遊戯王 「ボルテスター」の効果を考察し、相性の良いカードや使い道を考案して性能を評価!




基本パック、ライジング・ランペイジに「ボルテスター」というモンスターカードが収録されました。

対リンクモンスターとも言える効果をしているこの「ボルテスター」について考えていきたいと思います。

個性的な効果を持つ「ボルテスター」の考察と考案!

ボルテスター

レベル7の闇属性・雷族モンスターで、攻撃力は2500守備力は1000です。

カード名ターン1制限のある効果で、このカードがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動し、このカードとリンク状態になっているリンクモンスターを全て破壊します。

更に破壊したリンクモンスターのリンク先のモンスターも全て破壊する処理を繰り返し、この効果で自身は破壊されません。

スポンサーリンク
最上級モンスターであり、攻撃力もエース級と言えます。

闇次元の解放

闇属性であるため恩恵を受けられるサポートカードも色々あります。

効果ですが、自身がリンクモンスターのリンク先に特殊召喚されることをトリガーにして発動する強制効果になっています。

まずはこのカードとリンク状態になっているリンクモンスターを破壊し、連鎖的に破壊したモンスターのリンク先のモンスターも破壊していきます。

リンクモンスターは自分・相手のどちらのものでも良いですが、相手のリンクモンスターのリンク先が自分フィールドのメインモンスターゾーンに向いている状況があるかどうかは相手が使うリンクモンスターにもよります。

かといって自分のリンクモンスターを使うとなると、そのリンクモンスターが破壊されてしまうことも踏まえると盤面次第ではディスアドバンテージになってしまいます。

連鎖的に破壊するため、相手のエクストラリンクを一気に崩すことも可能ではありますが都合よく自分フィールドにリンク先が向いているかどうかは微妙な所です。

ちなみにこの破壊効果は最初のリンク状態のモンスターを破壊する効果以外は、破壊したリンクモンスターのリンク先のモンスターを破壊するという処理を繰り返すため同時に破壊しているわけではないということは覚えておきましょう。

相手ターン中にこのカードを特殊召喚して効果を使うことで奇襲で相手フィールドのリンクモンスターの流れを崩すことも可能です。

スポンサーリンク

「ボルテスター」と相性の良いカードは?

「封狼雷坊」

封狼雷坊

フィールドから墓地へ送られた場合に手札から雷族モンスター1体を守備表示で特殊召喚できる効果を持つ下級モンスターです。

「ボルテスター」の特殊召喚手段として有用であり、フィールドから墓地へ送られた場合と条件も緩いためリンク素材にしたときなどに効果を使うことが可能です。

他にも雷族モンスターを採用しているなら腐ることもないですし、このカード自体もレベル4で攻撃力が1900あるので準アタッカーとして使えるのも優秀です。

スポンサーリンク

「ギブ&テイク」

ギブ&テイク

自分の墓地のモンスター1体と自分フィールドのモンスター1体を対象として発動でき、対象にした墓地のモンスターを相手フィールドに特殊召喚し、対象のフィールドのモンスターのレベルはターン終了時まで特殊召喚したモンスターのレベル分だけ上がるという効果の通常罠カードです。

このカードを使えば相手ターン中に相手フィールドに「ボルテスター」を特殊召喚することが出来ます。

相手のリンクモンスターのリンク先に「ボルテスター」を送り付けることで、相手のリンクモンスターを連鎖的に破壊することが出来ます。

しかし必ずしも相手のフィールドを一掃できるかと言われれば違い、リンク状態のリンクモンスターを破壊は出来ても破壊したリンクモンスターのリンク先に他にモンスターがいなければ連鎖的な破壊は続けられないので、相手が相互リンクを狙うデッキなら比較的連鎖的な破壊が狙えるかと思います。

スポンサーリンク

「闇次元の解放」

闇次元の解放

除外されている自分の闇属性モンスター1体を特殊召喚出来る永続罠カードであり、闇属性専用の期間版「リビングデッドの呼び声」とも言えます。

「ボルテスター」が闇属性である点を活かせるカードであり、特殊召喚手段として有用です。

「闇次元の解放」自体はフリーチェーンで発動できるので、相手がリンクモンスターを展開したらちょうどいいタイミングで帰還させて破壊効果を使いましょう。

スポンサーリンク

「ボルテスター」の評価は?

相手フィールドのモンスターを全体破壊したいのであれば「サンダー・ボルト」の方が使い勝手が良いですし、属性が違い効果使用ターンに制約がかかるものの墓地からの蘇生であれば「大狼雷鳴」も一掃効果を持っています。

それらと比べると「ボルテスター」は確実性が低く使えるタイミングも限られたカードではありますが、「サンダー・ボルト」「大狼雷鳴」下位互換というわけでは決してありません。

破壊の仕方が独特であるため「スターライト・ロード」等の発動条件をすり抜けたりなど、どちらのカードにもない特長も持っています。

総合的な評価としては、使いこなすのは難易度が高いものの上手く決まれば起死回生の一手にもなりうる効果を持ったモンスターというところです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする