「リンクロス」の禁止に待ったなし!?「リンクロス」のソリティアを今一度おさらい!

昨今「リンクロス」が次の規制改定、20207月に適用されるリミットレギュレーションで禁止カードになるのではないかと噂されています。

今回はその理由や「リンクロス」の使用例を踏まえて紹介していきます。

「リンクロス」のソリティア例を一部紹介!

リンクロス

遊戯王ユーザーの間では長いコンボのことをソリティア(一人でずっとやっていることから)と呼ぶことがあります。

ここでは「リンクロス」を使用したソリティアの実例を紹介していきます。

水晶機巧-ハリファイバー

まずは「水晶機巧-ハリファイバー」を自分フィールドにリンク召喚します。手札消費を極力抑えて「水晶機巧-ハリファイバー」を出す方法はいくつもあり、最序盤であっても「ドラコネット」「魔界発現世行きデスガイド」「深海のディーヴァ」「サイキック・リフレクター」等を利用すればリンク素材を揃えられます。

本題はここからです。

幻獣機オライオン

リンク召喚した「水晶機巧-ハリファイバー」の効果で「幻獣機オライオン」をリクルート→

「水晶機巧-ハリファイバー」を素材に「リンクロス」をリンク召喚→

「リンクロス」の効果によりレベル1のリンクトークン2体を生成→

武力の軍奏

「幻獣機オライオン」とリンクトークン1体で「武力の軍奏」をシンクロ召喚→

「幻獣機オライオン」の効果でレベル3の幻獣機トークン1体を生成し、「武力の軍奏」の効果により「幻獣機オライオン」を蘇生出来ます。

これによって自分フィールドは「リンクロス」+リンクトークン(制約によりこのターン中はリンク素材に出来ない)+「幻獣機オライオン」+幻獣機トークン+「武力の軍奏」の計5体のモンスターを展開できました。

この後展開したモンスターをどう使うかはプレイヤーの自由になります。

リンクトークンの制約があるため勘違いしやすいですが、「リンクロス」自体はリンク素材として問題なく利用できます。

プロキシー・F・マジシャン

基本的にはシンクロ召喚とリンク召喚を駆使した展開へ繋げることになりますが、「プロキシー・F・マジシャン」を出せばリンク素材に出来ないリンクトークンを融合素材として利用することも出来ます。

サイバース・インテグレーター

「サイバース・インテグレーター」を経由することで、「水晶機巧-ハリファイバー」を手札消費1枚で出したのであれば実質手札消費0IPマスカレーナ」を素材にした「双穹の騎士アストラム」に繋げることも出来ます。

これが「ジャンクドッペル」デッキであれば「ジャンク・シンクロン」+「ドッペル・ウォリアー」から「源竜星ボウテンコウ」を先にシンクロ召喚し、「源竜星ボウテンコウ」+ドッペル・トークン「水晶機巧-ハリファイバー」へ繋げることでこのコンボに合流できます。

その場合「水晶機巧-ハリファイバー」+ドッペル・トークン+「竜星」モンスター3体の状態から上記のコンボを始められるため更なる大量展開を狙えます。

「星杯の神子イヴ」禁止カードになる以前は蘇生カードである「星遺物を継ぐもの」のサーチが出来ることを併せた大量展開コンボもあり、ドラゴンリンクデッキではそこに更に「守護竜エルピィ」(こちらも現在は禁止カード)を組み合わせることで制圧盤面の構築も可能にしていました。

スポンサーリンク

「リンクロス」はなぜ禁止カードじゃないとマズいの?

20204月からのリミットレギュレーションによって「リンクロス」は制限カードに規制されていますが、上述の通り強力な展開コンボの中で「リンクロス」1体しか使用していないため影響はありません。

最も相性が良い「水晶機巧-ハリファイバー」も随分前から制限カードですので、1デュエル中に複数回上述のような展開コンボを行うといった運用もほぼありませんでした。

つまり「リンクロス」を規制することでソリティア化を止めたいのであれば禁止カードにするしかないということです。

もちろん相性が良い「水晶機巧-ハリファイバー」を禁止カードにしても「リンクロス」によるソリティアを抑止できるでしょう。

しかし、「水晶機巧-ハリファイバー」は長い間禁止カードになるのではないかと言われ続けていながらも結局は禁止カードになっていませんし、加えて言うなら、4月以降は新型コロナウイルスの影響で大会等が無かったことから禁止カードにするような厳しい規制強化は行われない可能性も十分あります。

仮に「水晶機巧-ハリファイバー」が禁止カードになるのなら、「リンクロス」はいつまでも制限カードでい続ける「水晶機巧-ハリファイバー」を禁止カードにするための決定打として登場したとも言えます。

「リンクロス」が禁止カードになるのなら、登場してから半年も待たずに禁止カードになったカードとして『いったい何がしたかったのか……』という意味でネタにされそうです(苦笑)

「リンクロス」の禁止に待ったなし!?「リンクロス」のソリティアを今一度おさらいについてのまとめ!

今回は「リンクロス」の禁止カード化について紹介しましたが、恐らく現環境で遊んでいるユーザーであれば1度は「リンクロス」を使ったことがあるかと思いますし、その強さは身にしみてご存知かと思います。

このカード1枚で勝負が決まる程の極悪さは持ってはいないものの、このカード1枚で強力な盤面が作れるのは非常に強力であり、環境に大きな打撃を与える力を秘めていると考えられるでしょう。

先ほども触れましたが、このカードがもし禁止カード化すれば、半年も立たずに禁止になってしまったネタカードの1枚になることは間違えありません(苦笑)

関連記事はコチラ!!

遊戯王では定期的に行われている規制改定、リミットレギュレーションの変更が7月にも施行されます。 例年通りであれば施行さ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする