「魔神儀」強化カード「魔神儀の創造主-クリオルター」が登場!相性の良いデッキや性能の考察と考案をします!




2019112日に発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストームにて「魔神儀」の新規カードも収録されます。

現状判明しているのは儀式モンスターとフィールド魔法カードで、今回は儀式モンスターの方の「魔神儀の創造主-クリオルター」について紹介していきます。

「魔神儀の創造主-クリオルター」の考察と考案

儀式・効果モンスター
星10/光属性/悪魔族/攻3000/守3000
「魔神儀の祝誕」により降臨。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
手札を1枚選んで捨て、その後、レベルの合計が10になるように
自分の墓地の「魔神儀」モンスターを選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
儀式モンスター以外の自分フィールドの「魔神儀」モンスターは、
攻撃力が2000アップし、効果は無効化される。

レベル10儀式モンスターであり、光属性・悪魔族にして攻守は3000あります。

1つ目の効果はカード名ターン1効果で、自分・相手のメインフェイズ時に手札のこのカードを相手に見せて発動し、手札1枚を選んで捨てたその後に墓地の「魔神儀」モンスターをレベルの合計が10になるように特殊召喚できます。

この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズにデッキに戻るという制約が付きます。

2つ目の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する限り儀式モンスター以外の「魔神儀」モンスターの攻撃力を2000アップさせて効果を無効にするという永続効果になります。

このカードのレベルは10と儀式モンスターの中でも高い方ですが、「魔神儀」モンスターはレベル36の幅があるため素材を用意するのはそこまで苦にはなりません。

カード名やレベル、攻守から察するに「魔神儀」テーマの切り札と言えるポジションかと思われます。

魔神儀-カリスライム

1の効果は「魔神儀-カリスライム」「影霊衣」同様に手札で発動する効果です。

手札1枚をコストにするものの墓地から「魔神儀」モンスターを蘇生できます。

普通に考えればこのカードの儀式召喚のための素材提供ですが、「轟雷帝ザボルグ」等のアドバンス召喚の素材等エクストラデッキから以外であれば他のリリース素材としても使えます。

蘇生対象の「魔神儀」モンスターは蘇生制限さえ満たしていれば儀式モンスターの使用も可能です。

効果の都合上手札コストに「魔神儀」モンスターを選んだ場合はコストにした「魔神儀」モンスターも蘇生対象に選べることは覚えておきましょう。

2の効果は自分フィールドの「魔神儀」モンスターを強化する効果ですが、儀式モンスター以外の「魔神儀」モンスターは全て攻守が0なので攻撃力2000のモンスターとして使うことが出来るようになります。

モンスターとの戦闘という面ではやや頼りないですが、直接攻撃狙いであればダメージ稼ぎとして使えます。

また効果が無効化されるので「魔神儀」モンスターが持つエクストラデッキから特殊召喚出来なくなるという制約も消えます。

そこを利用して「魔神儀」モンスターをシンクロやエクシーズ、リンク素材として使うというのも選択肢に入ります。

とはいえこのカードを儀式召喚しながらフィールドに「魔神儀」モンスターを用意しなければならないため、この効果を活かしたい場合は何らかの手段を用意しておく必要があります。

「魔神儀の創造主-クリオルター」と相性の良いデッキは?

時械神メタイオン

時戒神」デッキ

レベル10で統一された「時戒神」モンスターを使って効果ダメージなどを使って勝利を目指すデッキです。

「時戒神」モンスターを「魔神儀の創造主-クリオルター」の儀式素材にすることで、「魔神儀の創造主-クリオルター」1の効果で蘇生した儀式モンスター以外の「魔神儀」モンスターと一緒にフィールドに並べられます。

しかし「魔神儀」カードを少量採用した程度ではただの事故要因にしかならないため、デッキを構築する際には内容の半分近くを「魔神儀」カードや相性の儀式召喚と良いカードにしたほうが推奨されますので複合デッキに近い形になるかと思います。

混沌帝龍 -終焉の使者-

「カオス」デッキ

「カオス・ソーサラー」「カオス・ソルジャー-開闢の使者-」等の「カオス」モンスターを扱う光属性と闇属性の混合デッキです。

「魔神儀」モンスターは全て光属性か闇属性なので相性が良く、「魔神儀の創造主-クリオルター」の手札コストや儀式召喚によって墓地を肥やすことで除去効果を持つ「カオス」モンスターの召喚条件を満たします。除外した「魔神儀」モンスターは「大欲な壺」等を使ってデッキに戻しておけば再利用が可能です。

「魔神儀の創造主-クリオルター」の登場で純「魔神儀」デッキは組める?

結論から言えば純「魔神儀」デッキの構築は十分可能です。

「魔神儀の創造主-クリオルター」が火力面を補えますし、同時収録しているフィールド魔法は「魔神儀」モンスターを3枚積みしていることが前提になる代わりに複数体の展開が出来ます。

また高レベル儀式モンスターの儀式召喚が比較的容易な「魔神儀」モンスターと「魔神儀の祝誕」を駆使すれば、単体で強力な効果を持つ「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」「終焉の覇王デミス」のピン挿しが出来ます。

「魔神儀」カードのみを使用した場合でも、手札に「魔神儀-カリスライム」「魔神儀の祝誕」「魔神儀-ペンシルベル」が存在すれば結果的に「魔神儀-カリスライム」「魔神儀の創造主-クリオルター」「魔神儀-ブックストーン」(「魔神儀の創造主-クリオルター」の効果で強化される)が並べられますので、召喚権を残しながらも攻撃力合計7500の盤面を作るコンボも考えられます。

個人的には儀式召喚のサポートに特化した「魔神儀」テーマでデッキを作るのはかなり面白いかと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする