魔力カウンターを使うストラクR-ロード・オブ・マジシャン-と組み合わせたい「アーカナイト・マジシャン」の考察と考案!相性の良いカードや現在の値段や買取価格も調査!




ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-が発売し、魔法使い族シンクロモンスターの「アーカナイト・マジシャン」も注目されています。

今回はそんな「アーカナイト・マジシャン」について紹介していきます。

スポンサーリンク

ロード・オブ・マジシャンと相性の良いシンクロモンスター「アーカナイト・マジシャン」の考察と考案!

アーカナイト・マジシャン

レベル7の光属性・魔法使い族のシンクロモンスターで、攻撃力は400守備力は1800です。

召喚条件はチューナー+チューナー以外の魔法使い族モンスター1体以上になっています。

効果は3つあり、1つ目シンクロ召喚時に自身に魔力カウンターを2つ置く効果。

2つ目このカードに置かれている魔力カウンターの数×1000自身の攻撃力を上げる効果。

3つ目自分フィールドの魔力カウンターを1つ取り除くことで相手フィールドのカード1枚を対象として破壊する効果です。

Emハットトリッカー

レベル7でありチューナー以外を魔法使い族と指定していますが、魔法使い族デッキでは困りませんしEmハットトリッカー」等の自己特殊召喚効果を持つ魔法使い族モンスターと組み合わせればシンクロ召喚しやすくなります。

1の効果は魔力カウンターを自身に2つ置く効果であり、置いた魔力カウンターは23の効果に役立ちます。

2の効果では自身に置かれた魔力カウンターの数だけ自己強化が出来ます。

倍率は1000と高いですが、自身のみでは魔力カウンターを2つ置くのが限界なので攻撃力は2400となります。

スポンサーリンク

サーヴァント・オブ・エンディミオン

「サーヴァント・オブ・エンディミオン」「見習い魔術師」を使えば魔力カウンターを増やして更なる自己強化が狙えますが、このカードを使う場合は3の効果が目的になりやすいので状況によって判断しましょう。

3の効果ですが、自分フィールドの魔力カウンターを取り除くことで相手のカードを対象に取る破壊が出来ます。

この効果の優秀な点は参照するのが自身ではなく自分フィールドの魔力カウンターであることと、この効果にターン1制限がないことです。

スポンサーリンク

魔法都市エンディミオン

なので破壊できるカードは自身だけでも2枚、「魔法都市エンディミオン」のように魔力カウンターを溜めて置けるカードがあれば相手フィールドを一掃することも視野に入ります。

ワンダー・ワンド

相手フィールドのモンスターを全破壊すれば直接攻撃を狙えますが、このカードの魔力カウンターを取り除いてしまうと攻撃力が下がるので使用後は「ワンダー・ワンド」のコストにしてしまうというのも手です。

強力ではあるものの昨今では耐性を取りやすい対象を取る破壊効果ですし、魔力カウンターを残した状態のこのカードのコントロールを奪取されると手痛いしっぺ返しを食らいやすいですが、最近では「精神操作」をメインもしくはサイドデッキに採用していない場合も多いのでフィニッシャーとしては充分使えます。

スポンサーリンク

「アーカナイト・マジシャン」と相性の良いカードを紹介!

シンクロキャンセル

「シンクロキャンセル」

シンクロモンスターをエクストラデッキに戻すことでそのシンクロ素材一組を墓地から特殊召喚できる通常魔法カードです。

「アーカナイト・マジシャン」の自身に魔力カウンターを置く効果はシンクロ召喚時にしか発動できないので、除去効果使用後にこのカードでシンクロ召喚をしなおすことで除去枚数を増やすもしくは攻撃力2400で直接攻撃を狙えます。

「シンクロキャンセル」自体が魔法カードなので、「魔法都市エンディミオン」等があれば魔力カウンターの数を増やせます。

ミラクルシンクロフュージョン

「ミラクルシンクロフュージョン」

フィールド・墓地から融合素材を除外することでシンクロモンスターを融合素材とする融合モンスターを融合召喚できる通常魔法カードです。

墓地からの蘇生時などでは魔力カウンターを置けない「アーカナイト・マジシャン」ですが、このカードがあれば墓地からでも「覇魔導士アーカナイト・マジシャン」の融合素材として使えます。

「覇魔導士アーカナイト・マジシャン」は除去性能では「アーカナイト・マジシャン」に劣りますが、攻撃力の高さや除去しない代わりにドローできる効果もありますので切り返しとしても有効です。

漆黒のパワーストーン

「漆黒のパワーストーン」

発動時に自身に魔力カウンターを3つ置き、1ターンに1度魔力カウンターを自身から他のカードに移動させられる効果を持つ永続罠カードです。

「アーカナイト・マジシャン」の効果で取り除く魔力カウンターは自分フィールドから選ぶので、このカードだけで単純に除去効果3回分の弾として使えます。

他に魔力カウンターが溜まっているカードがある場合には、「アーカナイト・マジシャン」の魔力カウンターを増やして攻撃力3400で直接攻撃を狙うことも出来ます。

「アーカナイト・マジシャン」の現在の値段と買取金額は?

2019313日現在では品質にもよりますが買取金額100200相場価格500700になっています。

ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-によって魔力カウンターを使う効果を持っているカードが注目されていますので、「エンディミオン」関連カードとの組み合わせにも目が離せません。