「超魔導騎士-ブラック・キャバルリー」「E・HERO ネビュラネオス」「ジャンク・スピーダー」「シャイニング・ドロー」「EMスマイル・マジシャン」「デコード・エンド」大量判明!20thアニバーサリーの収録カード紹介!




20thアニバーサリーから大量に収録カードが判明しました!

・超魔導騎士-ブラック・キャバルリー

・E・HERO ネビュラネオス

・ジャンク・スピーダー

・シャイニング・ドロー

・EMスマイル・マジシャン

・デコード・エンド

どれも主人公らしさの出ているこれらのカードを今回は紹介と考察して行きたいと思います!

「超魔導騎士-ブラック・キャバルリー」の解説

融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/ATK2800/DEF2300
「ブラック・マジシャン」+戦士族モンスター
①:このカードの攻撃力は、お互いのフィールド・墓地の魔法・罠カードの数×100アップする。
②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
③:フィールドのカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。その発動を無効にし破壊する。

「ブラックマジシャン」を素材とした新たな融合モンスターです!

融合素材に戦士族モンスターを必要とする為、デッキを構築するのであればやや専用の構築が必要にも思われますが、「ブラックマジシャン」には「ティマイオスの眼」がありますので融合召喚については実はそこまで難しく考える必要がありません。

また戦士族を素材とするので「超融合」で相手の戦士族を素材にしてしまうのも手でしょう。

効果の方はお互いのフィールド・墓地の魔法・罠カードの数×100アップするというものでこのカードを融合召喚する際に最低でも1枚は魔法カードを使うと想定すると少なからず100攻撃力の上昇が見込めます。

また(2)の効果は貫通効果で(1)の効果と相性が良く、フィニッシャーとしても十分な性能を誇っております。

(3)の効果は「ブラックパラディン」と似た効果を持っており、フィールドのカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨ててその発動を無効にすると言った効果で

対象を取る効果限定ですが「ブラックパラディン」より無効に出来る範囲が広い為、相手のデッキによって使い分けるといいでしょう。

見た目は「暗黒騎士ガイア」と似ていますが「暗黒騎士ガイア」と融合したと言う設定なのでしょうか?

「E・HERO ネビュラネオス」の効果解説

融合・効果モンスター
星9/地属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「N・グラン・モール」+「N・ブラック・パンサー」
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがEXデッキからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードの数だけ自分はデッキからドローする。
その後、フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にする。
②:エンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、フィールドのカードを全て裏側表示で除外する。

海外で販売した十代缶のカードが日本に来日して来ましたね!

コチラは「E・HERO ネオス」+「N・グラン・モール」+「N・ブラック・パンサー」を素材にします。

融合召喚については新しく登場した「ネオス・フュージョン」を使えば簡単に行うことが出来ます

エクストラデッキからの召喚時効果は

相手フィールドのカードの数だけ自分はデッキからドローし、フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にすると言った効果で相手フィールドのカードが多いほどドローアドバンテージを得ることが出来る効果と相手フィールドのカードの効果をターン終了時まで無効化すると言ったものです。

この効果は「ミラクル・コンタクト」と相性が良く「ミラクル・コンタクト」で一度融合を解除し再び融合召喚する事で再びドローを行いつつ相手カードをもう1枚無効化することが出来ます。

(2)の効果もエクストラデッキに戻る際にフィールド全てのカードを裏側で除外出来る為再利用を許さない点も豪快です!

ただしこの効果は自分のカードも巻き添えにしてしまう為、その後の防御手段も何かしら準備した方が良いでしょう。

コチラの記事では「E・HERO ネビュラネオス」を使ったデッキレシピと登場当時に行った考察記事内容となっております!

2018年8月11日に発売するMega-Tin2018から新規コンタクト融合であるE・HEROネビュラネオスと新規シンクロモ...
海外で発売するMega-Tin2018の十代缶で登場する新たなる新規ネオスのコンタクト融合である、E・HEROネビュ...
サベージ・ストライクから十代の使うネオスペーシアンが新規収録のされネオスペーシアンデッキが強化されましたね! 今回ネオ...

「ジャンク・スピーダー」の効果の解説

シンクロ・効果モンスター
星5/風属性/戦士族/攻1800/守1000
「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか発動できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベルの異なる「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

コチラは十代缶同様に海外の遊星缶でコチラも日本に来日してきたモンスターです!

「シンクロン」チューナーとチューナー以外でシンクロ召喚出来るモンスターでシンクロ召喚に成功した場合にデッキからレベルの異なる「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する事が出来ます。

シンクロ召喚に関しては「ジャンク・シンクロン」でレベル2を特殊召喚しそのままこのカードにアクセスすれば良いのでシンクロ召喚自体は簡単に行うことが出来ます

(1)の効果である「シンクロン」チューナーを大量に特殊召喚する効果ですがこの効果を使うとシンクロ召喚以外にエクストラデッキから特殊召喚出来なくなるため次のシンクロ召喚に繋げると言った形を取ることになるでしょう。

この効果で出したいシンクロモンスターの一例ですが、このカードとレベル3チューナーで「クリアウイング・シンクロ・ドラゴン」「PSYフレームロード・Ω」をシンクロ召喚すれば制圧力にも優れておりオススメです。

上記のカード以外にも状況に合わせてシンクロ先を選べる点もこのカードの優秀なところと言えるでしょう!

(2)の効果ですがシンクロ召喚したターンのみ攻撃力が倍になる効果なので、攻撃後はシンクロ召喚に繋げる動きがやはり最適でしょう!

またコチラの記事ではこのモンスターが登場した当時に行った考察記事もございますのでコチラも合わせてどうぞ!

2018年8月11日に発売するMega-Tin2018から新規コンタクト融合であるE・HEROネビュラネオスと新規シンクロモ...

シャイニング・ドロー

通常魔法
①:自分ドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、そのターンのメインフェイズ1に、自分フィールドの「希望皇ホープ」Xモンスター1体を対象として、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキ・EXデッキからカード名が異なる「ZW」モンスターを任意の数だけ選び、装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
●対象の自分のモンスターとカード名が異なる「希望皇ホープ」Xモンスター1体を、そのモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

通常ドローした場合に公開し続ける事で発動する効果で「希望皇ホープ」を対象として発動する効果で2つの効果の内1つを選びます。

1つ目はデッキ・EXデッキからカード名が異なる「ZW」モンスターを任意の数だけ選び、装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する効果で決まれば好きなだけ「希望皇ホープ」を強化することが出来ます

下手に「ZW」モンスターを積みすぎても事故の原因になりますがこの効果を最大限に活かすことが出来れば脳筋「ホープ」を作ることも夢ではありませんね(笑

2つ目の効果は対象の自分のモンスターとカード名が異なる「希望皇ホープエクシーズモンスター1体を、そのモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する効果で、状況に応じた「ホープ」モンスターを出せます。

召喚の難しい「ホープ」モンスターを出せばロマンが溢れる効果となっております

ドローで引き当てなくてはいけない上フィールドに「希望皇ホープ」モンスターがいなくてはいけない為、発動条件は容易ではありませんが発動出来れば驚異の脳筋力を見せつけることの出来るカードでございます!

「EMスマイル・マジシャン」の効果解説

ペンデュラム・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族族ATK2500/DEF2000【スケール1】
【モンスター効果】
このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「スマイル」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:自分フィールドのモンスターが「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターのみで、このカードの攻撃力が元々の攻撃力より高い場合に発動できる。元々の攻撃力より高い攻撃力を持つ自分フィールドのモンスターの数だけ自分はデッキからドローする。このターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
【ペンデュラム効果】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:元々の攻撃力より高い攻撃力を持つ自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。

「EMスマイル・マジシャン」と遊矢を意識したモンスターなのでしょう!

(1)の効果は召喚・特殊召喚成功時にデッキから「スマイル」魔法・罠カード1枚を手札に加える効果です。

現状「スマイル」魔法・罠は「スマイル・ワールド」「スマイル・ユニバース」2枚のみなのでどちらかをサーチする事になります。

(2)の効果は自分フィールドのモンスターが「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターのみで、このカードの攻撃力が元々の攻撃力より高い場合に発動できる効果で元々の攻撃力より高い攻撃力を持つ自分フィールドのモンスターの数だけ自分はデッキからドローするものです。

(2)の効果は完全に「スマイル・ワールド」を意識した効果になっており、「スマイル・ワールド」を使い全体の攻撃力を上げ、ドローと言ったものとなっております。

ペンデュラムテーマなので展開力には優れているので大量ドローも不可能ではないでしょう。

ただしデメリットとしては効果でドローしたターンに特殊召喚が出来ない為、ドローからとペンデュラム召喚に繋げることが出来ないのはやや痛手です。

ペンデュラム効果は元々の攻撃力より高い自分のモンスターが破壊された時にペンデュラムゾーンのこのカードを特殊召喚することが出来る効果で、「EMヘルタイガー」と相性の良い「炎舞ー天キ」などと組み合わせればこの条件はクリア出来ます。

レベル8モンスターの為、ペンデュラム召喚が難しい為、デッキを組む際は専用構築になりそうですね!

「デコード・エンド」効果解説

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「デコード・トーカー」1体を対象として発動できる。そのモンスターのリンク先のモンスターの数によって、このターン以下の効果を適用する。
●1体以上:そのモンスターの攻撃力は、そのリンク先のモンスター数×500アップする。
●2体以上:そのモンスターが戦闘で破壊したモンスターはダメージ計算後に除外される。
●3体以上:そのモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動する。相手フィールドのカードを全て破壊する。

自分フィールドの「デコード・トーカー」を対象にして発動する効果でリンク先のカードの数効果を適用するものです。

1体以上の場合は攻撃力がその数×500アップし最大で1500攻撃力が上がります

2体以上で戦闘で破壊したモンスターを除外出来るので相手の妨害にも役に立ちます。

3体以上で戦闘でモンスターを破壊後すべての相手フィールドのカードを破壊することが出来ます。

3体以上となると効果は派手ですが、「デコード・トーカー」の矢印上に相手モンスターがいなくてはいけない為、相手依存となる上警戒されそこにモンスターを置くことは余程展開されている時ぐらいしかない為3体以上の条件を満たすのは難易度が高いかと思われます。

またサイバース族でも矢印の関係上「デコード・トーカー」が採用されない構築もあるためこのカードが活躍する盤面はかなり限られてくるかと思います(苦笑)

今回のまとめ

20thアニバーサリーパックで登場する

・超魔導騎士-ブラック・キャバルリー

・E・HERO ネビュラネオス

・ジャンク・スピーダー

・シャイニング・ドロー

・EMスマイル・マジシャン

・デコード・エンド

の紹介と考察でした!

今回の収録カードはどれも主人公達の個性をしっかりと捉えているかつ強力なカードが多い点は嬉しいです!

どれもガチカードとまでは行きませんが、主人公達らしく戦いたいのであれば今回の20thアニバーサリーは是非入手したいところですが、現在では予約の時点で売り切れが出ており、すでにプレ値が付いているところもあるそうです。

定価で手に入りそうな場合は早めに確保しておくのが良さそうですね「汗」