「ウィジャ盤」もサーチできる「ダーク・オカルティズム」について考察と考案!「トーチ・ゴーレム」サーチで話題に!!

 

201968日に発売予定のデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5にて「ダーク・オカルティズム」が収録されることが判明しました。

 

遊戯王の闇バクラが使用していた「ウィジャ盤」に関連した新規の強化カードとなる「ダーク・オカルティズム」について考えていきます。

「ダーク・オカルティズム」の考察と考案

 

このカード名の2つの効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない制約のある通常魔法カードです。

 

トーチ・ゴーレム

 

1つ目の効果は手札を1枚捨てることで発動でき、自分のデッキ・墓地から「ウィジャ盤」1枚またはレベル8・悪魔族モンスター1体を選んで手札に加えられます。

 

ウィジャ盤

 

2つ目の効果は墓地のこのカードを除外して発動でき、自分の手札・墓地の「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードの中から任意の数だけ選び(同名カードは1枚まで)好きな順番でデッキの一番下に戻し、戻した数だけ自分はドローするというものです。

 

この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できません。

 

1の効果ですが、手札1枚をコストにすることで「ウィジャ盤」またはレベル8・悪魔族モンスターをサーチ・サルベージできる効果です。

 

 

手札1枚というコストこそありますが、特殊勝利効果を持つ「ウィジャ盤」手札に引き込むための数少ない方法でもあります。

 

サルベージも出来るため、相手に除去されてしまった「ウィジャ盤」を手札に戻して再び「死のメッセージ」を揃えに行くということも可能です。

 

またサーチすることが難しいレベル8・悪魔族のサーチも出来るため、「ウィジャ盤」採用していないデッキでもサーチ・サルベージカードとして使うことが出来ます。

 

サーチ・サルベージしたいモンスターについては後述しますが、手札1枚というコストに見合った物をサーチすべきでしょう。

スポンサーリンク
2の効果では手札・墓地の「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードをデッキボトムに戻すことでドローが出来ます。

 

「死のメッセージ」カードは「ウィジャ盤」の効果で手札・デッキからフィールドに出せるため、とりあえず手札・墓地の「死のメッセージ」カードは全てデッキボトムに戻してしまっていいでしょう。

 

戻した数だけドローが出来ますので、場合によっては複数枚のドローが狙えます。

 

墓地へ送られたターンには使えないためタイミングがやや遅れるものの、墓地へ送られてしまった「ウィジャ盤」「死のメッセージ」カードの回収手段としてはかなり優秀です。

スポンサーリンク

「ダーク・オカルティズム」でサーチ・サルベージしたい強力な悪魔族モンスターを紹介!

「トーチ・ゴーレム」

 

トーチ・ゴーレム

 

通常召喚出来ず、自分フィールドに「トーチトークン」2体を生成することで相手フィールドに特殊召喚できます。

 

このカードを特殊召喚するターン自分は通常召喚が出来ません。

 

グッドスタッフリンクで度々使われていたこともあり、このカードを組み合わせた連続リンク召喚による展開が出来ます。

 

「ファイアウォール・ドラゴン」禁止カードになったこともあり展開できる数はやや減りましたが、それでも「アカシック・マジシャン」等を使うことで高リンクモンスターに繋げることは出来るので利用できます。

 

「ダーク・オカルティズム」は制限カードになった「トーチ・ゴーレム」をサーチするために使えることに加え、「魔犬オクトロス」では難しかった召喚権を使わずに「トーチ・ゴーレム」を手札に引き込むことが出来るため相性が良いです。

 

エクストラデッキによってはこのカード1枚で強力な布陣を展開できますので、手札1枚コストというディスアドバンテージは充分に補えるでしょう。

 

「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」

 

溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム

 

相手モンスター2体をリリースすることで相手フィールドに特殊召喚でき、このカードを特殊召喚するターン自分は通常召喚出来ません。

 

自分スタンバイフェイズに自分は1000ダメージを受ける効果を持っています。

 

相手のモンスター2体をリリースできるので除去性能が高く、相手の制圧力の高い盤面などを一気に崩すことも出来ます。

 

相手に高攻撃力のモンスターを与えてしまうというデメリットもありますが、何かしらの攻撃を防ぐ手段もしくは戦闘ダメージを反射するようなカードと組み合わせれば大ダメージも狙えます。

 

こちらも「トーチ・ゴーレム」同様に、「ダーク・オカルティズム」なら召喚権を使わずにサーチできるため相性が良いです。

スポンサーリンク

まとめ

 

ダーク・ネクロフィア

 

「ダーク・オカルティズム」「ウィジャ盤」をサーチ・サルベージできる貴重なカードですので、「ウィジャ盤」を採用しているデッキでは積極的に採用したいカードです。

 

サーチできるレベル8・悪魔族モンスターですが、最初のターンでは厳しいものの「ダーク・ネクロフィア」「ダーク・オカルティズム」と同時収録される「カース・ネクロフィア」も強力なので候補として挙がるでしょう。

 

「悪魔の憑代」を使えばThe suppression PLUTOをサーチしてリリースなしで召喚という手もありますが、「ダーク・オカルティズム」の手札コストを考えると消費枚数が多くなりがちです。

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-で「ウィジャ盤」関連が強化されるのは正直かなり意外だったので、続報にも期待していきたいです。

 

コチラでは「ウィジャ盤」が強化!バクラのオカルトデッキレシピを当サイトから紹介しております!

新規「ウィジャ盤」2021デッキレシピの紹介!「死の宣告」などが加わり強化!闇のゲームへ誘う!

 


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編5- BOX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください