遊戯王 使われるとうざいと思われるデッキは?これは遊戯王嫌いになるレベルのデッキ達

 

 

カードゲームをやっていると必ずと言っていいほど、ソリティアや相手に何もさせないロックデッキなどが存在します!

遊戯王はモロその代表格と言ってと過言ではありません!

たまに身内との集まりでネタとして1、2回使うくらいならいいのですが、あまりにも使いすぎると周りからうざいと思われますし、少なからず、みなさんもうざいデッキに当たったという人も多いはずです。

そこで今回は、使いすぎると友達をなくすうざいデッキ達を紹介して行きたいと思います!

使われ過ぎると遊戯王が嫌いになるレベルで発狂すること必見「苦笑」

 

うざいカード達の特集はコチラ!↓

遊戯王使うと嫌われるうざいカード達! これまた遊戯王が嫌いになるレベル!!環境にも刺せるメタカード達も!

 

今回の紹介について

 

今回は皆さんも一度はうざいと思ったデッキと言うのはあるのではないでしょうか?

今回は、皆さんも一度は当たった事のあるデッキから、有名なものまで、紹介して行きたいと思います!

 

多様厳禁です(笑)

 

では早速友達をなくしかねないデッキ達を見て行きましょう!

 

使われるとうざいデッキ達

 

封印されしエクゾディア

エクゾディアソリティア

処刑人マキュラ天使の施しが使えた時代はジャンケンに負ければ最後、

自分のターンが回ってくることはありません。

この事が原因で、様々なドローカードが規制を喰らわざる得なくなりましたがそれでも現在の遊戯王では、デッキ圧縮の手段が増え、ソルティア性が増したデッキと思えます!

 

主人公である武藤遊戯が使っていたカードなだけあって、遊戯王を見ていた世代で知らない方はいないと思われるカードなので、1.2回でしたらまだ許せる範囲ですが、

何回もしつこく使われると、インセクター羽蛾のように、相手のエクゾディアを海にばら撒きたくなる衝動に駆られます「苦笑」

衝動に駆られても絶対相手のエクゾディアを海にばら撒かないように!

1ターンキル系

最近ですと高パワーのカードが増えてきており、1キルされるのが普通なってきてしまいましたね「苦笑」

時代のインフレが進む中、この様な自体は仕方と思いますが、それでもあまり使いすぎると、相手は座ってるだけサーガーになってしまうので、多様しすぎるのはオススメしません!

十二獣モルモラット

一強デッキ

十二獣とか流行りましたね(苦笑)

デュエルスペースでが獣だらけのジャ◯リパーク「自主規制」になったのを覚えております(苦笑)

カードゲームをしている以上、一強デッキが出てきてしまうのはしょうがないのですが、流石にこれだけってなると嫌になりますよね(汗)

閃刀姫-カガリ環境デッキ

一強デッキもこの環境デッキの部類に入ります。

大会などでしたら全然OKなのですが、ファンデッキで楽しみたい環境の集まりで、多様されてしまうと「またか」と場合によっては場が白けてしまう事があります!

 

使う場面は見極めたいものですね!

終焉のカウントダウン

終焉のカウントダウン

 

エクゾディアと同じく特殊勝利を目指すカードになっております!

 

20ターンと言う長いターンを生き延びなければいけない関係上デッキがロックパーミッションになり、20ターンひたすら相手はロックされている状態になります!

 

効果の都合上、どんなに嫌でも20ターンまで決着がつかない事から、デュエルが遅延気味になり、相手がを「いい加減終わってくれ」と投げやりになる程です「汗」

 

身内との多様や、初めて対戦する相手に対しての使用は控えたいデッキですね!

ニードルワーム

デッキ破壊

こちらも相手から嫌がられるタイプのデッキでライフと言う概念がないデッキです。

ニードルワームメタモルポットなどをひたすら使い回し相手のデッキをひたすら墓地に送ったり、ドローさせたりして相手をドロー出来ずにゲームエンドに持ち込んで行きます!

スポンサーリンク

1ターンに何十枚とのカードがデッキから墓地に送られ、相手からしたら本当に遊戯王をやっているのか?と、本気で疑いたくなる衝動に駆られるのではないでしょうか?

こちらもソルティア気味なる為、使いすぎると相手から嫌われます!

 

積み上げる幸福

チェーンバーン

積み上げる幸福の効果を活かして、仕込みマシンガン自業自得など、チェーンが組みやすいバーンカードを次から次へ使って行き、手札を充填して行きます!

チェーンでデッキを動かす都合上、相手は座っているだけで、自分がひたすらデッキを動かすと言う、ソリティアになりやすい為、相手がチェーンバーンと気づいた瞬間ものすごく嫌な顔をする事が多いです!

こちらも多様をオススメしないデッキとなっております!

平和の使者
ロック系デッキ

攻撃などの相手の動きを制限するタイプのデッキです!

パーミッションや上記で解説した終焉のカウントダウンが系統的にこのデッキに当てはまるかと思います!

相手の攻撃や、動きを大幅に制限する為、デッキの相性によっては完全に機能を止める事が出来ます!

ガチデッキに対しての対抗手段でもある為、仕方ない気もしますが、ファンデッキに対して過度に使用すると嫌がられます。

トポロジック・ガンブラー・ドラゴン

ハンデス系デッキ

 

最近では、コード・トーカーデッキトポロジックガンプラードラゴンを絡めたハンデスデッキが出てきましたが、こちらも基本ソルティア色が強いものも多く、全盛期のゼンマイは本当に悲惨でした!

 

 

 

 

 

禁止カード集でも紹介した、カードキングダムさんの動画ですが、悲惨さが分かりますね「苦笑」

遊戯王!禁止カード最強まとめ集!かつて環境を支配していた禁止を厳選して紹介!こいつらぶっ壊れすぎ

 

こちらも基本先行ゲーになりやすく、

あまり多様はオススメ出来ません!

マクロコスモス

除外系デッキ

 

現在の遊戯王は墓地を多様する事が多く基本、次元の裂け目マクロコスモスを貼られると積みます。

環境への対策としては非常に有効ですが、ファンデッキも墓地に依存しているデッキは多く、カジュアルな場で多様すると嫌がられます。

虚無空間

 

メタビート系、特殊召喚封じ

こちらも環境への対策としては、しょうがない部分もありますが、遊戯王自体、特殊召喚に依存しているデッキは多く、

非常に刺さります!

除外系のデッキにこの系統を絡めての構築が多く、戦うデッキによっては何も出来ずにゲームエンドしてしまいます!

大会とかでしたらまだしも、ファンデッキの多いカジュアルな場で多様するのはおすすめしません。

神の宣告

パーミッション系

 

いわゆるカウンター系のデッキで、こちらは、攻撃や効果をかわしつつ地道にアドバンテージを取っていくタイプのデッキです!

カードの発動タイミングを見計らうのが若干難しく、上級者向けのデッキになります!

代表的な例を挙げると、デスラクーダのドロー効果を使った「カウンターラクーダ」や、天使族カウンター罠カードのシナジーを合わせた「エンジェルパーミッション」などがこの系統に当てはまります!

発動のタイミングの判断が勝敗に直結する為、使っている側は楽しいのですが、

ガチになると、1枚の効果発動に対して、数分の長考になる場面が多く、相手を待たせてしまい、デュエル自体が長引いてしまいます!

パーミッション自体戦略性があり、使ってる自分は楽しいデッキなのですが、

上記の通り、相手を妨害し、長考が入ってしまう為、使う場面はやや考えたいところ「汗」

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

細かく分類すれば、キリがないくらいまだまだうざいデッキはたくさんあるという声も聞こえてきますが、今回紹介したデッキ達は、当たるとどれも憂鬱になってしまうものばかりですね(汗)

相手の嫌がる顔が見たいドSのデュエリストは楽しくデュエルをするために使う場合は状況を見ながら、今回のデッキを使うといいでしょう(多用はオススメしませんが)