B・F-毒針のニードル・B・F-連撃のツインボウ・B・F-霊弓のアズサの収録が番組内で決定!「B・F」テーマもそろそろ形が見えてきた!




2019年5月19日に発売する、コレクションパック−革命の決闘者編で遊戯王アークファイブのシンクロ次元のデュエリストであるシンジが使うテーマである「B・F」モンスターである「B・F-毒針のニードル」「B・F-連撃のツインボウ」「B・F-霊弓のアズサ」の収録が判明しました。

「B・F」モンスターも徐々に収録内容が判明しているだけあって、そろそろデッキ構築の方向性も見えてきました。

今回は新たに判明した3枚の「B・F」モンスターについて紹介します!

今回新たに判明した「B・F」モンスターの紹介!

今回判明したのは「B・F-毒針のニードル」「B・F-連撃のツインボウ」「B・F-霊弓のアズサ」です。

今回判明したカードのおかげでB・F」デッキの構築もそろそろ見えてきた感じですね!

早速効果の方を見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

「B・F-毒針のニードル」の効果

チューナー・効果モンスター
星2/風属性/昆虫族/攻 400/守 800

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「B・F-毒針のニードル」以外の「B・F」モンスター1体を手札に加える。

(2):このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

「B・F」チューナーモンスターであり、シンクロ召喚が主体となる「B・F」にとっては必須のチューナーモンスターとなります。

効果は2つあり1つ目召喚、特殊召喚に成功した場合にデッキから同名以外の「B・F」モンスターをサーチ出来る効果。

2つ目このカード以外の自分フィールドの昆虫族をリリースする事で、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動し
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする効果でこの効果は相手ターンでも発動することが出来ます。

1つ目の効果は非常にシンプルなサーチ効果であり、特殊召喚にも対応しているので、「B・F早撃ちのアルバレスト」と罠カードである「一斉蜂起」の効果と相性が良いです。

2つ目の効果は相手モンスターの効果を無効に出来る効果で相手ターンにも対応している点で優秀です。

相手のモンスターによってはこのカードをあえて素材にしないでフィールドに残しておくと言う選択肢も視野に入れることが出来ます。

1と2の効果どちらも効果が優秀なので、デッキに3枚必須のカードとなるかと思います!

スポンサーリンク

「B・F-連撃のツインボウ」の効果の紹介!

効果モンスター 星3/風属性/昆虫族/攻1000/守 500

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

(2):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

効果が2つあり、1つ目はメインフェイズに手札から特殊召喚できる効果。

2つ目の効果はバトルフェイズに2回攻撃できる効果を持っております。

1つ目の効果の特殊召喚できる効果はターン1制限があるものの、非常に緩くシンクロが主体となるB・F」において非常に優秀であり、特殊召喚した後の制約もB・F」デッキにおいて殆ど気にならないかと思います。

しかし2つ目の効果はバトルフェイズで2回攻撃できるものの、攻撃力が1000とアタッカーとしては低くこの効果に期待は出来ないでしょう。

2の効果はおまけ程度に思っていいかと思います。

「B・F-霊弓のアズサ」

シンクロ・チューナー・効果モンスター 星5/風属性/昆虫族/攻2200/守1600

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカード以外の「B・F」モンスターの効果で 相手がダメージを受けた時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。 そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

(2):このカードが墓地に存在する状態で、 自分の「B・F」モンスターの戦闘でモンスターが破壊された時に発動できる。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

「B・F」シンクロモンスターであり、シンクロチューナーモンスターです。

効果は2つあり、1つ目このカード以外の「B・F」モンスターの効果で 相手がダメージを受けた時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)効果で、そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える効果。

2つ目このカードが墓地に存在する状態で、 自分の「B・F」モンスターの戦闘でモンスターが破壊された時に発動できる効果で、 このカードを守備表示で特殊召喚できます。

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外されるデメリットを持ちます。

1つ目の効果は対応しているカードは現在の時点では「B・F-降魔弓のハマ」しかいないので、今後登場するカード次第といったところでしょう。

2つ目の効果はこのカードが墓地に存在する時に、自分の「B・F」モンスターの戦闘でモンスターが破壊された時に発動できる効果で、このカードを自己蘇生できる効果です。

この自己蘇生効果は基本的に相手依存になってしまう為、基本的にこの効果を使いたい場合は、現在の時点では自爆特攻で効果を発動させることになるかと思います。

「B・F-降魔弓のハマ」の1つ目の効果を適用したい場合このカードを経由することになるかと思います。

しかし、シンクロチューナーには他にも競合が存在するので、このカードを使う利点としては「B・F」ということを活かして差別化を測ると良いでしょう。

スポンサーリンク

今回収録が決定したカードのまとめ!

今回収録の決定した3枚の「B・F」モンスターですが、メインモンスターは非常に優秀な特殊召喚効果を持っており、今後昆虫族デッキテーマでの出張が忙しくなりそうな予感がします。

シンクロモンスターについては弱くはないものの、競合が既にいるだけあって、「B・F」シンクロモンスターを使うとなる場合は、昆虫族ということと「B・F」モンスターという点で差別化を測ることになりそうです!

しかし、非常に高い展開力を持っているテーマであるので、もしかしたらトーナメント環境に登れる可能性があるのではないかとも、個人的に考えてもいます!

「B・F-降魔弓のハマ」の考案と考察をここでは行なっております!

2019年5月18日発売予定のコレクションパック-革命の決闘者編-にてアニメ遊戯王ARC-Ⅴに登場したシンジ・ウェーバーが使っていた...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTION PACK 革命の決闘者編 BOX