「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」と相性の良いデッキとカードを考察!!アニメのラスボスモンスターがついに登場!!




来年2020年1月11日に発売するエタニティ・コードの情報が解禁されました。

今回の収録カードの中に遊戯王VRAINSの主人公である遊作の相棒であるAiがボーマンの力を元に生み出した「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」が登場します。

アニメでラスボスとして立ちふさがった「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」について今回は紹介していきたいと思います。

サイバースの頂点!!「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」の考案と考察。

闇属性・サイバース族の攻撃力0のリンクモンスター初のリンク6モンスターでマーカーの向きは上・右・左・右下・下・左下です。

召喚条件は属性の異なるモンスター3体以上と召喚条件だけでいうのであれば、比較的に緩い条件であります。

効果が3つあり、1つ目がこのカードは自分フィールドに1体しか存在出来ない効果。

2つ目はこのカードの元々の攻撃力はリンク素材にしたモンスターの数×1000攻撃力がアップする効果。

3つ目はこのカード以外の効果を受けない、耐性効果。

4つ目は1ターンに1度このカード以外のモンスターを破壊することで自分のフィールドにトークンを特殊召喚出来る効果です。

先程も申しましたが、初のリンク6モンスターであり、アニメで遊作(playmaker)の前に立ちふさがったラスボスモンスターです。

このカードの元々の攻撃力の最大は素材を6体使った場合の6000となります。

召喚条件が3体以上なので、最低でも攻撃力3000となりますが、このカードの力を最大限に生かすのであれば、最低でも攻撃力4000ラインは超えたいところです。

ダークナイト@イグニスター

攻撃力を最大限に引き出すには6属性6体全てのモンスターを素材にする必要があり、この条件をクリアするには、専用でデッキを組むか属性がばらけている「コード・トーカー」やお馴染みの「@イグニスター」など属性がばらけつつ、展開力の高いテーマで採用することとになります。

特に「@イグニスター」デッキであれば属性がばらけている上に「ダークナイト@イグニスター」の効果でリンク先に属性の異なる「@イグニスター」を展開することで「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」をリンク召喚することが可能です。

このコンボで「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」をリンク召喚すれば、攻撃力4000まで狙うことが出来ます。

3つ目の効果は耐性効果であり、高い攻撃力を再現すればそう簡単にこのカードが破壊されることはないでしょう。

4つ目の効果は1ターンに1度モンスターを破壊しつつ、こちらはトークンを生成できる効果であります。

このカードの場持ちは非常に良いので、このカードを相手は除去出来なければ、毎ターンモンスターを破壊されてしまうことになり、中々厄介です。

ファイアフェニックス@イグニスター

特殊召喚したトークンは「@イグニスター」モンスターなので、専用サポートを受けられる上に、レベル1なので、そのまま「リンクリボー」に繋げたり、「ファイア・フェニックス@イグニスター」などの「@イグニスター」に繋げることが出来れば、フィールドの制圧力が上がります。

破壊耐性はあるものの、「壊獣」などのリリースには無力なので、決して無敵というわけではありませんが、1度召喚してしまえば、場持ちはかなり良い方であり、アドバンテージの面や制圧力の面で、多少苦労しても、出す価値の十分にあるモンスターです。

Aiドリング・ボーン

また攻撃力0になってしまうものの、蘇生制限さえ満たしてしまえば、その後特殊召喚に制限は無いので、「Aiドリング・ボーン」などで蘇生させたりしてマーカーを確保したり、マーカーを確保して展開した後は「アースゴーレム@イグニスター」の融合素材にしてしまうのも良いでしょう。

「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」と相性の良いデッキとカードを紹介!!

「@イグニスター」デッキ

ダークナイト@イグニスター

先ほども解説しましたが「@イグニスター」モンスターであるだけあり、「@イグニスター」デッキとはやはり相性が良いです。

展開力が元々高い上に属性がばらけているので、「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」の召喚条件を比較的簡単にクリア出来る上に、「ダークナイト@イグニスター」の展開力はやはり、「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」のリンク召喚に貢献してくれます。

またこちらでは当サイトで組んだ「@イグニスター」デッキレシピの紹介を行っております!

2019年10月12日に発売予定の基本パック、イグニッション・アサルトでアニメ産のテーマである「@イグニスター」が登場します。 ...

「サイバース・ガジェット」

サイバース・ガジェット

墓地にレベル2以下のサイバーズ族が存在すれば、このカード1枚で「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」をリンク召喚することが出来ます。

2019年11月現在の時点では、未発売のモンスターを使う流れになりますが、このカードと蘇生させたサイバーズ族で「スプラッシュメイジ」をリンク召喚し、「サイバース・ガジェット」の効果で生成されたトークンを生成し、と「スプラッシュメイジ」の効果を使い「サイバース・ガジェット」を蘇生し、「サイバース・ガジェット」「スプラッシュメイジ」「トランス・コード・トーカー」をリンク召喚

「トランス・コード・トーカー」の効果を使い「スプラッシュメイジ」を蘇生しトークン含めた3体で「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」をリンク召喚出来ます。

1枚で耐性持ちの攻撃力3000を展開できるので、この3枚を採用するデッキであれば、「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」を採用する価値があるでしょう。

「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」の評価は?まとめ

アニメのラスボスとして立ちふさがった「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」は案の定アニメとは効果が違うものの、それでも十分なパワーを持ったカードと言えます。

非常にファン色が強いと思いきや、場持ちも良く、上手く使えば攻撃力6000も十分に狙うことが可能です。

このモンスターをリンク召喚するときに「6つの輝き!今1つとなり、超絶!豪快!悶絶!エレガント!スーパー!ウルトラスーパー!現れろリンク6!「ジ・アライバル・サイバース@イグニスター」!」と言うのも、面白いことでしょう!!


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ETERNITY CODE BOX

コメント

  1. しの より:

    効果がみっつあり(よっつ書いてる)

    • kata-0003 より:

      コメントとご指摘ありがとうございます。

      正確にはアライバルの効果は4つです。

      訂正しておきます