「超量」デッキが新規リンクモンスター「真超量機神王ブラスター・マグナ」によって強化!コンボ例も紹介します!!




2019112日に発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストームにて「超量」テーマが強化されることが判明しました。

スーパー戦隊シリーズがモチーフとなっているこのテーマですが、新マスタールールになったことで致命的なダメージを受けたテーマデッキでもあります。

今回はそんな「超量」テーマに新たに加わったリンクモンスターについて紹介します。

「真超量機神王ブラスター・マグナ」の効果の考察と考案

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/機械族/攻2500
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「超量」モンスターを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク召喚したこのカードは相手の効果では破壊されない。
(2):同名カードが自分フィールドに存在しない「超量」Xモンスターが
EXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚される度に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):このカードのリンク先のXモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
そのXモンスターと元々の属性が同じ「超量」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

リンクは3で召喚条件は「超量」モンスターを含む効果モンスター2体以上、リンク先は左下、下、右下です。

3つの効果を持っていて、1つ目はリンク召喚した自身は効果破壊されないという耐性効果。

2つ目は同名カードが自分フィールドに存在しない「超量」エクシーズモンスターがエクストラデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚される度に1枚ドローする効果。

3つ目の効果は1ターンに1度リンク先のエクシーズモンスターが戦闘・効果破壊された場合にそのエクシーズモンスターと属性が同じ「超量」モンスター1体をデッキから特殊召喚する効果です。

「超量」テーマが必要としていたリンク先の確保を賄うためにも、リンク3新規リンクモンスターの登場は嬉しいものですがリンク召喚するために一手間が必要になります。

効果を含めると1ターンでこのカードを絡めた展開をするには、このカードのリンク召喚後に「超量」エクシーズモンスターをエクシーズ召喚しなくてはならないので消費枚数は多くなりやすいかと思われます。

1の効果でリンク召喚した自身は効果破壊耐性を得られますが、攻撃力は2500なので戦闘破壊の危険も十分にあります。

あくまで生存確率を上げるためのおまけ程度に認識しておいたほうが良いでしょう。

また耐性を得られるのはリンク召喚した場合のみですが、リンク先は全て下向きなので蘇生した際の利点もほぼ無いので気にしなくて良いでしょう。

超量機艦マグナキャリア

2の効果はこのカードのリンク先に「超量」エクシーズモンスターをエクシーズ召喚するという条件こそ厳しいものの、1枚ドローが出来れば「超量機艦マグナキャリア」の手札コストを賄えるので1ターンで「超量」エクシーズモンスターを複数体並べることも不可能ではありません。

3の効果は発動条件が戦闘・効果破壊時なので能動的に使うには自爆特攻等になってしまいますが、使うことさえできれば後続を出すことが出来ます。

破壊されたエクシーズモンスターは「超量」モンスターでも構わないので光・風・水・炎4属性であれば効果を使うことが出来ます。

とはいえ「超量」デッキでは「超量機獣」モンスターを優先的に出したいため覚えておく程度にしましょう。

「真超量機神王ブラスター・マグナ」を使ったコンボ例は?

超量妖精アルファン

「超量」テーマは「超量妖精アルファン」の効果がランダムになるためコンボ例を紹介しにくいテーマでもあります。今回は純「超量」デッキでの使用を前提とし、コンボに使うのはほぼ全てを「超量」カードという中で考えていきます。

超量士レッドレイヤー

手札に「超量士レッドレイヤー」「緊急テレポート」「超量機艦マグナキャリア」3枚があった場合に出来るコンボです。

最後の「超量妖精アルファン」の効果によってはもう1枚手札コストとして必要になります。

相手フィールドにモンスター効果の対象に取れて効果破壊できるモンスターがいることが前提なので後攻以降に出来るコンボでもあります。

超量機艦マグナキャリア

「超量機艦マグナキャリア」を発動し、「超量士レッドレイヤー」を自身の効果で特殊召喚。

超量士ブルーレイヤー

「緊急テレポート」「超量士ブルーレイヤー」を特殊召喚してその効果により「超量士ホワイトレイヤー」をサーチ。

超量機獣マグナライガー

「超量機艦マグナキャリア」の効果で手札の「超量士ホワイトレイヤー」を捨てて「超量士レッドレイヤー」を素材に「超量機獣マグナライガー」をエクシーズ召喚。

超量妖精アルファン

「超量士ホワイトレイヤー」の効果で「超量妖精アルファン」をサーチ。

「超量機獣マグナライガー」の効果で相手フィールドのモンスターを効果破壊。

墓地へ送られた素材の「超量士レッドレイヤー」の効果で墓地の「超量士ホワイトレイヤー」を蘇生。

手札の「超量妖精アルファン」を通常召喚し効果を発動。デッキから「超量士ブルーレイヤー」以外の「超量士」モンスター3種類をデッキから選び内1体を特殊召喚(不確定要素になるため効果の使用は無しで進めます)。

「超量妖精アルファン」の効果で出した「超量士」モンスターと「超量士ブルーレイヤー」「超量機獣マグナライガー」を素材に「真超量機神王ブラスター・マグナ」をリンク召喚。

「超量機艦マグナキャリア」の効果で手札コスト1枚で「超量士ホワイトレイヤー」を素材に「超量機獣ラスターレックス」をエクシーズ召喚。「真超量機神王ブラスター・マグナ」の効果で1枚ドロー。

超量士レッドレイヤー

「超量妖精アルファン」の効果で「超量士レッドレイヤー」を特殊召喚できればサルベージ効果が発動するので手札コスト分を賄えるうえに「真超量機神王ブラスター・マグナ」のドロー効果で最終手札消費量は2枚になりますが、3分の1の確率なので過信も出来ません。

リンクモンスターが加わったことで「超量」デッキは強化された?

ブリリアント・フュージョン

「ブリリアント・フュージョン」で「ジェムナイト・セラフィ」を出すというコンボを使えば他にも色々とコンボパターンは考えられて強化されたと感じますが、純「超量」デッキでは採用は見送りたいカードでもあるので難しい所です。

リンクモンスターがいることでリンク先の確保が出来ましたが、リンク3モンスターのリンク召喚に続くエクシーズ召喚は純デッキではややハードルが高いかなというのが正直な感想です。

トークンから汎用リンクモンスターにしてリンク素材を確保するという選択肢も有りますが、トークンはエクシーズ召喚との相性が悪く事故率にもなりかねないので注意が必要です。