バースト・オブ・デスティニーの+1ボーナスパックのプリシク枠を予想!今回は何が来て欲しい!?

2021717日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーではこれまでの基本パック同様、初回生産版のボックスには+1ボーナスパックが同梱されます。

今回の+1ボーナスパックにはバースト・オブ・デスティニーに収録されているスーパーレア以上のカード18種に加えて再録カード1種、計19種の内1枚が収録されています。

この再録カード1種はプリズマティックシークレットレアのみで収録されるため、流通量の少なさなどによって市場相場でも高額で取引されます。

そこで今回はバースト・オブ・デスティニーの+1ボーナスパックに収録される再録カード枠を予想していきたいと思います。

バースト・オブ・デスティニーの+1ボーナスパックのプリシク枠を予想!来て欲しいカードは?

「ヴァレルロード・ドラゴン」


遊戯王/ヴァレルロード・ドラゴン(ウルトラレア)/サーキット・ブレイク

モンスター効果への対象耐性、フリーチェーンでモンスター1体を弱体化しつつ相手のチェーンを封じる効果、攻撃を行った際のコントロール奪取が出来る汎用素材のリンク4モンスターです。

バースト・オブ・デスティニーのパッケージイラストになっているカードは恐らく新しい「ヴァレル」モンスターですので、アニメ遊戯王VRAINSにて「ヴァレル」や「ヴァレット」を使っていたリボルバーに関連したカードが1ボーナスパックのプリシク枠になる可能性はかなり高いです。

作中での活躍からリボルバーと言えばこのカードが思い浮かびますし、その汎用性と性能の高さもあって再録されたら嬉しいという人も多いのではないでしょうか。

これまでプリズマティックシークレットレア仕様で収録されたことが無い点もプリシク枠と予想する一因です。

もしこのカードが+1ボーナスパックのプリシク枠になるなら、2種類あるイラストの内どちらが選ばれるかも注目どころではあります。個人的には初登場時のイラストの方が好みです。

「ヴァレルガード・ドラゴン」


遊戯王 ヴァレルガード・ドラゴン(スーパーレア) コレクターズパック 2018 CP18-JP044 Collectors Pack 2018

効果破壊耐性、魔法&罠ゾーンのカード1枚をコストにこのターン破壊されたモンスター1体の蘇生効果、フリーチェーンでフィールドのモンスター1体を表側守備表示にする効果を持つ汎用素材のリンク4モンスターです。

弱体化とコントロール奪取で対応力の高い「ヴァレルロード・ドラゴン」、攻撃力吸収と2回攻撃でワンターンキルも狙える「ヴァレルソード・ドラゴン」など、同じ素材から出せるリンク4「ヴァレル」モンスターと比べると使い辛く感じやすいかと思います。

ガードと名前に付いているだけあって防御系の効果を持っており、セットしたリバースモンスターを表側守備表示にすることで素早くリバース効果の使用に繋いだりといった運用も可能ではあります。

「ヴァレルソード・ドラゴン」には既にプリズマティックシークレットレア仕様の物があるため今回の+1ボーナスパックのプリシク枠になる可能性はかなり低く、有力候補である「ヴァレルロード・ドラゴン」ではなかった場合はこのカードがプリシク枠になる可能性も0ではないかと思います。

「ヴァレルロード・F・ドラゴン」


ヴァレルロード・F・ドラゴン ウルトラレア 遊戯王 リボルバー sd36-jpp01

フリーチェーンで自分のモンスターと相手フィールドのカードを1枚ずつ破壊する効果、墓地の自身をコストに闇属性リンクモンスター1体を蘇生する効果を持つ融合モンスターです。

バースト・オブ・デスティニーに収録される新規カード「デュアルウィール・ドラゴン」のサーチ効果が「ラピッド・トリガー」にも対応していることから、このカードの出しやすさも上がる強化がされます。

他のリンクモンスター以外の「ヴァレル」モンスターと比べると、「デュアルウィール・ドラゴン」の存在によって一緒に強化されるということが理由で+1ボーナスパックのプリシク枠に選ばれる可能性も無くは無いです。

「トポロジック・ボマー・ドラゴン」


遊戯王OCG トポロジック・ボマー・ドラゴン アルティメットレア COTD-JP046-UL CODE OF THE DUELIST(コード・オブ・ザ・デュエリスト)

リンク先にモンスターが特殊召喚された場合にメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する効果、モンスターに攻撃したダメージ計算後にその相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを与える効果を持つ汎用リンク4モンスターです。

一掃効果はターン1制限が無く強制効果であるため、この点を利用した先攻ワンキルコンボもかつては存在しました。

リボルバーの使用カードとしても有名で、このカードを入手した際のリボルバーのセリフ「良き力だ」は聞いたことがある人も多いかと思います。

作中でも「リボルバーのエースモンスターの1体」と評価されていたこともあり、+1ボーナスパックのプリシク枠がリボルバーの代表的な使用カードから選ばれるのであれば十分可能性はあります。

「聖なるバリア -ミラーフォース-」


【シングルカード】 遊戯王 聖なるバリア -ミラーフォース- SE Vol.7

相手モンスターの攻撃宣言時に発動でき、相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する効果を持つ通常罠カードです。

攻撃反応型罠カードの代表格であり、長い歴史を持つ遊戯王を代表するカードの内の1枚でもあります。

遊戯王シリーズでは登場することはあれど成功することはほとんどない罠カードでしたが、遊戯王VRAINSではリボルバーが強力な切り札として使用し、このカードを活かした戦術も駆使していました。

作中での活躍もあってリボルバーを象徴する罠カードでもあり、詳細を隠され「恐ろしいカード」とまで言われていたカードが「聖なるバリア -ミラーフォース-」だったという事実は多くのユーザーの間で話題となりました。

昔からあるカードとしてノーマルから20thシークレットレアなど様々なレアリティ仕様で登場しているこのカードですが、プリズマティックシークレットレア仕様で登場したことはありません。

もし+1ボーナスパックのプリシク枠がこのカードだったなら、それはそれで面白くて良いと個人的には思います。

まとめ!!

バースト・オブ・デスティニーの+1ボーナスパックのプリシク枠を予想してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のプリシク枠は恐らく何ら、リボルバーと関連したカードが収録されることは既に予想できることかと思います。

今回紹介したカード以外にも、リボルバーが使った罠カードである「魔法の筒」や「王宮の勅命」などがプリシク枠だったらそれは、それでネタになって面白いとも感じました!!


遊戯王OCG デュエルモンスターズ BURST OF DESTINY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1742