「修士号ディプロマン」の効果考察と相性の良いカードは?気になる評価も紹介!

先日発売した基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて「修士号ディプロマン」が登場しました。

カテゴリやテーマに属さない汎用カードの1枚ですが、どんな風に使えばいいのか思いつかないという人も中に入るかと思います。

そこで今回は「修士号ディプロマン」の効果を考察し、相性の良いカード等を紹介していきたいと思います。

「修士号ディプロマン」の効果考察!

修士号ディプロマン

効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻2000/守2000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
自分の墓地のモンスター1体と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その墓地のモンスターを装備カード扱いとしてその相手モンスターに装備する。
この効果でモンスターを装備している限り、その攻撃力分、装備モンスターの攻撃力はダウンする。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の魔法&罠ゾーンの装備カードを装備した相手モンスターの効果は発動できない。

レベル5の闇属性・機械族モンスターで、攻守はともに2000です。

攻守が同じ機械族モンスターであるため、同パックにて本格テーマ化した「機巧」とはシナジーがあります。

1つ目の効果はアドバンス召喚成功時に自分の墓地のモンスター1体を相手フィールドのモンスターに装備し、装備カード扱いとなっているモンスターの攻撃力分装備モンスターの攻撃力をダウンさせるというものです。

攻撃力の高いモンスターを装備すればそれだけ大きな弱体化となるため、大幅に攻撃力をダウンさせた相手モンスターを攻撃して大ダメージを与えていけます。

クリッター

装備カードにするのはモンスターであれば何でも良いため、「クリッター」のようなフィールドから墓地へ送られることで効果を発動出来るモンスターをフィールドに用意してその効果を利用するための手段としても使えます。

あくまで装備カード扱いとしてフィールドに出すだけで蘇生しているわけではないため、エクストラデッキから直接墓地へ送られたりなどして蘇生制限を満たしていないモンスターも装備カードに出来る点は覚えておくと良いでしょう。

2つ目の効果はこのカードがモンスターゾーンの存在する限り、自分の魔法&罠ゾーンの装備カードを装備した相手モンスターの効果発動を封じるというものです。

1の効果で自分の墓地のモンスターを装備した相手モンスターはもちろん、相手モンスターにも装備できる装備魔法などと合わせることで相手のモンスター効果の発動を封じていけます。

A・∀・CC

自分の魔法&罠ゾーンのカードであれば良いため、「アトラクション」罠カード等のフリーチェーンで相手モンスターに装備できるカードと併せれば制圧力として機能させることも出来るでしょう。

12の効果により、相手フィールドの厄介な効果を持つモンスターを弱体化&効果発動を封じることが出来るため突破しやすくなります。

1の効果を使うにはアドバンス召喚しなければなりませんが、高速化した昨今では特殊召喚効果を持つモンスターは少なくないためリリース素材を用意するのは難しくありませんし、アドバンス召喚をサポートできる効果を持つカードも多数存在するためそれらと併用すれば消費も抑えられるでしょう。

「修士号ディプロマン」と相性の良いカードを紹介!

「天底の使徒」(20214月現在では制限カード)

エクストラデッキのモンスターを墓地へ送れるだけでなく、墓地へ送ったモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ「ドラグマ」モンスターか「アルバスの落胤」をサーチ・サルベージできます。

「修士号ディプロマン」1の効果で相手モンスターに装備させたいモンスターをエクストラデッキから墓地に用意しつつも、自己特殊召喚が出来る「ドラグマ」モンスターを引き込むことで「修士号ディプロマン」のアドバンス召喚もサポート出来ます。

「修士号ディプロマン」1の効果で高攻撃力のモンスターを装備させやすくなるため、相手モンスターの攻撃力を0にまで弱体化することも狙っていけるでしょう。

エクストラデッキからモンスターを墓地へ送る手段としては「おろかな重葬」等もありますが、それに加えてサーチ・サルベージも出来る「天底の使徒」はやはり優秀です。

「旧神ヌトス」

旧神ヌトス

昨今では墓地へ送られた場合の効果を利用して除去手段として使われることも多い融合モンスターです。

天使族である点を利用して「宣告者の神巫」を使ったり、前述した「天底の使徒」等でもエクストラデッキから直接墓地へ送れるため除去効果を活用していけます。

上記のような運用で墓地へ送ったこのカードを「修士号ディプロマン」で相手モンスターに装備することで、攻撃力を2500もダウンさせられる上に装備モンスターがフィールドを離れる等して装備カード扱いになっていた「旧神ヌトス」が墓地へ送られれば除去効果の発動を狙っていけます。

「甲纏竜ガイアーム」

甲纏竜ガイアーム

「修士号ディプロマン」と同じパックに収録された汎用レベル6シンクロモンスターです。

あらかじめ墓地に用意しておいたこのカードを「修士号ディプロマン」で相手モンスターに装備させれば、攻撃力を2000ダウンさせられる上に装備モンスターとの戦闘時に自分は1枚ドローできます。

ドローによって「修士号ディプロマン」をアドバンス召喚した際の消費を補えますし、「甲纏竜ガイアーム」は自身の効果で装備カードになれる効果もあるためその後も繰り返し使用してドローソースとなって行けるでしょう。

「修士号ディプロマン」の評価は?まとめ!

「帝」をはじめアドバンス召喚成功時に効果を発動できる上級モンスターは他にもいますが、相手モンスターに自分の墓地のモンスターを装備させて弱体化出来るという点は「修士号ディプロマン」固有の特徴です。

「修士号ディプロマン」は単体でも突破用のカードとして機能させられる上に前述したような相性の良いカード等と併用すればよりその性能を活かしていけますが、その一方で攻撃力が2000と上級モンスターの中でも低い方なので、次の相手ターンに突破されやすいというのが弱点でもあります。

効果やステータスからある程度の汎用性もあるので、自分の持っているどのデッキなら活かせるのか考えてみるのも面白いでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする