【2022年1月リミットレギュレーション】の影響でシングル価格の高騰が予想されるカード6選を紹介!

先日202211日から適用される新リミットレギュレーションの内容が公式より発表されました。

そこで今回は規制改定の影響でシングル価格が高騰しそうなカードを予想していきたいと思います。

あくまでも予想ですので確実に当たるわけではありませんが、以前から欲しいと思っていたけれど買うのを迷っていたカードがあるという人などはぜひ参考にしてみてください。

2022年1月のリミットレギュレーションを軽くおさらい


今回の規制改定では規制強化されたカード7規制緩和されたカード6ありました。

規制改定がシングル相場の価格高騰に繋がる理由はいくつかあり、その1つが規制緩和によってデッキに採用できる枚数が増えたことで需要が増加する、というものです。

知らない人のためにも今回のリミットレギュレーションで規制緩和されたカードを挙げていきます。

「オルターガイスト・マルチフェイカー」制限→準制限カード

「メタバース」制限→準制限カード

EMドクロバットジョーカー」準制限→解除

「魂喰いオヴィラプター」準制限→解除

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」準制限→解除

「スケープ・ゴート」準制限→解除

以上の6種が規制緩和となりました。

大会環境での使用率の低下や新商品の販売促進など、緩和された理由はいくつか思い当たります。

この規制緩和を受けて需要が増加するカードの価格は高騰しやすいと言えます。

規制改定が理由で相場価格が高騰する理由は他にもあり、規制強化されると思っていたのに規制強化されなかった強力なカード、規制改定を踏まえた上で次期大会環境で活躍するであろうと注目されているカード等は価格高騰しやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

買うなら今のうち!?2022年1月のリミットレギュレーションで高騰が予想されるカードを紹介!

「魂喰いオヴィラプター」


遊戯王OCG 魂喰いオヴィラプター スーパーレア SR04-JP002-SR 遊☆戯☆王ARC-V [STRUCTURE DECK R -恐獣の鼓動-]

今回の規制改定で制限解除となり、約4年ぶりにデッキに3枚積みできるようになります。

緩和されるものの性能自体は全く落ちておらず、このカードを起点にした恐竜族の展開コンボも強力です。

ストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-で登場して以降1度も再録したことがないカードでもあり、今後の価格高騰が予想されます。

恐竜族デッキが強化されたことで、このカードを筆頭にした様々な恐竜族モンスターを引き込める「化石調査」の価格も上がる可能性は十分にあります。

恐らく、今後再録の可能性もあると予想は出来るものの、しばらくは手に入りにくいカードとなるかと思います。

EMドクロバットジョーカー」


遊戯王 DP23-JP050 EMドクロバット・ジョーカー (日本語版 ノーマル) デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編6-

今回の規制改定で制限解除となり、約5年ぶりにデッキに3枚積みできるようになります。

EM」「オッドアイズ」「魔術師」のいずれかあるいは複数をメインにしたテーマデッキにとっては優秀なキーカードでもあります。

EM」や「オッドアイズ」はプレミアパック2022ディメンション・フォースで強化されるため、これを機に「EM」や「オッドアイズ」デッキを作りたいという人や、既に持っている「EM」や「オッドアイズ」デッキにEMドクロバットジョーカー」3枚採用したいという人から需要が増加することが予想されます。

スポンサーリンク

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」


遊戯王 第10期 LVP3-JP071 捕食植物ヴェルテ・アナコンダ【シークレットレア】

融合召喚を強力にサポートしてくれるリンクモンスターであり、その性能の高さは「融合」魔法カードや「フュージョン」魔法カードが新たに登場するたびにこのカードとの相性が検討されるほどです。

「烙印融合」など優秀な融合効果を持った昨今の新規カードの登場を受け、今回の規制改定で禁止カードに規制されると予想していた人も一定数いました。

結果として規制強化とはならず制限カードのままですので、欲しいけど禁止カードになるかもしれないから買えなかった人などから需要が増えることが予想できます。

「黄金卿エルドリッチ」


遊戯王 DBSS-JP027 黄金卿エルドリッチ (日本語版 シークレットレア) シークレット・スレイヤーズ

このカードを主軸とした「エルドリッチ」デッキは大会環境で活躍しているデッキの内の1つであり、今回の規制改定では弱体化を受けずに済みました。

「幻影勇者」や「勇者プランキッズ」などの他の大会環境デッキが弱体化を受けたこともあり、次期大会環境でも活躍するであろうことが確実視されています。

これを受けて「エルドリッチ」デッキのエースである「黄金卿エルドリッチ」の価格上昇が予想でき、他にもデッキのキーカードとなる「紅き血染めのエルドリクシル」の価格も上がりやすいかと思われます。

プレミアパック2022ディメンション・フォースでアンデット族関連が強化されることもあり、ファンデッキを作ろうと考えている人からも注目されています。

「ディメンション・アトラクター」


遊戯王カード ディメンション・アトラクター シークレットレア EXTRA PACK 2019 EP19 | エクストラパック2019 効果モンスター 闇属性 魔法使い族

一時的とはいえ「マクロコスモス」効果を持つ手札誘発モンスターであり、墓地を活用することが多い昨今のデッキに対して影響力は極めて大きいと言えます。

今回規制による弱体化を受けなかった「ふわんだりぃず」とは非常に相性が良いカードでもあり、相手の出鼻をくじいて自分に有利な状況を作り出すことが可能です。

大会でも着実と好成績を残していた「ふわんだりぃず」デッキは今後の活躍も見込まれていることもあり、昨今の大会環境で注目されている「ディメンション・アトラクター」は価格の高騰が予想されます。

スポンサーリンク

「ガーディアン・キマイラ」


遊戯王 第11期 07弾 BACH-JP040 ガーディアン・キマイラ【ウルトラレア】

融合素材を3体要する代わりにドローと除去によってアドバンテージを得られる融合モンスターです。

ストラクチャーデッキ-アルバ・ストライク-にて強化された「デスピア」デッキ(「烙印デスピア」とも呼ばれる)で採用されており、「烙印劇城デスピア」「赫の烙印」などで融合召喚していけます。

また「ガーディアン・キマイラ」と相性が良い「魔玩具補綴」+「エッジインプ・チェーン」+「融合」のセットを出張採用している「デスピア」デッキもあったりと、様々な運用法が試行錯誤されています。

「デスピア」デッキは規制改定によって変化する次の大会環境で活躍しそうな有力候補の1つでもあるため、「ガーディアン・キマイラ」や「デスピア」カード等は価格が上がりやすい傾向にあります。

同じく「デスピア」デッキに採用されることが多い「捕食植物ドラゴスタぺリア」も価格上昇が予想されます。

まとめ!!

2022年1月のリミットレギュレーションで高騰が予想されるカードをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のリミットレギュレーションの結果をある程度は予想していたものの、驚いた人も何人かいるかと思います。

2022年1月のリミットレギュレーションで、今後のシングル価格は大きく変動するカードも中には出てくるかも知れませんので、気になるカードがある方は、早めに入手しておくことをおすすめします!

関連記事はコチラ↓

先日2022年1月1日から適用される新しいリミットレギュレーションの内容が発表されました。 そこで今回は規制改定の影響...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする