「礫岩の霊長-コングレード」について考察し、相性の良いカードやデッキを考案して性能を評価!




2019713日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに収録されるカードの新情報が届きました。

「礫岩の霊長-コングレード」というモンスターであり、今回はそんな新規カードについて考えていきます。

「礫岩の霊長-コングレード」の考察と考案!

レベル8の地属性・岩石族モンスターであり、攻撃力は3000守備力は2000です。

特殊召喚モンスターであり、通常召喚できずカードの効果でのみ特殊召喚することが出来ます。

1つ目の効果は相手の手札・デッキからモンスターが墓地へ送られた場合に発動でき、自身を手札から裏側守備表示で特殊召喚するものです

2つ目の効果は自身がリバースした場合にフィールドのカードを2枚まで対象として発動でき、そのカードを破壊するというものです。

レベルは高いものの属性・種族とサポートカードが多く、攻守も高いため恵まれたステータスをしていると言えます。

ライトロード・ビースト ウォルフ

特殊召喚モンスターではありますが、「ライトロード・ビースト ウォルフ」と同じように通常召喚は出来ずともカード効果による特殊召喚なら出来ますし、自身の効果もあるので特殊召喚自体は容易です。

基本的には通常召喚とペンデュラム召喚ができないという認識で良いので、蘇生・帰還・リクルート・手札からの特殊召喚も問題なく出来ます。

1の効果は条件を満たした場合の自己特殊召喚効果です。

おろかな埋葬

条件は相手の手札・デッキからモンスターが墓地へ送られた場合なので、機会の多い所で言うと相手が使った手札誘発モンスターや墓地肥やしに対しても使えます。

特殊召喚した自身は裏側守備表示になりますので、守備力の方が低いものの2つ目の効果の発動を狙える状態になります。

2の効果はリバースした場合の除去効果です。

1の効果で出せばこの効果の発動を狙えるものの、相手がこの効果を知っていれば何かしらの対策を打ってくることになることが予想できます。

裏側表示のまま除去されると効果を発動することは出来ませんが、発動さえできればフィールドのカード2枚までを対象に取って破壊できるため状況に応じてモンスターだけでなく魔法・罠カードの除去も狙えるので大抵の状況では役に立ちます。

次の自分のターンに反転召喚しても2の効果の発動が狙えることを考えると、1の効果による自己特殊召喚は相手ターン中に使いたい所ではあります。

2の効果はリバースした場合に発動しますが、このカード自体はリバースモンスターではないためリバースモンスターをサポートするカードの恩恵は受けられない点には注意しましょう。

スポンサーリンク

「礫岩の霊長-コングレート」と相性の良いデッキやカードを紹介!

EHERO」デッキ

E-HERO ダーク・ガイア

「礫岩の霊長-コングレート」は自己特殊召喚効果を使いやすく手札で腐りにくい上に攻撃力が高い岩石族モンスターですので、EHERO ダーク・ガイア」の融合素材として最適です。

「覇王城」EHERO マリシャス・デビル」をエクストラデッキから直接墓地へ送ってことも出来ますので、「礫岩の霊長-コングレート」と一緒に融合素材にすれば攻撃力6500EHERO ダーク・ガイア」を狙うことが出来ます。

加えて「礫岩の霊長-コングレート」のレベルは8なので、このデッキならEHERO ダーク・ガイア」EHERO マリシャス・ベイン」のどちらを融合召喚するか選べるので状況に応じて使い分けると良いでしょう。

またコチラでは強化された「E–HERO」デッキレシピの紹介を行なっております!

レジェンドデュエリスト編−5で各アニメの5人のテーマが強化されました! 今回はその中でも遊戯王GXの覇王編で登場した覇...

「マグネット・リバース」

マグネット・リバース

「礫岩の霊長-コングレート」は通常召喚できないため、このカードで蘇生できるカードに含まれます。

フリーチェーンで使える速攻魔法であるため使い勝手が良く、「礫岩の霊長-コングレート」の攻撃力は3000あるため火力としても十分期待できます。

このカードが腐らないデッキはやや限られますが、元々このカードを採用できるデッキに「礫岩の霊長-コングレート」を採用することは前向きに検討できるかと思います。

「バースト・リバース」

バースト・リバース

ライフコストはあるものの、墓地からモンスターを裏側守備表示で特殊召喚できるため「礫岩の霊長-コングレート」2の効果の発動を狙えます。

蘇生した後の運用は「礫岩の霊長-コングレート」の自己特殊召喚後と変わりませんが、こちらなら相手エンドフェイズに発動できるため自分のターンに反転召喚して除去しつつ攻撃を狙うことの確実性が増します。

スポンサーリンク

「星遺物の傀儡」

星遺物の傀儡

自分フィールドの裏側表示モンスター1体を表側攻撃表示または表側守備表示に出来るため、自己特殊召喚した「礫岩の霊長-コングレート」をそのターン中にリバースさせて2の効果で除去しつつ攻撃表示に出来ます。

このカードも採用するデッキを選びますので、適したデッキがあるなら「礫岩の霊長-コングレート」の採用は火力向上という意味でも良い手だと思います。

「礫岩の霊長-コングレート」の評価は?

「枝を咥えるゴリラ」

自己特殊召喚できるかは相手の行動によるものの、昨今の環境では比較的条件を満たしやすい上に除去効果を持った高ステータスモンスターでもあるため相手としては放置するわけにはいかない厄介な存在になり得ます。

最近では手札誘発モンスターの採用や墓地肥やしをするデッキは多いので汎用性にも期待できる良カード、というのが評価になります。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする