【D-HEROデッキレシピ2021の回し方・展開例】を紹介!2021年環境対応版!

DHERO」はアニメ遊戯王GXに登場したエド・フェニックスが使用していたテーマであり、モンスターは闇属性・戦士族で統一されています。

度々新規カードが加わり強化もされているテーマであり、他の「HERO」関連カードとのシナジーなども注目されやすいです。

今回はそんな「DHERO」のデッキレシピや回し方などを紹介していきます。

DHEROデッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

DHERO ディスクガイ」×1

DHERO ダイヤモンドガイ」×2

DHERO ディシジョンガイ」×1

DHERO ディバインガイ」×2

DHERO ドリルガイ」×2

DHERO ドローガイ」×1

DHERO ダイナマイトガイ」×1

DHERO ディアボリックガイ」×2

DHERO ドグマガイ」×2

DHERO BlooD×2

EHERO シャドー・ミスト」×2

EHERO オネスティ・ネオス」×1

VHERO ヴァイオン」×2

魔法カード

「デステニー・ドロー」×3

「フュージョン・デステニー」×3

「オーバー・デステニー」×1

「融合」×1

「トレード・イン」×1

「闇の誘惑」×2

「大欲な壺」×1

「増援」×1

「戦士の生還」×1

「死者蘇生」×1

「サンダー・ボルト」×1

罠カード

D-タクティクス」×2

D-フュージョン」×1

エクストラデッキ

DHERO デッドリーガイ」×2

DHERO ディストピアガイ」×2

VHERO トリニティ」×1

VHERO アドレイション」×1

「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」×1

DHERO ダスクユートピアガイ」×1

DHERO ドミネイトガイ」×2

Dragoon DEND×2

XHERO クロスガイ」×2

XHERO ワンダー・ドライバー」×1

XHERO ドレッドバスター」×1

DHEROデッキレシピ2021】の回し方を紹介!

デッキのコンセプトとしては、墓地肥やしなどを活用しつつも融合召喚を行いビートダウンで勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピではメインとなる「DHERO」関連カードの採用枚数を出来るだけ多くしましたが、「MHERO」や「VHERO」といった他の「HERO」関連カードの採用枚数を増やした混合構築にするのも有りです。

デッキの回し方ですが、まずは墓地肥やしをしつつモンスターの展開・サーチ・融合召喚へ繋げていきます。

フュージョン・デステニー

このデッキのキーカードである融合魔法「フュージョン・デステニー」は緩い制約と遅めのデメリットを持つ上にデッキ融合が可能であるため非常に優秀ですが、その反面サーチ手段が多くないためドローソースなどを使って引き込んでいきます。

D-HERO ディアボリックガイ

「デステニー・ドロー」は手札交換と墓地肥やしの両方をこなせる便利カードですので、DHERO ディアボリックガイ」等を墓地へ送りつつも手札の良質化が図れます。

トレード・イン

今回紹介したデッキレシピではDHERO ドグマガイ」DHERO BlooDを採用しているため、「トレード・イン」は用途が限られるものの4枚目以降の「デステニー・ドロー」として活用できます。

闇の誘惑

DHERO」は全て闇属性であるため「闇の誘惑」もドローソースとして使えますが、除外するモンスターの選択は後のプレイングにも影響を与えるため慎重に考えた方が良いでしょう。

X・HERO クロスガイ

墓地肥やしDHERO ディアボリックガイ」や特殊召喚効果を持つDHERO ドリルガイ」を使うことでモンスターを展開でき、リンク2モンスターXHERO クロスガイ」をリンク召喚することであちらの蘇生効果を使い更なる展開をしたりもう一つの効果でサーチも可能です。

D-HERO デッドリーガイ

「フュージョン・デステニー」での融合召喚先ですが、EHERO シャドー・ミスト」も素材に選べるためアドバンテージ稼ぎができるDHERO デッドリーガイ」

D-HERO ディストピアガイ

バーン効果で相手のライフを削れるDHERO ディストピアガイ」、デッキトップ操作とドロー効果でアドバンテージを稼ぎつつも後続展開効果が強力なDHERO ドミネイトガイ」がいます。

いずれも用途が異なるため状況に応じて適したモンスターは変わりますが、墓地肥やしが出来ていない序盤では融合素材が3体と多く後続展開で戦線の維持も出来るDHERO ドミネイトガイ」は有力候補となります。

D-HERO Bloo-D

切り札となるのは融合モンスターだけでなく、展開したモンスターをリリースすることでDHERO ドグマガイ」DHERO BlooDを特殊召喚することも狙っていけます。中でもDHERO BlooD制圧・除去・自己強化が出来る強力な効果を持っているため、昨今の環境でも切り札として活躍が期待できます。

【DーHEROデッキレシピ2021】の展開例

フュージョン・デステニー

具体的な展開例を1つ紹介します。

後攻1ターン目であることを前提とし、手札に「フュージョン・デステニー」+下級「HERO」モンスター2枚がある場合に出来るコンボです。

D-HERO ドミネイトガイ

「フュージョン・デステニー」を発動し、デッキのDHERO ディスクガイ」「DHERO ドローガイ」「DHERO ディアボリックガイ」を素材にDHERO ドミネイトガイ」を融合召喚→

D-HERO ディアボリックガイ

墓地のDHERO ディアボリックガイ」の効果で自身を除外してデッキから2体目のDHERO ディアボリックガイ」をリクルート→

DHERO ドミネイトガイ」の効果で自分のデッキトップから5枚を好きな順番に変更→下級「HERO」モンスターを通常召喚→

X・HERO クロスガイ

下級「HERO」モンスターとDHERO ディアボリックガイ」を素材にXHERO クロスガイ」をリンク召喚→

XHERO クロスガイ」の効果でDHERO ドローガイ」を蘇生→DHERO ドローガイ」の効果でお互いに1枚ドロー→

X・HERO ドレッドバスター

XHERO クロスガイ」DHERO ドローガイ」を素材にXHERO ドレッドバスター」をリンク召喚ができます。

結果的にXHERO ドレッドバスター」DHERO ドミネイトガイ」を並べることができ、XHERO ドレッドバスター」の効果で強化したDHERO ドミネイトガイ」で相手モンスターを戦闘破壊できれば1枚ドローが出来ます。

次の相手ターンのエンドフェイズにDHERO ドミネイトガイ」「フュージョン・デステニー」のデメリットにより破壊されますが、DHERO ドミネイトガイ」の後続展開効果により蘇生したDHERO ディスクガイ」DHERO ドローガイ」の効果で相手は1枚ドロー、自分は3枚のドローが出来ます。

D-HERO ダイヤモンドガイ

下級「HERO」モンスターですが、DHERO ダイヤモンドガイ」であったならDHERO ドミネイトガイ」のデッキトップ操作効果と合わせて高確率で効果を使っていけます。

V・HERO ヴァイオン

もしVHERO ヴァイオン」だったならEHERO シャドー・ミスト」を墓地へ送ってあちらのサーチ効果を使った後で「融合」をサーチしたりと大きなアドバンテージ獲得が狙えます。

総合すると、高火力モンスターを並べて攻勢に出つつもドロー効果を活用することで消耗以上のアドバンテージを稼げる運用と言えます。

【D-HEROデッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!2021年環境対応版!まとめ!

「D−HERO」デッキレシピの2021年環境対応版の紹介でした!

今回紹介した「D−HERO」デッキレシピはDragoon DENDなどを入れ、なるべく「D−HERO」デッキらしさを強調したデッキ構築でしたが、ガチに近い構築を試したい方は「V HERO ファリス」「V HERO インクリース」「VHERO ヴァイオン」のセットを出張させることで、展開力と安定度が増すのでおすすめです。

その他にも「D−HERO」には相性の良い「E− HERO」などもいますので是非、自分が回しやすい・組みやすい構築を見つけていただければと思います。

別途当サイトで紹介している「HERO」デッキレシピの紹介はコチラ↓

リンクヴレインズパック3にて新規「HERO」リンクモンスターである「X・HERO ヘル・デバイサー」が登場しました。 その効果...
デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-の発売により「E・HERO」に新規カードが登場しました。 そこで新規カードを採...
漫画版遊戯王GXのエド・フェニックスの使う「V・ HERO」がついにカテゴリー化しました! 漫画版遊戯王GXと同じく、...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いく より:

    D-HEROデッキに誘発入れるとしたら何を抜いたらいいでしょうか?

    • kata-0003 より:

      コメントありがとうございます!

      そうですね、、
      当サイトで紹介しているデッキで抜くのであれば、「ドレッドガイ」や「DーEND」の素材の2つを抜いても良いかも知れないですね!

      上記のカードに関しては上級レベルのモンスターだけに複数手札に来てしまい、「融合」などで処理出来ないと、事故要因になる事もあり、どちらかと言うとロマン枠と言うのが本音の所です。