新たなるナンバーズ!!「No.97 龍影神ドラッグラビオン」の考案と考察!相性の良いカードやデッキを紹介!

 

5月18日発売「コレクションパック 革命の決闘者編」から新たなるナンバーズエクシーズモンスターである「No.97 龍影神ドラッグラビオン」の収録が決定しました!

 

ランク8エクシーズモンスターであり、素材指定が無いことから、汎用性は高いモンスターでは無いかと個人的に思うモンスターです!

 

今回は「No.97 龍影神ドラッグラビオン」について考案と考察をして行きたいと思います!

 

スポンサーリンク

新たなナンバーズ!「No.97 龍影神ドラッグラビオン」の考案と考察!

 

闇属性・ドラゴン族エクシーズモンスターでランクは8・攻撃力・守備力は共に3000とランク8として相応しい攻撃力と守備力を持ちます。

 

効果は2つあり1つ目相手の効果の対象にならない耐性効果。

 

2つ目エクシーズ素材を使用1つ取り除く事で自分のエクストラデッキ・墓地からこのカードと同名以外のドラゴン属性「No.」モンスターを2種類選んでその内の1体を特殊召喚し、もう1体をそのモンスターの素材としてエクシーズ召喚する効果です。

 

デメリットとしてはこの効果を使ったターン他のモンスターの特殊召喚が出来ず、この効果で特殊召喚したモンスター以外でしか攻撃宣言を行うことが出来ません。

 

強制脱出装置

 

1つ目の効果は対象にならない耐性効果で、これから流行るであろう「サンダーボルト」は防げないものの、「強制脱出装置」などの対象を取るカードに対しては有効で、単に耐性持ちの3000と言うだけでもエクシーズ召喚する価値はあるかと思います。

 

本題は2つ目の効果でエクストラデッキ・墓地からドラゴン族「No.」モンスターという事でこのカードを採用し、こちらの効果を使うとなるとエクストラの枠を最低でも3つ確保しなければなりません。

 

15枚しか準備出来ないエクストラデッキに対して3つ枠を割く、しかもドラゴン族「No.」縛りという事でこの効果を使うデッキは限られて来るでしょう。

 

またこの効果でエクストラデッキから特殊召喚するとなると必然的にリンクモンスターの補助も必要となります。

 

天球の聖刻印

 

しかしドラゴン族という事で「天球の聖刻印」などの優秀なリンクモンスターが存在するので、展開力さえあればこの効果を使うことに困ることはないでしょう。

 

縛りはあるもののドラゴン族「No.」には召喚条件が厳しいものも何体か存在する為、2の効果は優秀と言えます。

 

RUM-七皇の剣

例をあげるのであれば「RUM−七皇の剣」で特殊召喚される候補先の「CNo.107 超銀河眼の時空龍」を特殊召喚し3回攻撃で1キルや「No.100 ヌメロン・ドラゴン」を特殊召喚し、攻撃力を9000にして1ターンキルなども視野に入ります。

 

そう考えれば、このカードを主軸にしたデッキ構築も非常に面白いかと思います!

 

「No.97 龍影神ドラッグラビオン」と相性の良いカードを紹介!

 

破滅竜ガンドラX

 

「破壊竜ガンドラX」

 

ワンキルで問題児の彼ですが、「No.100 ヌメロン・ドラゴン」を効果で特殊召喚しこのカードで破壊すれば合計9000バーンのワンキルが成立します。

 

銀河眼の光子竜

「ギャラクシー・フォトン」デッキ

 

レベル8エクシーズのしやすいデッキであり、「No.」を無理なく積むことが出来るため、相性が良いです。

 

No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon

 

「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」

 

召喚条件はレベル9モンスター3体と素材がかなり重めですが、「No.97 龍影神ドラッグラビオン」の効果で特殊召喚することが出来ます。

 

召喚ターンに勝負を決める力はありませんが、相手ターンのエンドフェイズ時にそのターンに召喚・特殊召喚されたモンスターとセットされたカードを全て除外することができるので、牽制するのに役に立ちます。

 

まとめ

 

 

今回は「No.97 龍影神ドラッグラビオン」の考案と考察でした!

 

ランク8でありながら素材指定はないので気軽にエクシーズ召喚出来るモンスターではありますが、効果をフルに活かすとなると専用の構築が必要となってきますね!

 

しかし決まれば1キルも十分に視野に入ります。

 

しかしこのカードの登場でやっと落ち着いた(?)「ガンドラX」がまた暴れまわりそうですね(汗)

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください