新規の「D-HERO」強化カードとサポートリンクモンスターが判明!デッキの組み方と回し方、「D-HERO」デッキは2019年でガチテーマになれるのか考察!!




2019112日発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストームに収録されるカードの一部が公式から発表されました。

その中にはDHERO強化カードも入っていたので、今回はDHEROの新たな力について書いていきます。

今回判明した新規「D-HERO」強化カードとサポートリンクモンスターについて

まずは現時点で判明しているDHEROを強化する関連カードを効果の詳細は省きますが簡単に紹介させていただきます。

DHERO ドローガイ」

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「HERO」モンスターの効果で特殊召喚した場合に発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

HERO」モンスターの効果で特殊召喚された場合にお互いにドローする効果と、墓地へ送られた次のスタンバイフェイズに自己蘇生できる効果を持ちます。

DHERO ドミネイトガイ」

融合・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻2900/守2600
「D-HERO」モンスター×3
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分または相手のデッキの上からカードを5枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):融合召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地のレベル9以下の「D-HERO」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。

DHEROモンスター3体で出せる融合モンスターです。

自分または相手のデッキトップ5枚の操作、戦闘破壊したときにドローできる効果、融合召喚した自身が破壊された時に制限付きでDHEROモンスター3体を完全蘇生する効果があります。

XHERO クロスガイ」

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドの「D-HERO」モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターとカード名が異なる「HERO」モンスター1体をデッキから手札に加える。

戦士族モンスター2体で出せるリンク2モンスターです。制約はありますが、リンク召喚時に墓地のDHEROモンスターを蘇生する効果と自分フィールドのDHEROモンスターをリリースすることでHEROモンスターをサーチする効果を持ちます。

「フュージョン・デステニー」

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「D-HERO」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

発動後は闇属性のHEROモンスターしか特殊召喚出来なくなるという制約がありますが、手札・デッキから融合素材を墓地へ送ってDHEROモンスターを素材とする融合モンスターを融合召喚出来ます。この効果で融合召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊されます。

D-タクティクス」

永続罠
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
自分フィールドの全ての「HERO」モンスターの攻撃力は400アップする。
(2):自分フィールドにレベル8以上の「D-HERO」モンスター
または「Dragoon D-END」が特殊召喚された場合に発動できる。
相手の手札・フィールド・墓地のカード1枚を選んで除外する。
(3):魔法&罠ゾーンのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「D-HERO」モンスター1体を手札に加える。

永続罠カードで、お互いのスタンバイフェイズに自分フィールドのすべてのHEROモンスターの攻撃力をアップさせる効果、自分フィールドにレベル8以上のDHEROまたはDragoon DENDが特殊召喚された時に相手の手札・フィールド・墓地のカードの中から1枚除外できる効果、このカードが破壊された時にデッキからHEROモンスターをサーチする効果があります。

どれも有用な効果を持つ強化カードですが、中でも3体融合であり条件を満たせば大量展開が出来るDHERO ドミネイトガイ」、経由することで蘇生もサーチ、もしくは両方を使い分けられる使い勝手の良さが展開力を底上げしてくれるXHERO クロスガイ」、デッキから融合素材にすることでDHEROデッキで重要な墓地肥やしも同時に担える「フュージョン・デステニー」3枚が特に強力です。

強化された「D-HERO」デッキの組み方と回し方を解説!

D-HERO ドリルガイ

デッキの組み方ですが、DHEROモンスターは闇属性・戦士族で統一されているため、そのことを意識したデッキ構築をしたほうが万が一の事故を起こさずに済みます。

V・HERO ヴァイオン

またDHERO以外のHEROモンスターにも闇属性・戦士族でありHEROサポート効果を持つものもいますので効果テキストにHEROモンスターという広い括りで書いてあるサポートカードも採用候補に挙げられます。

新規カードである「フュージョン・デステニー」は簡単に墓地肥やしをしつつ融合召喚が出来るため、複数枚積みたいカードと言えますしそれに応じて墓地で効果を発動するDHEROモンスターの割合を増やすかどうかを決めると良いでしょう。

ヴァレルロード・ドラゴン

DHEROHEROカードにだけ拘らずにガチデッキに近いデッキ構築をするなら戦士族指定や汎用のランク4エクシーズモンスターだけでなく、高くなった展開力を使って「ヴァレルロード・ドラゴン」のような高リンクモンスターも採用すると対応できる状況の幅が広がります。

デッキの回し方ですが、新規カードを採用することで以前よりもずっと展開がしやすくなります。

D-HERO ディスクガイ

展開だけでなくドローソースの確保も格段にしやすくなり、DHERO ドローガイ」だけでなく墓地へ送られたターンに蘇生できないDHEROディスクガイ」「フュージョン・デステニー」DHERO ドミネイトガイ」を出した場合に噛み合ったコンボと言えます。

E・HERO シャドー・ミスト

他にもVHERO ヴァイオン」EHERO シャドー・ミスト」を組み合わせることで「XHERO クロスガイ」の効果を活かしやすく、「融合」による融合召喚も可能にします。

「D-HERO」はガチテーマになれる?

以前発売したパックのブースターSP デステニー・ソルジャーズに続いてDHEROテーマは今回で2度目の強化になります。

リンクモンスターも採用して現ルールに対応した展開を期待できますし、サーチは難しいながらも優秀な効果を持つ専用融合魔法が新たに登場した点はかなり大きいと思います。

新たなリミットレギュレーション以降の環境については分からないことも多いですが、ガチデッキを構築すれば環境でも中堅以上に入れるのではないかと予想します。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする