「炎星」テーマにリンクモンスター登場!「炎星仙-ワシンジン」と相性の良いカードを考え、「炎星」デッキが強化されたのか考察します!

1123日発売のリンクヴレインズパック2「炎星」のリンクモンスター、「炎星仙-ワシンジン」が収録されることが判明しました。

炎属性・獣戦士族で統一されたテーマである「炎星」ですが、リンクモンスターという新たな力によって果たしてデッキは強化されたのか考えていきたいと思います。

「炎星仙-ワシンジン」の効果の考察と運用法の考案

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣戦士族/攻1700
【リンクマーカー:左下/右下】
獣戦士族モンスター2体
自分は「炎星仙-ワシンジン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分が「炎星」モンスターの効果を発動する場合、
自分の手札・フィールドの「炎星」カード及び「炎舞」カードを墓地へ送らずに効果を発動する事もできる。
(2):自分のフィールド・墓地の「炎舞」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、デッキから「炎星」モンスター1体を墓地へ送る。

まずは「炎星仙-ワシンジン」というカードがどのようなステータスと効果を持っているのかおさらいしましょう。

リンクは2で、召喚条件は獣戦士族モンスター2体。リンク先は左下と右下です。

「炎星」モンスターの効果の発動コストとして「炎星」・「炎舞」カードを墓地へ送らずに済むようになる永続効果と、自分フィールドの「炎舞」魔法・罠カード1枚を手札に戻してデッキから「炎星」モンスターを墓地へ送る効果の2つを持ちます。

またこのカードの特殊召喚は1ターンに1度しかできず、2つ目の効果も1ターンに1度しか使用できません。

素材は獣戦士族ですが、効果から察するにほぼ間違いなく「炎星」専用と言えます。

立炎星-トウケイ

1つ目の効果は一部の「炎星」モンスターが持つ「炎星」「炎舞」墓地へ送って発動する効果のコストをなくせます。

暗炎星-ユウシ

主に挙げられるものとしてはフィールドのモンスターを破壊する「暗炎星-ユウシ」や墓地から自身以外の「炎星」モンスターを蘇生できる「微炎星-リュウシシン」等がいます。

ちなみにコストをなくせるのは効果の発動コストのみですので、「威炎星-ヒエンシャク」の特殊召喚条件はなくならない点には気を付けましょう。

2つ目の効果は「炎舞」カードを一度手札に戻すことで発動しなおすことが可能になりつつも「炎星」モンスターの墓地肥やしも出来る便利な効果です。

特に発動処理時にレベル4以下の獣戦士族モンスターをサーチする「炎舞-天キ」と相性が良いため、発動しなおすことで次のターンにまた発動することでサーチが可能になります。

加えて言えば攻撃力が1700ありますので打点として数えることも出来そうです。

炎舞-「天枢」

 

「炎星仙-ワシンジン」の運用方法を1つ紹介させていただきます。

手札に「炎舞-天キ」「炎舞-天枢」「微炎星-リュウシシン」があり、墓地に獣戦士族・炎属性・レベル4モンスターが存在する場合に出来るコンボになります。

「炎舞-天キ」を発動することで「熱血獣士ウルフバーク」(詳しくは後述します)をサーチし通常召喚。

効果により墓地の獣戦士族・炎属性・レベル4モンスターを蘇生し、2体で「炎星仙-ワシンジン」をリンク召喚。

スポンサーリンク

「炎星仙-ワシンジン」2つ目の効果で「炎舞-天キ」を手札に戻し「暗炎星-ユウシ」を墓地へ。

微炎星-リュウシシン

再び「炎舞-天キ」を発動しなおして「微炎星-リュウシシン」をサーチ。

「炎舞-天枢」を発動し、その効果により手札の「微炎星-リュウシシン」を召喚。効果を使って墓地の「暗炎星-ユウシ」を蘇生後、今度は「暗炎星-ユウシ」の効果でフィールドのモンスター1体を破壊します。

結果だけ言えばフィールドのモンスター1体を破壊しながらも、ランク4エクシーズや汎用高リンクモンスターに繋げられる盤面が揃います。

勇炎星-エンショウ

「炎星仙-ワシンジン」の効果で墓地へ送るモンスターを「勇炎星-エンショウ」にすれば魔法・罠カードの除去、ランク4エクシーズモンスターを諦める代わりに「立炎星-トウケイ」にすれば「炎星」モンスターのサーチと「炎舞」魔法・罠カードを自分フィールドにセットする効果の両方が使えます。

「炎星仙-ワシンジン」と相性の良いカードは?

熱血獣士ウルフバーク

「熱血獣士ウルフバーク」

前述したコンボでも使用しましたが、1ターンに1度墓地の獣戦士族・炎属性・レベル4モンスターを効果を無効にして蘇生する効果を持ちます。

「炎星仙-ワシンジン」の素材が獣戦士族モンスターなためこのカード1枚でリンク召喚に繋げられるのは利点です。

輪廻天狗

「輪廻天狗」

フィールドから離れた時に同名モンスターを出せる獣戦士族モンスターです。

簡単に後続を出せるのでリンク召喚がしやすくなります。これから先にリンク1の獣戦士族モンスターが登場すれば「輪廻天狗」1体で「炎星仙-ワシンジン」に繋げることも可能になるので期待しましょう。

幻獣の角

「幻獣の角」

自分フィールドの獣族・獣戦士族モンスターに装備できる罠カードです。

罠カードなため発動するタイミングが遅いですが攻撃力800アップは大きく、更に装備モンスターが戦闘でモンスターを破壊したときに1枚ドローできるため優秀です。

他の「炎星」モンスターに装備するのは当然として、「炎星仙-ワシンジン」に装備すれば攻撃力が2500になる上にフィールドの「炎舞」カードによる強化もあるのでフィールドに維持するのも難しくないです。

「炎星仙-ワシンジン」で「炎星」デッキは強化された?

獣戦士族モンスターを2体並べ、その後の展開のことを考えるとレベル4を主に使う「炎星」デッキが特に強化されたかと思います。とはいえレベル3を主軸にする「炎星」デッキでも使えないわけではなく、効果がほぼ専用なこともあり「炎星」は強化されたと言えます。

またコチラでは「炎星」デッキの組み方と回し方を解説しておりますので「炎星」デッキを組みたいと考えている方は是非コチラもどうぞ!

3軸と4軸がある炎星デッキについておさらい!デッキの組み方に回し方、評価もしていきます!