「/バスター」デッキに新たな波が!?新規カードを考察して、強化された「バスター・モード」関連カードを活かしたデッキを考案します!!




2019112日に発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストームにて「バスター・モード」関連カードの強化カードが収録されます。新たな「/バスター」も増えることが判明していますし、今回はどのように強化されたのかとどんなデッキが組めるのかを考えていきます。

新規「バスター・モード」関連のカードで「/バスター」デッキはどう強化された?

まずは現状判明している新規カードを紹介し、それらのおかげでどのような運用が出来るのか簡潔に紹介します。

「サイキック・リフレクター」

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/サイキック族/攻 400/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記されたカード
または「バスター・モード」1枚をデッキから手札に加える。
(2):手札の「バスター・モード」1枚を相手に見せ、
「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記された
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、そのレベルを4つまで上げる。

レベル1チューナーでサイキック族というステータスの時点で多くのサポートカードの恩恵を受けられます。

効果も驚きのもので、召喚・特殊召喚時に「バスター・モード」もしくは「バスター・モード」のカード名が記されたカードをサーチする効果と、手札の「バスター・モード」を見せることで墓地の「バスター・モード」カード名が記されたモンスターを蘇生しレベルを4つまで上げられる効果を持ちます。

サーチとシンクロ素材を揃えることが1枚で出来るため、「/バスター」に繋げるためには生命線とすら呼べるほど強力なサポートカードと言えます。

TG ハルバート・キャノン/バスター」

特殊召喚・効果モンスター
星12/地属性/機械族/攻4500/守4500
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスター及び相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て除外する。
(2):フィールドのこのカードが破壊された時、
自分の墓地の「TG ハルバード・キャノン」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。

新たな「/バスター」モンスターですが、TG ハルバート・キャノン」自体のシンクロ召喚が難しいため後述する新たなサポートカードで召喚条件を無視して特殊召喚したほうが現実的です。

攻守が4500であり、効果を使うことで相手がモンスターを特殊召喚した際に発動でき、特殊召喚を無効にしそのモンスターと相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て除外するという強力な効果です。

「バスター・モード・ゼロ」

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのSモンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターのカード名が含まれる「/バスター」モンスター1体を、
「バスター・モード」による特殊召喚扱いとして手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札・デッキから「バスター・モード」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

「バスター・モード」とは違い手札から「/バスター」モンスターを特殊召喚できる速攻魔法です。

墓地で発動する効果を使えば手札・デッキから「バスター・モード」1枚をセットしてセットしたターンに発動することが出来ます。

1つ目の効果に頼るには事故の可能性が付きまとうため、手札コストやデッキから直接墓地へ送るなどして2つ目の効果に焦点を当てて使う方が良いかと思われます。

「バスター・リブート」

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「/バスター」モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターとカード名が異なる「/バスター」モンスター1体を
召喚条件を無視してデッキから守備表示で特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、「バスター・リブート」以外の自分の墓地の、
「バスター・モード」のカード名が記されたカード及び
「バスター・モード」を任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードをデッキに戻す。

自分フィールドの「/バスター」モンスターをリリースすることでデッキから「/バスター」モンスター1体を召喚条件を無視して守備表示で特殊召喚できる罠カードです。

墓地で発動する効果を使えば墓地の「バスター・モード」または「バスター・モード」のカード名が記されたカードを任意の枚数(同名カードは1枚まで)をデッキに戻せるため、「バスター・モード」を使い切ってしまう危険を回避できます。

新規「/バスター」デッキはどう組めそう?

バスター・モード

「/バスター」デッキにはどの「/バスター」モンスターを出すことを主軸に置くかでデッキ構築が大きく変わります。

デスカイザー・ドラゴン/バスター

今回私が紹介するのは、汎用素材で出せるレベル8シンクロモンスターまたは「バスター・モード」と相性の良い「ゾンビキャリア」を採用する関係上「デスカイザー・ドラゴン」も採用したタイプのデッキの組み方になります。

バスター・ビースト

具体的な組み方ですが、新規カードである優秀なサポート効果を持つ「サイキック・リフレクター」「サイキック・リフレクター」で蘇生するためにも「バスター・モード」のカード名が記されたモンスターでありつつサーチ効果を持つ「バスター・ビースト」複数枚積んでいきます。

緊急テレポート

「サイキック・リフレクター」を呼び込むためにも「ワン・フォー・ワン」「緊急テレポート」も可能な限り採用すると良いでしょう。

ゴブリンのやりくり上手

「/バスター」モンスターが手札に来た場合の対処法としては「ゾンビキャリア」「ゴブリンのやりくり上手」等を使いデッキに戻す必要があります。

「バスター・リブート」は召喚条件を無視するという都合上、呼び出した「/バスター」モンスターは後続を出せなくなります。その点をよく注意する必要はありますが、TG ハルバート・キャノン/バスター」を出せるメリットは大きく、サクリファイスエスケープ出来ることも考慮すると採用した方が良いかと思います。

スターダスト・ドラゴン/バスター

「スターダスト・ドラゴン/バスター」の制圧力は現環境でも高いためそちらに繋げたり、「ギガンテック・ファイター/バスター」の効果を使ってDHERO ディアボリックガイ」を墓地へ送ったりしながらリンク召喚などの更なる展開に繋げることも出来ます。

まとめ

それまでと比べると「/バスター」デッキは間違いなく強化されました。

とはいえ「バスター・モード」の効果の都合上、特殊召喚封じや「バスター・モード」自体が「灰流うらら」による無効可能カードであるため欠点は未だ存在します。

それら欠点をどれだけカバーできるかはデッキ構築をする上で気を付けなければならないことでもあるので、今回に限らず自分の作ったデッキや考えたコンボはどんな対策を取られるかも考えておくと更にデッキのクオリティを上げられます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする