「警衛バリケイドベルグ」の効果を考察!相性の良いカードやデッキを紹介!性能の評価は!?

2020103日発売予定のWORLD PREMIERE PACK2020は海外先行していたカードが日本に上陸するスペシャルパックです。

収録カードも少しずつ判明しており、今回はその中でも「警衛バリケイドベルグ」について考察していきます。

スポンサーリンク

「警衛バリケイドベルグ」の効果考察!

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
自分の墓地から永続魔法カードまたはフィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの表側表示の魔法カードは相手の効果では破壊されない。

リンク2の闇属性・機械族モンスターで、攻撃力は1000です。

召喚条件はカード名が異なるモンスター2体であり、リンク先は左と下になっています。

リンク2としては攻撃力が低いですが、素材指定が緩くエクストラモンスターゾーンとメインモンスターゾーンのどちらにいてもリンク先を確保できるリンク先から汎用リンクモンスターと言えます。

1つ目の効果はリンク召喚成功時に手札1枚を捨てて発動でき、このターンのエンドフェイズに墓地の永続魔法カードまたはフィールド魔法カード1枚を手札に加えます。

発動や維持をすることでアドバンテージの獲得に繋がりやすい永続魔法カードやフィールド魔法カードは再利用が難しく、このサルベージ効果はそれらの再利用手段として活用できます。

しかしサルベージのタイミングはエンドフェイズ遅く、基本的にはサルベージしたカードを使うのは次の自分のターンになります。

相手にもそれが分かっているため、サルベージしたカードが優秀であるほど相手が対策を打ってくる可能性が高くなるでしょう。

効果の発動そのものはリンク召喚成功時であり、エンドフェイズには効果処理のみが適用されます。

墓守の異能者

タイミングが似ている効果を持つ「墓守の異能者」がそうであるように、発動などが無効化されなかったのであればエンドフェイズにこのカードが存在せずとも効果処理は通常通り適用されます。

2つ目の効果は自分フィールドの表側表示の魔法カードを効果破壊から守る永続効果です。

サイクロン

維持することでアドバンテージを稼げる永続魔法カードやフィールド魔法カードを守ることが出来ますし、永続魔法カードやフィールド魔法カードはその特性上「サイクロン」等による発動直後の除去に弱いためこのカードを先に出しておくことで防げます。

永続魔法カードやフィールド魔法カードを使うデッキにとっては有用な効果ではありますが、このカード自体がステータスの低いリンクモンスターであるため意地は難しいです。除去の誘導として使う継続的に表側表示の魔法カードを守るには工夫が必要になるでしょう。

スポンサーリンク

「警衛バリケイドベルグ」と相性の良いデッキやカードを紹介!

「ハーピィ・レディ」デッキ

「ハーピィ・レディ」関連カードをを中心としたデッキであり、魔法・罠カードの除去や相手モンスターのバウンス等を得意としています。


「警衛バリケイドベルグ」「ヒステリック・サイン」と相性が良く、「警衛バリケイドベルグ」1の効果で手札の「ヒステリック・サイン」をコストにすることでそのターンのエンドフェイズには「ヒステリック・サイン」のサーチ効果を使いつつ「警衛バリケイドベルグ」の効果で「ヒステリック・サイン」のサルベージができます。

上記の運用は優秀ではあるものの「警衛バリケイドベルグ」「ハーピィ・レディ」では種族や属性のシナジーが無いため、汎用リンクモンスターを他にも採用して効果使用後の「警衛バリケイドベルグ」を素材にしたりなどの運用も併せて検討したほうが良いでしょう。

当サイトでは「ハーピィ・レディ」デッキレシピの紹介も行なっております!

レジェンドデュエリスト編4ーが発売し早数日が経過したのと最新情報が多くて、てんやわんやしております「突然」 数日経ってしまいま...

「降雷皇ハモン」デッキ

降雷皇ハモン

永続魔法カード3枚を墓地へ送ることで特殊召喚できる「降雷皇ハモン」を中心にしたデッキです。

「降雷皇ハモン」を出しやすくするためにも永続魔法カードの採用枚数が多いのが特徴であり、「警衛バリケイドベルグ」であれば墓地に送った永続魔法カードの再利用と永続魔法カードを守ることの両方を同時に行えるため相性が良いです。

また「警衛バリケイドベルグ」が守れるのはフィールド魔法も含まれるため、「三幻魔」に強力な耐性付与と毎ターンのドロー効果が出来る「失楽園」を守ることも出来るのは大きいです。

「警衛バリケイドベルグ」と守備表示の「降雷皇ハモン」を並べれば「降雷皇ハモン」の効果で「警衛バリケイドベルグ」を攻撃から守ることが出来る点でも好相性です。

「鋼鉄の襲撃者」

鋼鉄の襲撃者

闇属性・機械族モンスターに1ターンに1度の戦闘耐性付与とその戦闘で自分が受けたダメージ分攻撃力強化ができるフィールド魔法カードです。

「警衛バリケイドベルグ」は闇属性・機械族であるため、一緒に並べることでお互いに守り合う形を作ることが出来ます。

ダメージを受けることは覚悟しなければなりませんが、「鋼鉄の襲撃者」の攻撃力強化効果によって元々の攻撃力が1000しかない「警衛バリケイドベルグ」を高攻撃力にすることも狙えます。

「警衛バリケイドベルグ」と守り合える永続魔法カードまたはフィールド魔法カードとしては「平和の使者」もありますが、膠着状態になりやすい上に「警衛バリケイドベルグ」の攻撃力では「平和の使者」の守りをすり抜けて戦闘破壊される可能性もあります。

「星遺物からの目醒め」

星遺物からの目醒め

自分フィールドのモンスターを素材にしてリンク召喚を行う通常罠カードです。

罠カードである故に自分フィールドに素材となるモンスターさえいれば任意のタイミングで発動出来るため、「警衛バリケイドベルグ」を相手ターン中にリンク召喚することができます。

「警衛バリケイドベルグ」のサルベージ効果を相手ターン中に使うことで、次の自分のターンにはサルベージしたカードを使っていけます。

「警衛バリケイドベルグ」が汎用素材でリンク召喚できる点も踏まえて併用しやすい組み合わせと言えるでしょう。

「警衛バリケイドベルグ」の評価は?まとめ!!

「警衛バリケイドベルグ」はフィールド魔法・永続魔法を使うテーマであれば、とりあえず1枚は入れておいても損はない性能であることは間違えなさそうです。

特に最近ではフィールド魔法・永続魔法をキーカードとしているデッキも多いので、このカードが役に立つ盤面は比較的に多そうです。

汎用リンク2モンスターとしても使える性能である点は、正直な話をすれば、評価が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする