【遊戯王高騰予想】2022年9月に高騰が予想されるカードを紹介!早いうちに買っておくべき?

 

20229月が始まったということで、今月にシングル価格が高騰しそうなカードについて予想していきたいと思います。

 

あくまでも予想なので確実に当たるわけではありませんが、今回紹介するカードの中には既に価格上昇が始まっているものもあるので、売買を検討しているという方はぜひ参考にしてみてください。

 

2022年9月の価格相場の動きを軽く考察してみた!

 

9月の価格相場の動きですが、例によって新商品や大会環境の動きが影響を与えることかと思います。

 

まず新商品については、910日には海外先行のカードが日本に上陸するワールドプレミアパック2022が発売します。新規テーマとしては「ビートルーパー」と「リブロマンサー」が登場し、その他にも様々な汎用カードや既存テーマの強化カードが収録されています。

 

 

「ビートルーパー」や「リブロマンサー」との相性が良いカードは既に価格が上がっているものもあり、発売以降の相場価格にも影響を与えることが予想されます。

 

 

また1015には基本パック フォトン・ハイパーノヴァが発売予定となっています。

 

 

91日現在では「ギャラクシー」や「フォトン」の強化カードのみが判明していますが、9月中には他の新規カードの情報が随時公開されることかと思うため、強化されるテーマのキーカードや新規テーマと相性の良い既存カードなどは特にシングル価格が上がりやすいでしょう。

 

 

大会環境の動きについては、9月の後半が大きな注目ポイントとなるかと思います。

 

 

8月の大会環境は7月のものと比べると大きな変化が無く、このままいくと9月の前半までは目立った動きは無さそうなため、シングル相場にもほとんど影響は無いかと予想できます。

 

しかし9月の中旬には101から適用される新リミットレギュレーションの内容が発表されるはずなので、大会環境ひいてはシングルカードの価格相場にも大きな影響がありそうです。

 

 

直接規制されたカードの価格が下がりやすいのはもちろんのこと、その逆に規制されると思われていたものの規制されずに済んだカードや規制による弱体化を受けずに済んだ環境デッキのキーカード等は価格が上昇しやすい傾向にあります。

 

 

また新リミットレギュレーションの発表以降には一足先に新リミットレギュレーション環境下で行われる大会もあるので、新しい環境でどんなデッキが好成績を残しやすいのかという点も含めて価格相場に影響を与えることでしょう。

 

 

2022年9月にシングル価格の高騰が予想されるカード6選!

「深淵の獣マグナムート」


遊戯王 DABL-JP006 深淵の獣マグナムート (日本語版 レア) ダークウィング・ブラスト

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の墓地の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードを手札から特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、自分のデッキ・墓地から「深淵の獣マグナムート」以外のドラゴン族モンスター1体を選んで手札に加える。

 

「ティアラメンツ」の墓地で発動できる融合効果対策として大会環境で使用率が上がってきたカードであり、「イシズティアラメンツ」デッキの活躍を受けてか昨今ではメインデッキに採用しているというケースも度々見かけるようになりました。

 

固有効果のサーチ・サルベージ効果はエンドフェイズというラグがあるものの自身と同名カード以外のドラゴン族であれば何でも良いと範囲が広く使いやすいのも優秀です。

 

レアリティの高いカードではありませんが、「イシズティアラメンツ」が活躍する以上レベル6の「ビーステッド」モンスターであり固有効果も使いやすいこのカードの需要は増えやすいことでしょう。

 

「虹光の宣告者」


遊戯王 LVP3-JP022 虹光の宣告者 (ノーマル 日本語版) リンク・ヴレインズ・パック3

シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 600/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
(2):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

 

「宣告者の神巫」等でエクストラデッキから直接墓地へ送れば儀式モンスターか儀式魔法カードをサーチする手段として使うことが出来るため、先日発売したデッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズで登場した「御巫」テーマやワールドプレミアパック2022で登場する「リブロマンサー」テーマには「宣告者の神巫」とセットで採用を検討できるカードです。

 

フィールドに出すことが出来れば1の効果と2の効果で相手の行動を妨害することも出来るため、特殊召喚しやすいレベル1チューナー等と併せてシンクロ召喚を狙うのも有りでしょう。

 

低レアリティのカードもあるのですが、昨今の儀式テーマの複数登場を受けて需要が増えていく可能性は十分あります。

 

「爆竜剣士イグニスターP


遊戯王 CORE-JP050-SE 《爆竜剣士イグニスターP》 Secret

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻2850/守 0
チューナー+チューナー以外のPモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、フィールドのPモンスター1体
またはPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「竜剣士」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはS素材にできない。

 

8月に行われた遊戯王OCGデュエルモンスターズ 日本選手権にて、「竜剣士」デッキ(「魔術師」等も組み合わせた混合構築)が準優勝と4位に輝いたことから注目を集めました。

 

 

この好成績から「竜剣士」デッキにとってのキーカードであるこのカードも確実に需要が増えており、9月でも価格が上がることが予想されます。

 

 

EMドクロバットジョーカー」


遊戯王 DP23-JP050 EMドクロバット・ジョーカー (日本語版 ノーマル) デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編6-

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 100
【Pスケール:青8/赤8】
(1):自分は「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、
「オッドアイズ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMドクロバット・ジョーカー」以外の「EM」モンスター、
「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターの内、いずれか1体を手札に加える。

 

EM」「オッドアイズ」「魔術師」のいずれかのテーマを採用しているデッキであれば優秀な初動となれるキーカードであり、上記でも挙げた遊戯王OCGデュエルモンスターズ 日本選手権にて活躍した「竜剣士」デッキでもフル投入されていたカードです。

 

 

現在では制限解除されたことでデッキに3枚積みできるようになっていますが、一時期は制限カードにまで規制されていたこともあるカードです。

 

 

こちらも遊戯王OCGデュエルモンスターズ 日本選手権での活躍を受けて注目が集まっているカードであり、今後の価格上昇はあり得るでしょう。

 

「銀河眼の残光竜」


PSA10 現存26枚 銀河眼の残光竜(ギャラクシーアイズアフターグロウドラゴン) 20thシークレット A

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ギャラクシーアイズ」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれた場合に発動できる。
手札・デッキから「銀河眼の光子竜」1体を選び、
特殊召喚するか、自分フィールドのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果をバトルフェイズに発動した場合、
さらに自分フィールドの全ての「No.」Xモンスターの攻撃力は倍になる。

 

 

自己特殊召喚効果を持つことから「ギャラクシー」デッキではエクシーズ素材としても使えるだけでなく、攻撃力の倍化によってワンショットキルを狙いやすくなるという点が特に魅力的です。

 

フォトン・ハイパーノヴァでは「ギャラクシー」や「フォトン」が強化されため相性の良いこのカードが注目されており、中でも新規カードであるCNo.62 超銀河眼の光子龍皇」とこのカードを併用すれば攻撃力12800でモンスターに3回攻撃という驚異の火力を発揮させることも狙えます。

 

このカードはスペシャルボックスにて登場して以降1度も再録されていないため、価格が上がりやすいカードでもあります。

 

「輝光帝ギャラクシオン」


遊戯王/第8期/5弾/JOTL-JP050SR 輝光帝ギャラクシオン【スーパーレア】

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2000/守2100
「フォトン」と名のついたレベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を2つまで取り除いて発動できる。
この効果を発動するために取り除いたエクシーズ素材の数によって以下の効果を適用する。
●1つ:手札から「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。
●2つ:デッキから「銀河眼の光子竜」1体を特殊召喚する。

 

「フォトン・スラッシャー」「フォトン・バニッシャー」等を使えば容易にエクシーズ召喚が可能であり、「銀河眼の光子竜」をリクルートできるという効果は「銀河眼の光子竜」をメインとしているデッキにとってはかなり大きな強みとなります。

 

フォトン・ハイパーノヴァで強化される「ギャラクシー」や「フォトン」にとっても、早い段階でデッキから「銀河眼の光子竜」を呼び出せるのは大きなメリットとなりますし、このカードは攻撃力の都合から効果使用後には「銀河眼の煌星竜」のリンク素材などにも使えます。

 

レアリティはスーパーレアと高く、登場以降1度も再録されたことが無いことから今後の更なる価格上昇が予想されます。

 

まとめ!

 

20229月が始まったということで9月に高騰が予想されるカードをいくつか紹介してきましたが、高騰するカードの傾向としてはやはり1015に発売する基本パック フォトン・ハイパーノヴァで強化される「フォトン」「ギャラクシー」関連のカードの高騰が目立つことが予想されます。

 

「フォトン」「ギャラクシー」デッキをこれから組もうか迷っている方は、早めに集めておくのも手でしょう。

 

フォトン・ハイパーノヴァで収録されるテーマは9月1日現在の時点で「フォトン」「ギャラクシー」関連だけが判明している状況ですので、今後公開される新規・強化テーマによっては高騰するカードが出てくることが予想されます。

 

9月もまだ始まったばかりですが、今後の新情報にも注目していきたいところです。

 


遊戯王OCG PHOTON HYPERNOVA


遊戯王OCG SELECTION 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください