リンクモンスターの「DDD深淵王ビルガメス」の解説と採用した「DD」デッキの組み方を紹介します!




1123日発売予定のリンクブレインズパック2に「DD」リンクモンスターの「DDD深淵王ビルガメス」が収録されることが判明しました。今回は「DD」テーマを専用強化するこのカードについての解説と新たなDD」デッキの組み方を紹介します。

「DDD深淵王ビルガメス」について

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
「DD」モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード名が異なる「DD」Pモンスター2体を選んで自分のPゾーンに置き、自分は1000ダメージを受ける。
この効果を発動したターン、自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):リンク召喚したこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のEXデッキ・墓地から「DD」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

今回リンクモンスターが加わることで「DD」シリーズは融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・リンクの計5種類の召喚方法を扱えるようになりました。

展開力がかなり高く、それ故にプレイヤーがどんなモンスターを出したいかが重要になってくるテーマだとは私は思います。

ここではDDD深淵王ビルガメス」について解説したいと思います。

召喚条件はDD」モンスターが2体でリンクマーカーは右下と左下なので、このカードをEXモンスターゾーンに出せばEXデッキからのペンデュラム召喚も2体までできるようになります。

①の効果では特殊召喚時にデッキからカード名の異なるDDPモンスターを2体をPゾーンに置いて自分に1000ダメージを与えます

そしてこの効果を発動したターンは「DD」モンスターしか特殊召喚出来ないという制限がかかります。

まず第一に効果は墓地からの特殊召喚でも発動することは覚えておいて損はないでしょう。

出しただけでペンデュラム召喚の条件が整うのため、EXデッキのペンデュラムモンスターをリンク先に呼び出すことが推奨されているようにも感じます。

また「DD」以外は特殊召喚できなくなるという制限ですが、制限がかかるのはこの効果の発動後ですのでそれより前なら「DD」モンスター以外の特殊召喚は可能です。

②の効果は、リンク召喚した自身が相手の攻撃や効果で破壊された場合にEXデッキ・墓地から「DD」モンスターを守備表示で特殊召喚できるという破格の物です。

しかし、この効果の発動条件は相手が破壊してくれることですのでなかなか発動させてはくれないでしょう。

逆を言えば、この効果があることで攻撃力が1800DDD深淵王ビルガメス」を守ることに繋がります。

いるだけで相手のフィールド全破壊効果などを牽制できるため、自身をフィールドに維持することが出来そうです。

どうしても使いたい場合は「バトル・マニア」など、相手に攻撃を強制させる効果と併せると良いでしょう(ダメージ覚悟になりますが)

素材・効果ともに「DD」専用なため、「DD」テーマにとっては頼もしい強化であると同時に他のデッキには縁遠いカードになっています。

ペンデュラム召喚をサポートする効果を持つリンクモンスターは現時点ではかなり少ないので貴重な存在になりそうです。

「DDD深淵王ビルガメス」が加わったデッキの組み方

まず初めに「DD」デッキがよく分からないという方に説明しますと、「DD」デッキは高い展開力に比例して手札消費が激しいのが特徴でもあります。

そのため近年では効果を無効に出来る「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」と魔法・罠カードを無効にできる「呪血王サイフリート」など制圧力の高いモンスターをフィールドに出すことが主な初動になっていました。

しかし今回追加されたDDD深淵王ビルガメス」の効果には制限がかかるため、これまで通りの盤面を揃えるのは難しくなります。

よって「DD」デッキはDDD深淵王ビルガメス」を使って更なる展開に期待するか、これまでのような盤面を揃えることを重視するのかで方向性が変わります。

まだどうしようか考えあぐねているという方やDDD深淵王ビルガメス」を使って何が出来るか分からないという方には、実際にどんな盤面が作れるかを紹介しますので参考になれば幸いです。

手札に「DDスワラル・スライム」と「DD魔導賢者コペルニクス」と「DDナイトハウリング」がいることで出来るコンボがあります。

他に使用するカードはデッキのDDネクロ・スライム」EXデッキにDDD深淵王ビルガメス」「DDD烈火王テムジン」「DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」「DDD疾風王アレクサンダー」「DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー」です。

コンボの流れは省きますが、召喚権を使わずに最終盤面を「ビルガメス」「Eテムジン」「Eアレクサンダー」にできます。

攻撃力は順に180028006000となるのでデュエルを決めることも可能と言えるでしょう。

まとめ

DDD深淵王ビルガメス」は「DD」専用の強化ということもあり、コンボを考えてみると純「DD」デッキならば効果を十全に活かすことが出来ます。

個人的には赤馬社長のファンデッキとして先ほど紹介した盤面は結構気に入っています。

また手札消費の関係で短期決戦型のデッキになるため、先行でロックされてしまうと敗戦濃厚になることに要注意です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする