プレミアムパック2019に収録する新規カード「転生炎獣アルミラージ」効果を考察して運用方法を考案しました!

20181222日・23日に開催されるジャンプフェスタ2019にで先行販売するプレミアムパック2019「転生炎獣」のリンクモンスターである「転生炎獣アルミラージ」が収録されることが判明しました。今回はその「転生炎獣アルミラージ」の効果解説や運用方法を考えていきます。

「転生炎獣アルミラージ」について

リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻   0
【リンクマーカー:右下】
通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

リンクは1で、召喚条件は通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体。リンク先は右下になります。

自身をリリースすることで自分フィールドのモンスター1体に効果破壊耐性を付与するフリーチェーンの効果と、このカードが墓地に存在するときに通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊された時に自身を蘇生する効果の2の効果を持ちます。

現状汎用素材で出せるリンク1モンスターは、レベル1モンスターを素材にして出せる「リンクリボー」、メインフェイズ2にのみリンク召喚できる「副話術士クララ&ルーシカ」等がいますが、それらと比較するとこのカードの利点は素材が攻撃力1000以下ならばレベル1以外やメインフェイズ1でもリンク召喚が出来ることが挙げられます。

メインフェイズ1に攻撃力1000以下のモンスターを墓地へ送れるので、墓地に送られた時に発動する効果を持つモンスターや墓地で発動する効果をリンク素材にすれば展開へと繋げることが出来ます。

1つ目の効果の耐性付与ですが、このカードが存在する時破壊効果を使われる可能性は決して高くありません。

攻撃力が0なこともあり、フィールドに維持するよりは自分フィールドのモンスターに破壊耐性効果を付与してフィールドを離れましょう。

2つ目の効果は通常召喚されたモンスターの戦闘破壊時に自身を蘇生できますが、攻撃力が0なので続けての攻撃がある場合はダメージを減らすことは出来ません。相手フィールドに他に攻撃モンスターがいない場合には後続になりますので、次のターンにリンク素材などに使いましょう。

スポンサーリンク

 

「転生炎獣アルミラージ」と相性の良いカードや運用方法を考察

リンク1で攻撃力0とはいえ、利点は数多くあります。ここでは「転生炎獣アルミラージ」と相性の良いカードやそれを使った運用方法を紹介します。

クリッター

「クリッター」

フィールドから墓地へ送られた時に攻撃力1500以下のモンスターをサーチできるモンスターです。

サーチしたモンスターはそのターン発動できませんが、この制約のおかげで制限から解除されもいます。この効果を使ってサーチしたいモンスターは「エグゾディア」パーツ各種、「灰流うらら」等の手札誘発効果を持つ下級モンスターです。

当然ですがリンク素材にするために「クリッター」を通常召喚しているため、更なる展開手段や防御手段などが必要になることに気を付けましょう。

召喚師アレイスター

「召喚師アレイスター」

召喚成功時にデッキの「召喚魔術」をサーチする効果を持つモンスターです。

このカードを召喚し「召喚魔術」をサーチし、「召喚師アレイスター」を素材にして「転生炎獣アルミラージ」をリンク召喚するだけで、先攻1ターン目でも手札消費1「召喚獣プルガトリオ」に繋げることが出来ます。

先行1ターン目でないなら自分の他のモンスターや相手の墓地のモンスターを使って多種多様な「召喚獣」モンスターに繋げられるので相性は良好です。

闇の増産工場

 

「闇の増産工場」

自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送ってカードを1枚ドローできる永続罠です。

蘇生条件を満たした「転生炎獣アルミラージ」は攻撃力0だから壁にもならないと前述しましたが、このカードを使えば蘇生した 「転生炎獣アルミラージ」をリリースしてドローというアドに変えられます。更に自分フィールドに「補給部隊」もあれば「転生炎獣アルミラージ」の蘇生条件を満たした時の戦闘で破壊された時点でも1枚ドローできるため、2枚のドローが狙えます。

また「エグゾディア」等の特殊勝利型デッキならば、敢えて通常召喚したモンスターを自爆突攻させて2枚ドローに繋げるという手もあります。

サイバネット・リグレッション

「サイバネット・リグレッション」

リンクモンスターの特殊召喚成功時にフィールドのカードを1枚破壊し、その後1枚ドローする効果の罠カードです。

「転生炎獣アルミラージ」は比較的容易に蘇生できるリンクモンスターであるため、このカードの発動条件を満たしやすいです。

相手が「転生炎獣アルミラージ」の蘇生を踏まえて攻撃モンスターを控えさせていても、このカードで破壊できるうえに1枚ドローして「転生炎獣アルミラージ」をフィールドに残すというアドが得られます。

まとめ

汎用素材のリンク1モンスターではあるものの、「リンクリボー」に比べると効果がやや物足りない面があり、採用するデッキをある程度選ぶかと思います。

カード名には「転生炎獣」とありますが、「転生炎獣」デッキなら十全に活かせるというわけでもないのが少し悲しいかなと思いました。