リヴェンデッド・バース』『リヴェンデッド・リユニオン』の収録が決定しました!

ヴェンデットと言えば最初に登場したものの種類が少なく、単体で組むことは難しいテーマでしたがこの様に種類が増えると嬉しいものですね!

新しく加わった復讐の使者、新規ヴェンデットを早速見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドヴェンデット・セイヴァー

リンク2 闇属性アンデット族・リンク ATK/1600
【リンクマーカー:左下/右下】

アンデット族モンスター2体
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「リヴェンデット・スレイヤー」として扱う。
②:自分の墓地の「ヴェンデット」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
③:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベル×200ダウンする

アンデット族2体でリンク召喚と召喚条件が非常に緩いのがまず最初の特徴です!

同じアンデット族である、ヴァンパイア・サッカーとは状況に応じて、使い分けることができるのは嬉しいですね!

効果も非常に使いやすく、(2)の効果は、ヴェンデットカードならなんでも良い為、儀式魔法をサルベージすることもできます!

この効果で、儀式魔法を使い果して、儀式召喚ができないと言った弱点を補えるのはいいですね!

また(3)の効果は戦闘限定の発動条件であるものの、好きなアンデットを墓地に送れる点は非常に優秀な効果でございます!

ストラクチャーデッキR アンデットワールドで登場する死霊王ドーハースーラを墓地に送れば、相手のモンスターの攻撃力を攻撃力を1600ダウンさせることができるので、戦闘ではほぼ負けない点でも非常に相性の良いカードとなっておりますね!

ヴェンデット・キマイラ 

星5 闇属性
アンデット族・儀式 ATK/2300 DEF/0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分の墓地からアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する。
②:このカードが儀式召喚のためにリリースまたは除外された場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。

ここに新たに復讐の使者が増えましたね!

(1)の効果はフィールドのカードを守れる効果で、墓地からアンデット族を除外することで効果を発動することができます!

(1)の効果は不知火と相性が良いのと、シノビネクロと相性が良いのが特殊ですね!

シノビネクロと合わせればレベル7シンクロをシンクロ召喚する事ができますね!

また(2)の儀式召喚に使用された時に相手の場のモンスターを全ての攻撃力を500下げられる効果も突破力を上げてくれるので無駄がありません!

ヴェンデット・バスタード

星7 闇属性
アンデット族・儀式 ATK/2700 DEF/0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から「ヴェンデット」カード1枚を除外し、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。このターン、相手は宣言した種類のカードの効果を発動できない。
②:儀式召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから儀式モンスター1体を手札に加え、デッキから「ヴェンデット」モンスター1体を墓地へ送る。

スポンサーリンク

(1)の効果はヴェンデットを除外する事で、宣言した種類のカードの効果を封じるもので、安全にとどめを刺したい時などに非常に役に立ちます!

No.16色の支配者ショック・ルーラーからも分かる通り非常に強力なモンスターですね!

また(2)の効果は儀式召喚さえしていればどの様な形でも効果が発動できる点は非常に優秀ですね!

(1)(2)の効果両方とも、強力な効果を持つ優秀なモンスターなのではないでしょうか?

リヴェンデッド・エグゼクター

星8 闇属性
アンデット族・儀式 ATK/3000 DEF/0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「リヴェンデット・スレイヤー」として扱う。
②:儀式召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は他の自分フィールドのカードを効果の対象にできない。
③:儀式召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「ヴェンデット」カード1枚を手札に加える。

フィールドに存在するときにリヴェンデット・スレイヤーとして扱える効果を持っており、自分のこのカード以外のカードを効果の対象にできない、効果耐性を付与させる事ができます!

また手間はかかるものの同名モンスターを2体展開してしまえば、相手はカードを対象に取れなくすると言ったことも可能です!

(3)の効果も後続に繋げることができる為、無駄のない効果となっております!

リヴェンデット・バース

儀式魔法
「ヴェンデット」儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分のデッキから「ヴェンデット」モンスター(1体まで)を墓地へ送り、自分の手札・墓地から「ヴェンデット」儀式モンスター1体を儀式召喚する。この効果で儀式召喚されたモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。

新たな儀式魔法でデッキからもヴェンデットモンスターをリリースできると言った強力な効果を持っております!

ヴェンデット・キマイラをデッキからリリースしてしまえば、相手のモンスターの攻撃力を全て、500下げると言った動きもできます!

ただしデメリットとしましては儀式召喚したモンスターはターンの終了時に破壊されてしまう点は注意が必要です!

デメリットを回避する方法としては、エクストラデッキから特殊召喚できる素材にするといいでしょう!

リヴェンデッド・リユニオン

通常罠
①:手札の「ヴェンデット」儀式モンスター1体を相手に見せる。レベルの合計が見せたモンスターと同じになるように、除外されている自分の「ヴェンデット」モンスターを任意の数だけ選び、裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。その後、その裏側守備表示モンスターを全てリリースし、手札からその儀式モンスターを儀式召喚する。

儀式召喚が行える罠カードで、手札のヴェンデットと同じになる様に除外された自分のヴェンデットを任意の数裏側守備表示で特殊召喚する事ができます!

ヴェンデット自体が除外効果を使用する為、発動条件は比較的に満たしやすいですが、同名モンスターは1体までという制約がやや使い辛さを感じさせてしまいます。

一旦裏側守備表示で特殊召喚しなくてはならない点も、フィールドを開いていなくてはいけない点も注意ですね!

個人的にデッキに入れても1枚、多くても2枚と感じます!

まとめ

リヴェンデット・スレイヤー

エクストラパック2018に新たな復讐の使者、ヴェンデットが新規収録される事が決定しました!

アンデット族でありながら儀式モンスターと非常に個性の強いテーマでありながら、強力なモンスターが多く、今後も新しいヴェンデットモンスターの登場が楽しみですね!

イラストもアメリカの映画の様なカッコイイモンスターやアメリカ映画風のゾンビ映画の様な怖いモンスターが、多くイラストアドも半端ないのもいいですね!

エクストラパック2018のヴェンデットに期待大です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする