「ブラック・マジシャン」デッキレシピとその回し方を紹介!レジェンドデュエリスト編6で新規カードが増えて強化!!




2019119日に発売したデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-で新規カードが登場し、「ブラック・マジシャン」デッキは更に強化されました。

そこで今回は「ブラック・マジシャン」デッキのサンプルレシピや回し方を紹介します。

あくまでファンデッキに近い形になっているのでその点はご承知おきください。

レジェンドデュエリスト編6で強化された「ブラック・マジシャン」デッキレシピの紹介!

モンスターカード

「ブラック・マジシャン」×3

「ブラック・マジシャン・ガール」×1

「守護神官マハード」×1

「マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン」×1

「幻想の見習い魔導師」×2

「マジシャンズ・ロッド」×3

「マジシャンズ・ソウルズ」×3

「マジシャンズ・ローブ」×1

「竜魔導の守護者」×1

魔法カード

「黒・魔・導」×1

「黒・爆・裂・破・魔・導」×1

「師弟の絆」×2

「魂のしもべ」×2

「黒魔術の秘儀」×1

「黒の魔導陣」×3

「黒魔術の継承」×1

「黒魔術のヴェール」×1

「ティマイオスの眼」×1

「千本ナイフ」×1

「置換融合」×1

「奇蹟のマジック・ゲート」×1

「死者蘇生」×1

罠カード

「永遠の魂」×3

「マジシャンズ・コンビネーション」×2

「マジシャンズ・ナビゲート」×2

エクストラデッキ

「超魔導師-ブラック・マジシャンズ」×2

「竜騎士ブラック・マジシャン」×1

「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」×1

「幻想の黒魔導師」×1

「虚空の黒魔導師」×1

「見習い魔嬢」×1

「アカシック・マジシャン」×1

残り7枠は好きな汎用カードをどうぞ!!

またコチラでは前回「師弟の絆」が登場した時に組んだ「ブラック・マジシャン」デッキとなっております!

20thアニバーサリーレジェンドコレクションから「師弟の絆」が収録されましたね! 劇場版「遊戯王~超融合!時空を越えた...

スポンサーリンク

新規カードが加わった「ブラック・マジシャン」デッキの回し方と戦術を紹介!

マジシャンズ・ソウルズ

基本的なデッキコンセプトとしては、「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を駆使してビートダウンを行っていくことです。

今回の新規カードも含めて「ブラック・マジシャン」関連のサポートカードは非常に充実しているので、それらも併せて使っていくことで「ブラック・マジシャン」を出しやすくしたり強力な盤面の構築を狙っていけます。

デッキの回し方ですが、まずは「ブラック・マジシャン」を手札・フィールドに集めていきます。3枚積みすることで素引きもしやすくなる上に、「幻想の見習い魔導師」や「マジシャンズ・ソウルズ」ならサーチや疑似的なリクルートも可能です。

マジシャンズ・ロッド

基本的に「ブラック・マジシャン」をフィールドに出すことに召喚権を割くことはないので、召喚権は「マジシャンズ・ロッド」に使って「ブラック・マジシャン」サポートカードのサーチへ繋げるのが有効です。

「ブラック・マジシャン」を用意出来たら、「マジシャンズ・ロッド」「黒の魔導陣」で手札に加えたサポートカードを使っていくことで自分に有利な状況を作っていきます。

サポートカードの種類は豊富にあり、相手カードの除去はもちろんのこと更なる展開なども行えます。

マジシャンズ・コンビネーション

中でも新規カードであり制圧力向上として期待できる「マジシャンズ・コンビネーション」は強力なので、「師弟の絆」等のサポートカードを使って手早く「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を手札・フィールド・墓地に揃えていきたい所です。

魂のしもべ

また同じく新規カードの「魂のしもべ」はフィールド・墓地に「守護神官」「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」のいずれか1枚でもあれ疑似的なサーチ・サルベージカードとしても機能するため状況に応じたサポートカードを手札に加えることが出来ます。

「ブラマジ」の新規カードを使った戦術例を紹介!!

マジシャンズ・ソウルズ

次に新規カードも併せた具体的な戦術例を1つ紹介します。

手札に「マジシャンズ・ソウルズ」+「マジシャンズ・ロッド」+「魂のしもべ」がある場合に使えるコンボです。

「マジシャンズ・ソウルズ」の効果を発動しデッキから「ブラック・マジシャン」を墓地へ送った後「ブラック・マジシャン」を蘇生→「マジシャンズ・ロッド」を召喚し「師弟の絆」をサーチ→

「師弟の絆」を発動し「ブラック・マジシャン・ガール」をリクルートしてデッキから「黒・爆・裂・破・魔・導」をセット→

「魂のしもべ」を発動しデッキから「黒魔術の秘儀」をデッキトップに置く→

墓地の「魂のしもべ」の効果を発動して2枚ドローします。

これで手札に加えた「黒魔術の秘儀」をセットしておけば、相手ターン中には「黒・爆・裂・破・魔・導」による相手フィールドの一掃と「黒魔術の秘儀」による「超魔導師-ブラック・マジシャンズ」の融合召喚が狙えます。

「魂のしもべ」でデッキトップに置くカードは「永遠の魂」「黒の魔導陣」でも強力な盤面構築に役立つのですが、今回は攻撃表示で残った「マジシャンズ・ロッド」の処理手段としても使える「黒魔術の秘儀」にしました。

他にもデッキトップに置くカードを「マジシャンズ・コンビネーション」にして「ブラック・マジシャン・ガール」「マジシャンズ・ロッド」「見習い魔嬢」をリンク召喚することで「マジシャンズ・コンビネーション」の発動条件を満たして制圧力を上げるという手もありです。

前述のように「マジシャンズ・ロッド」「魂のしもべ」で手札に引き込めるカードの種類が幅広く存在するため、残りの手札や相手のデッキ次第で様々なコンボを狙えるというのはこのデッキの大きな特長です。

「ブラック・マジシャン」強化についてのまとめ!!

着実にサポートカードが増え続け、「ブラック・マジシャン」デッキも今では魔法使い族汎用サポートカードを入れなくても十分機能するほどになりました。

20191221日に発売予定のレジェンダリーゴールドボックスでは切り札に相応しい強力な効果を持った「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」も登場しますので、「ブラック・マジシャン」デッキは更に強化されるでしょう。

融合素材からも「ティマイオスの眼」の採用枚数を増やすことで比較的容易に出せるようになるかと思います。

度重なる「ブラック・マジシャン」強化によって問題点だった事故率も軽減されたので、ファンとしても嬉しいですし今後の活躍に期待したいです。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編6- BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする