ロマン色が強い切り札?「双星神 a-vida」について考察し、相性の良いデッキやカードを考案!




基本パック、ライジング・ランペイジに「星遺物」ストーリー関連である「双星神 avidaが収録されました。

ストーリーも気になりますが、今回は「双星神 avidaの性能について考えていきたいと思います。

ロマンカード!?「双星神 a-vida」の考察と考案!

双星神a-vida

レベル11の光属性・サイバース族モンスターで、攻守は3500です。

特殊召喚モンスターであり、召喚条件としてお互いのフィールド・墓地にリンクモンスターが8種類以上存在する場合のみ特殊召喚出来ます。

またこのカードを特殊召喚するターン、自分は他のモンスターを特殊召喚出来ないという制約があります。

効果は2つあり、1つ目自身の特殊召喚は無効化されないという効果です。

2つ目は自身の特殊召喚成功時に発動する効果で、このカード以外のお互いのフィールド・墓地のモンスター及び除外されているモンスターを全て持ち主のデッキに戻します。

この効果の発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できません。

創星神 sophia

レベルが11であり、攻守の合計が7000である点は2体の「創星神」と同じになっています。

サイバース族の中では攻守ともにトップレベルでもあります。

召喚条件ですが、お互いのフィールド・墓地にリンクモンスターが8種類は必要と難易度はやや高いです。

デッキの展開力にもよりますが、自分だけでなく相手もリンク召喚を主軸としたデッキであればフィールド・墓地に8種類を揃えることはしやすくなります。

スポンサーリンク
轟雷帝ザボルグ

またフィールド・墓地に存在すればいいので、エクストラデッキから直接墓地へ送るカードも使えば条件を揃えやすくなるでしょう。

このカードを特殊召喚するターン自分は他にモンスターを特殊召喚出来なくなるため、1ターンで出すというわけにもいかず召喚条件を満たすための準備用の何ターンかが必要になるでしょう。

神の宣告

1の効果は自身の特殊召喚は無効化されないというもので、当然「神の宣告」等の特殊召喚を無効にするカードは効きません。

そのため相手に妨害されずに2の効果の発動が出来るでしょう。

2の効果は自身の特殊召喚成功時に自身以外のフィールド・墓地・除外という公開情報である3つの場所からモンスターをデッキに戻すリセット効果になります。

この効果に対してカードは発動できないため、ほぼ確実にリセットを決めることが出来るでしょう。

あくまでデッキに戻せるのはモンスターカード限定ですので、お互いの魔法&罠ゾーン・墓地・除外されている魔法・罠カードはデッキには戻りません。

このカードの攻撃力が3500あるので、この効果使用後に攻撃すれば魔法・罠カードで妨害されない限りは大ダメージを与えられるでしょう。

手札もリセット出来てないこともあり出したターンにデュエルを決めることが出来なければ切り返されてしまう可能性があるので、相手の残り手札枚数などには気を付けましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「双星神 a-vida」と相性の良いデッキやカードは?

「閃刀姫」デッキ

閃刀姫-カイナ

リンク1「閃刀姫」モンスターや「閃刀」魔法カードを使って展開とアドバンテージの獲得をしていくテーマデッキです。

「閃刀姫」リンクモンスターは「閃刀姫」リンクモンスターを素材にしてもリンク召喚できるため、連続リンク召喚をすることで「双星神 avidaの召喚条件を満たすためにもフィールド・墓地にリンクモンスターを多種類溜めることが出来ます。

具体例を言えば、手札の「閃刀機-ホーネットビット」で生成した「閃刀姫トークン」をリンク素材にして「閃刀姫」リンクモンスターを連続リンク召喚することで、結果的に召喚権を使わずに手札消費1枚でフィールド・墓地に4種類のリンクモンスターを溜められます。

「轟雷帝ザボルグ」

轟雷帝ザボルグ

アドバンス召喚時に自身を破壊することで、エクストラデッキから直接8枚を墓地に送れます。

アドバンス召喚する必要はありますが、このカード1枚で「双星神 avidaの特殊召喚条件が満たされます。

「轟雷帝ザボルグ」に自壊させたこともありそのターン中に「双星神 avidaを出したい所ですが、「轟雷帝ザボルグ」をアドバンス召喚するためにモンスターを特殊召喚したであろうことを考えると「双星神 avidaの特殊召喚は次の自分のターンまで待たなければいけなくなるでしょう。

スポンサーリンク

「フォーマッド・スキッパー」

フォーマッド・スキッパー

リンク素材として墓地へ送られた場合にレベル5以上のサイバース族モンスターをサーチできる効果を持っており、「双星神 avidaの召喚条件を満たすためにリンク召喚しつつ同時に「双星神 avidaのサーチも出来ます。

「双星神 avidaのステータスが高いことも考えると、サーチ手段となれるこのカードは非常に相性が良いです。

「双星神 a-vida」は強い?

特殊召喚条件を考えると、現実的な運用としてはサイドデッキに採用して相手がリンク召喚を繰り返すデッキであることが分かった場合にメタカードとして使うという方法が考えられます。

とはいえ、リセットできるのがモンスターカードのみである点や手札は残る点なども考えると相手のライフが3500を下回ったときにフィニッシャーとして出したいカードでもあります。

特殊召喚出来なくなる制約も踏まえると、必然的にデュエル中盤以降に初めて使えるようになると思われますので扱いが難しくはあります。

ややロマン色は強いですが、攻守の高さは優秀ですしリセット効果などは面白いので使ってみても良いと思います。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISING RAMPAGE BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする