「暗黒の魔再生」の効果考察!相性の良いカードと「ラーの翼神竜」デッキへの採用枚数は?

2020620日に発売予定のコレクションパック2020にて、新たに「ラーの翼神竜」をサポートするカードとして「暗黒の魔再生」がカード化することが判明しました。

そこで今回は「暗黒の魔再生」の効果の考察等をしていきます。

「暗黒の魔再生」の効果考察!

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に、
相手の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
(2):墓地のこのカードを除外し、手札及び自分フィールドにセットされたカードの中から、
「死者蘇生」1枚を墓地へ送って発動できる。
自分の墓地から「ラーの翼神竜」1体を選んで召喚条件を無視して特殊召喚する。
その後、相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られる。

2つの効果を持った通常罠カードです。

1つ目の効果は相手モンスターの攻撃宣言時に発動でき、相手の墓地の魔法カード1枚を自分フィールドにセットするというものです。

発動条件から分かるように攻撃反応型の罠カードであるため、事前除去や「アンティーク・ギア」等に弱いという弱点があります。

加えて攻撃反応型ではあるもののその攻撃を無効にしたり攻撃モンスターを除去したりといったことが出来る効果でもないので、基本的に攻撃は素通りすることには注意が必要です。

相手の墓地から好きな魔法カード1枚を自分フィールドにセットできるという効果であり、相手からの除去が無ければ次の自分のターンに発動を狙うことになるでしょう。

死者蘇生(15AX)

「ハーピィの羽根帚」「サンダー・ボルト」にドローソース系の汎用魔法カードが狙い目であり、特にこのカードの2つ目の効果を考えれば「死者蘇生」は最も優先度が高いです。

自分も有効に使えるような汎用魔法カードを相手の墓地にあるかどうかはデュエルの進行や相手のデッキ次第になりますので、上手くいけば強力なカードを利用できるものの相手に依存してしまう以上確実にメリットを生める効果とは言いづらいです。

ラーの翼神竜

2つ目の効果は墓地のこのカードを除外し、手札及び自分フィールドにセットされたカードの中から「死者蘇生」を墓地へ送ることで「ラーの翼神竜」1体を召喚条件を無視して蘇生できます。

その後相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送れます。

この効果で蘇生したモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られます。

この効果を使用するにはこのカードが墓地に存在し、手札または自分フィールドに「死者蘇生」が存在する必要があります。

このカードを墓地に送っておく手段は

・1の効果を使う

・相手に除去される

・手札コストにする

・「おろかな副葬」等で墓地肥やしする

といったものが挙げられます。

千年の啓示

次に制限カードである「死者蘇生」の用意方法としては1の効果で相手の墓地から「死者蘇生」を自分フィールドにセットするというのが最も理想的ですが、それ以外には「千年の啓示」「アンクリボー」でサーチ・サルベージするといった手段もあります。

効果は「ラーの翼神竜」を蘇生しつつ相手フィールドのモンスター1体を対象を取らず破壊を介さない除去が出来ます。

この効果はフリーチェーンで発動出来るため、条件さえ満たせれば強力な相手の行動妨害として運用できます。

ラーの翼神竜-不死鳥

蘇生した「ラーの翼神竜」はそのままでは攻守が0ですが、自分のターンであれば効果による自壊から「ラーの翼神竜-不死鳥」へ繋げられます。

また蘇生したのが相手ターンであってもエンドフェイズには墓地へ送られるため「ラーの翼神竜-不死鳥」→「ラーの翼神竜-球体形」に繋げることが可能です。

スポンサーリンク

「暗黒の魔再生」と相性の良いカードは?

「ガーディアン・スライム」

ガーディアン・スライム

手札・フィールドから墓地へ送られた場合に「ラーの翼神竜」のカード名が記された魔法・罠カードをサーチできます。

このカードを使うことで「暗黒の魔再生」をサーチすることが出来ます。

サーチした以上「暗黒の魔再生」が手札に有ることは相手に知られてしまうため、1の効果を使うのはより難しくなるでしょう。

しかし相手が事前除去してくるであろうことを利用して「やぶ蛇」等をセットすれば効果の発動を狙えますし、始めから2の効果を期待している場合に相手の除去効果を使わせる囮として使うことも可能です。

既に「死者蘇生」が手札に有る場合、サーチした「暗黒の魔再生」を手札コスト等で墓地に送ることで即座に「暗黒の魔再生」2の効果へ繋げることも出来るでしょう。

「手札抹殺」

手札抹殺

お互いのプレイヤーは手札を全て捨て、捨てた枚数分ドローする効果があります。

相手の手札にある汎用性の高いカードを墓地へ捨てさせることで「暗黒の魔再生」1の効果で奪うことを狙えますし、「死者蘇生」をセットした後で自分の手札にある「暗黒の魔再生」を墓地へ送る手段としても使えます。

また事前に墓地に送っておきたい「ラーの翼神竜」や「ラーの翼神竜-不死鳥」を墓地に送っておく手段としても有用です。

問題は「手札抹殺」が制限カードであることから素引きする可能性は高くないため過信は禁物です。

スポンサーリンク

「暗黒の魔再生」を「ラーの翼神竜」デッキに入れるなら何枚?

「暗黒の魔再生」は本来特殊召喚することができない「ラーの翼神竜」を特殊召喚する新たな手段であり、その点は高く評価することが出来ます。

とはいえ「暗黒の魔再生」のどちらの効果も決して使い勝手がいいわけではなく、「ラーの翼神竜」を蘇生する方法としては「千年の啓示」の方が使いやすいというのが正直な所かと思います。

その使い勝手から「ラーの翼神竜」「死者蘇生」で蘇生して「ラーの翼神竜-不死鳥」等に繋げるという運用を目的としたデッキであったり、原作の動きを再現したいファンデッキという場合でも採用枚数は1枚で良いでしょう。

合わせて読みたい!!

2020年5月30日発売予定のデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編-で「ラーの翼神竜」関連に新規カードが加わり強化されます。 ...
2020年5月16日に発売予定のデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編-に収録される「ラーの翼神竜」の新規サポートカードの詳細が判明しまし...
2020年5月30日(諸々の事情により5月16日から延期された)に発売予定のデュエリストパック-冥闇のデュエリスト編-にて「千年の啓示」が収...


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTION PACK 2020 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする