リンク3サイバース族に新たな「コード・トーカー」が登場!「デコード・トーカー・エクステンド」の性能や汎用性を考察します!




2019323発売予定のスターターデッキ2019に関する情報が公式から発表されました。

箱の表紙でありデッキのエースであるポジションには「デコード・トーカー・エクステンド」が収録され、その詳細も判明したので性能について考えていきたいと思います。

リンク3モンスター「デコード・トーカー・エクステンド」の考察と考案!

リンク・効果モンスター リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300

【リンクマーカー:上/左下/右下】 効果モンスター2体以上

(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「デコード・トーカー」として扱う。

(2):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。

(3):自分バトルフェイズに、このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。 このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

リンク3の闇属性・サイバース族モンスターで攻撃力は2300、リンク先は上、左下、右下になります。

召喚条件は効果モンスター2体以上です。

効果は3つあり1つ目はこのカードはフィールドに存在する限りカード名を「デコード・トーカー」として扱うという効果。

2つ目はこのカードの攻撃力を自身のリンク先に存在するモンスター×500ポイント上げるという効果。

3つ目は自分のバトルフェイズにこのカードのリンク先のモンスターが戦闘で破壊された場合または墓地へ送られた場合に発動でき、このターン自身は1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できるようになります。

リンク数・属性・種族・攻撃力・リンク先・召喚条件と効果以外の全てが「デコード・トーカー」と同じになっています。ですので、差別化するという意味でも効果の違いが最も重要になってきます。

デコード・エンド

1の効果は自身のカード名を「デコード・トーカー」として扱うというもので、現状「デコード・トーカー」を指定するサポートカードは「デコード・エンド」のみになります。

防御系の効果を持つ「デコード・トーカー」と比べると、こちらの方が「デコード・エンド」を使いやすいというメリットはあります。

2の効果は「デコード・トーカー」と同じくリンク先にモンスターの数によって自己強化出来るというものです。

最大1500の攻撃力上昇が見込めますが、このカードがエクストラモンスターゾーンにいて尚且つその正面に相手モンスターがいなければいけないため過度の期待は禁物です。

3の効果は条件を満たすことで連続攻撃を可能にするというものです。

自分のバトルフェイズ中にリンク先のモンスターが戦闘破壊もしくは墓地へ送られれば良いということなので、普通に使うならリンク先の相手フィールドのモンスターを戦闘破壊すれば攻撃力は500下がるものの追撃が可能になります。

相手フィールドに頼らず能動的にこの効果を使う場合、リンク先のモンスターで自爆特攻するかバトルフェイズ中もしくはフリーチェーンで自分フィールドのモンスターをリリースできるモンスターと組み合わせるというのが挙げられます。

「デコード・トーカー・エクステンド」と相性の良いカードを紹介!

ジュラゲド

「ジュラゲド」

バトルステップ時に手札から特殊召喚でき、フリーチェーンで自身をリリースすることで自分フィールドのモンスターの攻撃力を上げる効果を持ちます。

このカードを「デコード・トーカー・エクステンド」のリンク先に特殊召喚し、効果でリリースすれば「デコード・トーカー・エクステンド」の他のリンク先にモンスターが1体もいなくても「ジュラゲド」の強化により攻撃力33002回攻撃が可能になります。

海亀壊獣ガメシエル

「海亀壊獣ガメシエル」

相手フィールドのモンスターをリリースすることで特殊召喚できる「壊獣」モンスターの中で一番攻撃力が低いモンスターでもあります。

相手フィールドの邪魔なモンスターを除去しつつこのカードを「デコード・トーカー・エクステンド」のリンク先に特殊召喚することで、戦闘破壊後に追撃が可能になります。

リンクリボー(ST18)

「リンクリボー」

自分フィールドのレベル1モンスターをリリースすることで、フリーチェーンで自己蘇生できるリンク1モンスターです。

「デコード・トーカー・エクステンド」のリンク先にレベル1モンスターがいれば、バトルフェイズ中に「リンクリボー」を自己蘇生させることで連続攻撃の条件が満たせます。

また「リンクリボー」がサイバース族である点もサイバース族デッキにおいては親和性高い長所となり得ます。

「デコード・トーカー」と「デコード・トーカー・エクステンド」はどっちが採用率が高そう?汎用性は?

防御寄りな効果を持つ「デコード・トーカー」ですが、リンク先のモンスターをリリースするという点や自身のステータスがそこまで高くないため効果が牽制にもならない場合が多かったです。

それに対して「デコード・トーカー・エクステンド」は攻撃的な効果を持っているため、狙った運用をすればアタッカーとして活躍させることが出来ます。以上のことから「デコード・トーカー」よりも「デコード・トーカー・エクステンド」の方が採用率は高そうです。

とはいえ、「コード・トーカー」デッキにおいてこのリンク先は正直使いにくいというのが欠点になります。

汎用性に関しては前述した「ジュラゲド」等、能動的に「デコード・トーカー・エクステンド」の連続攻撃効果を狙えるデッキであれば採用が検討出来ます。