「B・F-突撃のヴォウジェ」「B・F-追撃のダート」「B・F-必中のピン」「蘇生の蜂玉」「B・F・N」収録決定!新規「B・F」カードの紹介と考察!「B・F」から新たに5枚の新規カードが登場!




2019年5月18日「土」に発売予定のコレクションパック−革命の決闘者編−から新たに5枚の「B・F」関連のカードが登場することが決定しました!

今回公式から発表があったのは「B・F-突撃のヴォウジェ」「B・F-追撃のダート」「B・F-必中のピン」「蘇生の蜂玉」「B・F・N」の計5枚です!

遊戯王アークファイブのコモンズのデュエリスト、シンジの使う「B・F」もこれで本格的に組めそうになってきました!

今回は新たに判明した、5枚のカードを一気に考察して行きたいと思います!

「B・F-突撃のヴォウジェ」「B・F-追撃のダート」「B・F-必中のピン」「蘇生の蜂玉」「B・F・N」の効果の紹介と考察!

今回公式から新たに発表のあった「B・F」カードは5枚です。

早速1枚ずつ見て行きたいと思います!

「B・F-突撃のヴォウジェ」

シンクロ・効果モンスター

星6/風属性/昆虫族/攻2500/守 800

昆虫族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがこのカードの攻撃力以上の攻撃力を持つ相手モンスターに攻撃するダメージ計算時に1度、発動できる。

その相手モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ半分になる。

(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。

自分フィールドの「B・F」モンスターの数×200ダメージを相手に与える。

レベル6のシンクロモンスターで素材指定が昆虫族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上となっております。

まず最大の特徴として「B・F」のシンクロモンスターの中で唯一素材に昆虫族チューナーを指定している所です。

しかしこの縛りについては「B・F」デッキであれば気にはならないでしょう。

効果は2つあり、1つ目攻撃力以上の攻撃力を持つ相手モンスターに攻撃するダメージ計算時に1度発動でき、その相手モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ半分になる効果。

2つ目このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる効果で、自分フィールドの「B・F」モンスターの数×200ダメージを相手に与えることが出来る効果です。

Sin トゥルース・ドラゴン

1つ目の効果は、フィールドのこのカードの1度だけの限定効果で相手モンスターの攻撃力を半分にすることが出来る効果で、このカードの攻撃力は2500なので、実質的に攻撃力5000のモンスターまで戦闘破壊することが出来ます。

2つ目の効果はこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に自分フィールドの「B・F」モンスターの数×200ダメージ与える効果で、このカードも含めるので、少なからず200ダメージは確定で与えることが出来ます。

基本的な性能は戦闘向けの効果となっており、効果を使用後はこのカードを素材に新たな「B・F」シンクロモンスターに繋げて行くことになります。

TG タンク・ラーヴァ

また昆虫族には「B・F」モンスター以外にも「インフィニティ・ビートル」「T・G タンクラーヴァ」が存在するので、これらを使うデッキであれば、戦闘要員としてエクストラデッキに入れてみると面白いかと思います!

スポンサーリンク

「B・F-追撃のダート」

効果モンスター

星1/風属性/昆虫族/攻 100/守 100

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の「B・F」モンスターが、元々の持ち主が相手となるモンスターを戦闘で破壊した時、

このカードを手札から捨てて発動できる。

そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

(2):このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。

このターン、そのモンスターをチューナーとして扱う。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

効果が2つあり、1つ目自分の「B・F」モンスターが、元々の持ち主が相手となるモンスターを戦闘で破壊した時に手札からこのカードを捨てることで発動できる効果で、そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える効果。

2つ目はこのカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる効果でこのターン、そのモンスターをチューナーとして扱うことができるものでこの効果の発動後、ターン終了時まで自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できないデメリット効果を持ちます。

戦闘で自分フィールドの「B・F」モンスターが相手モンスターを1つ目は手札から捨てることで破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを与えることができる効果は、今回登場した「B・F」シンクロモンスターである「B・F-突撃のヴォウジェ」の効果と「B・F-降魔弓のハマ」と相性が良く、これらのカードが相手モンスターを破壊した時には積極的に使って行きたい効果となっております。

また墓地に落ちたこのカードは「一斉蜂起」で蘇生できるので、無駄がありません。

2つ目の効果はこのカード以外の昆虫族をチューナーモンスターにすることが出来る効果で、チューナーがフィールドに存在しなくても、このカードの効果でチューナー扱いとすることができるので、シンクロ召喚がしやすくなる利点があります。

また「B・F」非チューナーモンスターをこのカードの効果でチューナー扱いにすることで

B・F-降魔弓のハマ」1の効果を発動させることが出来ます。

シューティング・クェーサー・ドラゴン

しかし注意点としては、デメリットととしてこの効果を使うと昆虫族しかエクストラデッキから特殊召喚出来なくなるので、「シューティング・クェーサー・ドラゴン」に繋げると言ったコンボは不可能です。

スポンサーリンク

「B・F-必中のピン」

効果モンスター

星1/風属性/昆虫族/攻 200/守 300

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに昆虫族モンスターが存在する場合に発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

(2):自分メインフェイズに発動できる。

自分フィールドの「B・F-必中のピン」の数×200ダメージを相手に与える。

効果は2つあり、1つ目昆虫族が存在する時に特殊召喚出来る効果。

2つ目同名カード数×200ダメージを与える効果です。

甲虫装機 ピコファレーナ

1つ目の効果は「B・F」に限らず、リンク素材要因としてなど、他の昆虫族テーマの採用も見込めます。

「B・F」テーマであれば、レベルが1なのでレベル調整の意味でも役に立つ上に、デメリット無しで特殊召喚出来る点は優秀です。

2つ目の効果は、1つ目の効果のターン1制限の効果と噛み合っておらず、仮に3体揃えたとしても600ダメージしか与えることが出来ない上にこのカード単体のステータスは貧弱で特殊召喚後はシンクロ素材やリンク召喚の素材になることがほとんどの為、2つ目の効果はほぼオマケ程度に思った方が良いでしょう。

「蘇生の蜂玉」

通常魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の墓地の「B・F」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを特殊召喚する。

(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターは次のターンの終了時まで、戦闘・効果では破壊されない。

「B・F」「死者蘇生」効果を持っており、1つ目の効果はターン1制限が付いていない点でも評価は非常に高い蘇生カードです。

シンクロモンスターをそのまま蘇生出来る点も優秀です。

2つ目の効果はこのカードを除外する事で自分フィールドの昆虫族は次のターンの終了時まで戦闘と効果で破壊されない耐性を与えることが出来ます。

バウンスなどには対応していないものの、「B・F」モンスターは破壊に対しての耐性を持っていないので、次のターン確実に勝負を付けたい時には積極的に使って行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

「B・F・N」

永続罠

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の「B・F」モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。

手札・デッキから「B・F」モンスター1体を特殊召喚し、このカードにカウンターを1つ置く。

その後、バトルフェイズを終了する。

(2):エンドフェイズに、カウンターが2つ以上置かれているこのカードは墓地へ送られる。

永続罠カードで自分の「B・F」モンスターが攻撃対象に選択された時にデッキから「B・F」モンスターを特殊召喚し、そのバトルフェイズを終了し、このカードにカウンターを1つ置きます。

このカウンターが2つになった時、このカードを破壊します。

効果の発動は相手依存になりますが、「B・F」下級モンスターを戦闘から守りつつ、自分の盤面を揃えられるカードで、返しのターンこのカードで特殊召喚した「B・F」モンスターとシンクロしたりと切り返し用の永続罠カードとなります。

実質2回しか効果を発動出来ませんが、そこは割り切りましょう。

効果が相手依存と展開力で押し切る「B・F」と相性がやや噛み合わないので、個人的には採用しなくても良いカードの1枚だと思います。

今回登場した5種類の「B・F」カードの評価は?まとめ!

今回登場した中「B・F」カードはどれも必須レベルのカードばかりで、特に「B・F-必中のピン」は他の昆虫族テーマでも採用が十分に検討出来るので是非数枚は確保したいモンスターだと思いました!

これでシンジの使う「B・F」カードはほぼ判明したことになります。

残りも数枚となってきましたが、今回「B・F」環境レベル又は環境とまで行かなくても中堅テーマとして十分に活躍できるテーマでだと思います!

是非、革命の力を見せつけていきましょう!

またコチラの記事では当サイトで提案した「B・F」デッキの組み方などを紹介しております!

2019年5月18日発売予定のコレクションパック-革命の決闘者編-で「B・F」テーマとして新たに登場します。 遊戯王A...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTION PACK 革命の決闘者編 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする