「雲魔物」テーマに新規カード「雲魔物の雲核」が登場!「雲魔物」デッキの組み方と回し方をおさらいして強化されたのか評価します!

2019112日に発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストームにて「雲魔物」に新規カードが登場することが判明しました。

かなり久しぶりの「雲魔物」カードの収録になりますが、そもそも「雲魔物」デッキについて詳しくないという方にも向けて紹介していきます。

新規カード「雲魔物の雲核」の考案と考察

 

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札から「雲魔物」モンスター1体を捨て、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスターにそのレベルの数だけフォッグカウンターを置く。
(2):自分の墓地からこのカードと「雲魔物」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「雲魔物」モンスター1体を特殊召喚する。

通常魔法カードで、1の効果で手札から「雲魔物」モンスター1体を捨てることでフィールドの表側表示モンスターを選択し、選択したモンスターにそのレベルの数だけフォッグカウンターを乗せる効果。

2の効果では墓地に存在するこのカードと「雲魔物」モンスター1体を除外することで、デッキから「雲魔物」モンスターを特殊召喚できる効果です。

このカード名の効果は1ターンに1度いずれか1つしか使用できません。

雲魔物-タービュランス

1つ目の効果ですが、手札コストは必要ですが選択したモンスターによっては大量のフォッグカウンターを乗せることが可能なため優秀です。

 

自身に乗っているフォッグカウンターを取り除く効果を持つ「雲魔物」モンスターの場合は先にフィールドに出しておく必要がありますが、フィールドに存在するフォッグカウンターを参照とする効果を持つ「雲魔物」モンスターと合わせるなら対象に取るのは相手モンスターでも可能です。

サルベージ

手札の「雲魔物」モンスターというコストは決して軽くないものの、「雲魔物」はステータス上「サルベージ」等の補充手段があるため賄いやすいと言えます。

2つ目の効果ですが、1の効果も含めると発動条件は満たしやすいため積極的に使っていける効果でもあります。

とはいえ除外してしまった「雲魔物」モンスターは当然蘇生やサルベージが出来なくなるのでよく選んで除外しましょう。

デッキから特殊召喚できる「雲魔物」モンスターに制限はないため、高レベルの「雲魔物」モンスターも特殊召喚出来ます。

ここで注意点として、下級モンスターのフォッグカウンターを乗せる効果は通常召喚時ですので、下級モンスターのフォッグカウンターを取り除いて発動できる効果を使いたい場合は他にフォッグカウンターを乗せる手段が必要になります。

スポンサーリンク

特殊召喚するなら自身以外に乗っているフォッグカウンターを参照できるモンスターにしたほうが良いです。

1ターンに1度どちらかしか効果を使用できないのでその点は忘れないようにしましょう。

墓地で発動する2の効果は墓地へ送られたターンには発動できないという制約は無いため、2の効果目的の場合は何かしらの方法で墓地へ送ってしまえば即座に使えます。

「雲魔物」デッキの組み方と回し方は?

随分と久しぶりの「雲魔物」カードですので、「雲魔物」デッキについてよく知らないという方も一定数いるかと思います。

「雲魔物」デッキについて知っているという方は新マスタールールに対応した使い方などを見直してみましょう。

デッキの組み方ですが、まず「雲魔物」テーマの主な特徴として戦闘で破壊されない代わりに守備表示になると自壊するモンスター、フォッグカウンターを使うことで除去を行うモンスターや魔法・罠カード、フォッグカウンターを乗せるモンスターや魔法・罠カード等が存在します。

天空の聖域

戦闘破壊されない「雲魔物」モンスターをフィールドに残す場合は「天空の聖域」等のサポートカードの採用が重要です。

また「雲魔物」モンスターのフォッグカウンターを取り除く効果は基本的にターン1制限が無いため、フォッグカウンターを大量に乗せることが出来れば複数回の使用を見込めます。

除去をするにも展開をするにもフォッグカウンターを乗せる効果が肝要ですので、魔法・罠カードとの割合にも注意しましょう。

大天使クリスティア

「雲魔物」デッキは火力不足になりがちですので大半の「雲魔物」モンスターは天使族なので「大天使クリスティア」等の上級天使族モンスター等と組み合わせたり「壊獣」モンスターによる除去などを駆使することで火力の底上げと対応力を上げることも狙うと良いでしょう。

雲魔物-タービュランス

デッキの回し方ですが、「雲魔物」モンスターとフォッグカウンターを使うことで除去や手札破壊などをしながらアドバンテージを稼いでいきます。新マスタールールでの変化点として「雲魔物-タービュランス」を使うことで高リンクモンスターに繋げることが出来ることが挙げられます。

自身に乗っているフォッグカウンターを1つ取り除くことでデッキ・墓地から「雲魔物-スモークボール」を特殊召喚できるため、新規カードの「雲魔物の雲核」を組み合わせれば計5回も「雲魔物-スモークボール」を特殊召喚が可能なのはかなり優秀です。

「雲魔物の雲核」収録で「雲魔物」強化か?

以前までの「雲魔物」デッキはシンクロやエクシーズ召喚をすることで対応力を上げていましたが、リンクモンスターの登場で少なくない恩恵を受けているデッキでもあります。

一度に複数のフォッグカウンターを乗せられる「雲魔物の雲核」はかなり便利なカードですので、「雲魔物」デッキならとりあえず採用しても問題ないほどの強化だと思います。