「抹殺の指名者」の現在の価格相場や大会環境での使用率を徹底調査!




発売前から話題になり、店舗では売り切れも続出したという「抹殺の指名者」も発売して数週間が経ちました。

そこで今回はそんな「抹殺の指名者」が実際に発売してからの価格や環境での活躍がどうなっているのかについて調べました。

「抹殺の指名者」について軽くおさらい!

抹殺の指名者

まず「抹殺の指名者」がどんなカードなのかおさらいします。

カード名ターン1で発動できる速攻魔法カードであり、自分が宣言したカード名のカード1枚を自分のデッキから除外することでターン終了時までその除外されたカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化されるという効果です。

増殖するG

このカードを相手のカードに対する妨害として使う場合、自分と相手がデッキに同じカードを採用していなければならないという最低条件があります。そのため大会環境では採用率が高い「灰流うらら」「増殖するG等に対して特に有用ということで、そういった理由から多くの人から注目を集めていました。

相手の妨害以外にも自分のデッキから好きなカードを除外できるという使い方も出来ますが、そのターン中に効果を使えないことを考えると上手く利用するには他のカードも必要であったりと消費枚数が増えることになります。

共通のカードを採用している必要はあるものの、環境上位のデッキについて事前に調べて置けばこのカードと一緒にサイドデッキに採用しておいて相手のデッキによっては妨害用のカードとしてメインデッキに採用することも狙えます。

汎用性の高いカードだけでなくミラーマッチの際にも相手の妨害として使えますが、その場合はまず自分が大会環境で多く使われているテーマデッキを使わないと機会が少ないです。

スポンサーリンク

「抹殺の指名者」の現在の価格相場は?高騰した?値下げした?

現在では10001900で取引されており、発売してすぐは売り切れが続出したり供給に対して需要の方が高かったため2000円を超えていたことを考えると値下がりしました。

それでもVジャンプ一冊の定価と比べると倍以上の価格が付いているため、価格はかなり高い方だと言えます。

環境での採用率に寄るところは多いですが、今後更に価格が上昇するとはあまり思えないので購入を考えている人は慎重に検討した方が良いかと思います。

「抹殺の指名者」って実際に環境ではどうなの?

最近行われた大会で優勝したデッキレシピ等を見てみるに、今の所そこまで採用率が高いとは言えないようです。

墓穴の指名者

やはりというべきか相手と同じカードを採用しなければならないという条件はネックであり、「灰流うらら」「増殖するG「エフェクト・ヴェーラー」等の手札誘発効果を妨害したいのであれば「墓穴の指名者」という競合相手が既に存在するという点も大きいようです。

その点で言えば、「墓穴の指名者」は手札誘発に対する相手の蘇生カードにチェーンして蘇生しようとしていたカードを除外して妨害も出来るため対応できる幅が異なります。

「抹殺の指名者」はモンスターだけでなく魔法・罠カードにも対応していますが、デッキを占めるモンスターの割合が多い傾向がある昨今の環境では自分と相手で共通の魔法・罠カードを採用していることはそこまで多くありません。

敢えて言うなら前述した「墓穴の指名者」が挙げられますが、仮に自分手札誘発効果で相手の妨害を狙い、それに対して「墓穴の指名者」を使われそれに対して「抹殺の指名者」を使うとなると一つの効果を無効にしたいがために2枚のカードを使うという消費の多さが痛いです。

決まれば妨害としてしっかり機能することは間違いないのですが、昨今の環境では他の手札誘発効果のモンスターや「墓穴の指名者」の方が採用優先度が高いと言わざるを得ません。

逆に言えば「抹殺の指名者」が大会環境で必須カードになるということは参加者の多くが同じカードを採用している割合が多いということであり、大会環境で活躍しているテーマデッキの特色も薄くなるという事態になりかねないです。

以上のことを踏まえると、採用率は高過ぎず低過ぎずくらいがちょうど良いのかもしれません。

まとめ

今回は話題沸騰となり、Vジャンプを売り切れ続出にし、色々と環境を騒がせた「抹殺の指名者」の価格や環境での採用の有無の考察でした。

強力なカード故に大会プレイヤーだけに限らず、目を付けたプレイヤーも多く、発売初日はどこもVジャンプが売り切れで、Vジャンプの倍の値段で取引されたことが問題になったカードでもあります。

個人的には決して弱いわけではなく、むしろ強力なカードではありますが、競合が多く、中々環境では見かけないです。

しかしこの様なカードはどこで化けるかが分からないスペックを持っているので、近いうちに再録などの処置をしてもらい、手に入りやすくしてもらえると個人的には嬉しいです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする