武神リンク「武神姫-アハシマ」の考察!!相性の良いカードとデッキを紹介!!




20191123日に発売予定のリンクヴレインズパック3「武神」テーマにリンクモンスターが登場することが判明しました。

そこで今回は「武神姫-アハシマ」について考えていきたいと思います。

「武神」リンク登場!!「武神姫-アハシマ」の考案と考察!! 

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/獣戦士族/攻1500
【リンクマーカー:上/右下】
同じレベルのモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
同じレベルのモンスターを、手札及び自分の墓地から
それぞれ1体ずつ選んで効果を無効にして特殊召喚し、
その2体のみを素材としてXモンスター1体をX召喚する。
(2):このカードのリンク先のXモンスターがX素材を取り除いて効果を発動した場合、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

光属性・獣戦士族のリンク2モンスターで攻撃力は1500あります。召喚条件は同じレベルのモンスター2体でありリンク先は上と右下になっています。

召喚条件は緩く汎用性も高いですが、同時に攻撃力は低めなので運用する上では気を付けなければなりません。

効果外テキストによってこのカードはリンク素材に出来ないため、効果を使用後のこのカードをフィールドに残さないためには多少の工夫が必要になることは覚えておいた方が良いです。

同じレベルのモンスター2体という召喚条件ですがエクシーズ召喚ではなくこちらを経由させるという使い方の他にも、エクシーズ素材に使えない都合上本来エクシーズ召喚と相性が悪いトークンカードをこのカードのリンク素材として使用出来る点は消費枚数を抑える上でもメリットになります。

肝心の効果ですが、1つ目の効果は自身のリンク召喚成功時に手札と墓地から同じレベルのモンスター1体ずつを効果を無効にして特殊召喚しその2体を素材にエクシーズ召喚を行うというものです。

レベルが統一されたデッキであればこのカードのリンク素材に使ったモンスター+手札の同じレベルモンスターを使ってエクシーズ召喚を行えます。

手札はともかく墓地から蘇生するのはレベルさえ合っていれば任意のモンスターを選べるため、墓地次第ではHC エクストラ・ソード」のようにエクシーズモンスターの素材となっている場合にエクシーズモンスターに効果を付与できるモンスターを選んでただエクシーズ召喚する以上のメリットを狙うことも出来ます。

またレベルに制限も無いため、フィールドに並べるのに手間がかかる高レベルモンスターを出して高ランクエクシーズモンスターに繋げるという使い方も有用です。

2つ目の効果は自身のリンク先のエクシーズモンスターがエクシーズ素材を取り除いて発動する効果を発動した場合、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊するというものです。

1の効果で出したエクシーズモンスターの効果発動をトリガーにして発動できるため、あって困ることはない便利な効果です。

またリンク先のエクシーズモンスターがフリーチェーンで発動できる効果であれば自分のターンと相手のターンで2枚の魔法・罠カード除去を狙うことも出来ます。

スポンサーリンク

「武神姫-アハシマ」と相性の良いデッキとカードを紹介!!

エクシーズデッキ

武神姫-アマテラス

エクシーズ召喚を主軸としたデッキ全般になります。

「武神姫-アハシマ」の召喚条件と効果は汎用性が非常に高く、特定のデッキと抜群に相性が良いと言うよりは大抵のエクシーズデッキに採用することが可能な性能のカードと言えます。

前述もしたように攻撃力1500「武神姫-アハシマ」を棒立ちさせることは危険ではありますが、このカードを経由してエクシーズ召喚を行うことでエクシーズモンスターの効果発動をトリガーにして魔法・罠カードの除去も出来ますし、シンプルに総打点が向上します。

後述する相性の良い汎用性の高いカードを併せれば「武神姫-アハシマ」のデメリット部分を回避したりアドバンテージの獲得を狙うことも出来ます。

「黒き森のウィッチ」

黒き森のウィッチ

「ゴブリンドバーグ」等の適当なレベル4モンスターと併せて「武神姫-アハシマ」のリンク素材にすることで、サーチ効果の発動を狙えます。

その後「武神姫-アハシマ」の効果によってサーチしたレベル4モンスターとリンク素材にしたどちらかを特殊召喚することでランク4エクシーズモンスターへ繋げられます。

出したエクシーズモンスターの素材として墓地へ送ることで、間接的な墓地肥やしも出来るため消費を抑えるだけでなくアドバンテージの獲得も出来ます。

「黒き森のウィッチ」のようにフィールドから墓地へ送られた場合に発動できるサーチ効果のモンスターはエクシーズ召喚とは相性が良くありませんでしたが、「武神姫-アハシマ」のリンク素材にすることでその効果を活かすことが出来るでしょう。

No.59 背反の料理人」

No.59 背反の料理人

フリーチェーンで自身以外の自分フィールドのカードを一掃できる汎用ランク4エクシーズモンスターなので、この効果を使うことで「武神姫-アハシマ」の棒立ちを防ぐことが出来ます。

自分がフィールドに残る魔法・罠カードを使う場合はデメリットが大きくなってしまいますが、そうでないなら相手ターン中に効果を使うことで「武神姫-アハシマ」2つ目の効果によって相手の魔法・罠カード1枚を除去しつつ攻撃力2600のカード効果を受けないNo.59 背反の料理人」を立てておくことが出来ます。

「フォトン・サンクチュアリ」

フォトン・サンクチュアリ

発動するターン光属性モンスターしか召喚・反転召喚・特殊召喚できない制約はありますが同じレベルのトークン2体を生成できます。

光属性デッキ以外で採用するのは難しいですが、手札消費1枚で尚且つ召喚権を使わずに「武神姫-アハシマ」を出せる点は相性が良いです。

光属性のエクシーズモンスターとしてはNo.39 希望皇ホープ」関連が代表的なのでエクシーズ召喚先に困ることもほとんど無いでしょう。

リンクヴレインズパック3最後後の1枠が「武神」だったことについて!!

リンクヴレインズパック3「武神」が来ること自体は予想していた人もいたかもしれませんが、私個人としては「武神姫-アハシマ」の性能の方に驚きました。

「武神」テーマの強化カードと銘打ってしまって良いのか疑問に思うほど「武神姫-アハシマ」の性能と召喚条件は汎用的であり、「武神」が強化されたと言うよりはエクシーズ召喚が強化されたと言えます。

「水晶機巧-ハリファイバー」と同じ枠だと言われればそれまでなのですが、テーマ強化として登場した新規カードである以上はそのテーマだからこそ真価を発揮させられるようなもう少し尖った性能をしていても良いのではないかと思いました。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS PACK 3 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする