2022年10月リミットレギュレーションの影響でシングル価格の高騰が予想されるカード6選!【遊戯王OCG】

 

 

先日2022101日から適用される新たなリミットレギュレーションの内容が公式より発表されました。

 

そこで今回は

 

新リミットレギュレーション発表の影響でシングル価格が上がりそうなカード

 

について紹介していきますので、売買を考えている人は参考にしてみてください。

 

2022年10月のリミットレギュレーションの内容を軽くおさらい!

 

 

今回の規制改定では多くのカードが規制強化、あるいは規制緩和されました。

 

 

数としては規制強化されたカード13規制緩和されたカード11という結果になりました。

 

 

また今回の規制改定の大きな特徴としては、無制限から禁止カード化や無制限から制限カード化といった一足飛びに規制強化されたカードの数が比較的多かったことが挙げられます。

 

 

大会環境で大活躍していた「イシズティアラメンツ」デッキや「スプライト」デッキの弱体化をするため、それらのテーマカードも数種ずつ規制強化されているのも印象的です。

 

 

様々なカードが規制強化された一方で、規制緩和されたカードも多くあります。

 

 

「八汰烏」「刻の封印」といった長きにわたって禁止カードになっていたカードの制限復帰は注目を集めていますし、今回の規制改定で禁止カードとなったカードの影響で緩和となったと思われるカードも複数ありました。

 

 

シングル価格の高騰に影響するのは主に規制緩和されたカードですので、その点も踏まえた上で予想をさせていただきます。

2022年10月のリミットレギュレーションの結果

 

2022年10月のリミットレギュレーションの影響で高騰が予想されるカード6選を紹介!

「八汰烏」


遊戯王/第2期/8弾/Mythological Age -蘇りし魂-/MA-17 八汰烏

スピリットモンスター(禁止カード、2022年10月1日から制限カード)
星2/風属性/悪魔族/攻 200/守 100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた場合、
次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

 

今回の規制改定で制限復帰となったカードであり、相手に戦闘ダメージを与えることで次の相手のドローフェイズをスキップできるスピリットモンスターです。

 

かつてはエラッタ前の「混沌帝龍-終焉の使者-」と合わせて使うことで相手の手札・フィールドのカードを0枚にしてからこのカードでドローを封じて一方的に勝利するという恐るべき戦術が猛威を振るったことから、禁止カード制度が導入された初の規制改定で禁止カード化したカードの内の1枚でもあります。

 

長きにわたって禁止カードであり続けたこのカードですが、カードプールの増加や環境の変化によって20225月にはTCGの方で制限復帰されたため、その様子を見て大丈夫と判断されたのか今回制限復帰となりました。

 

レアリティ自体は低いのですが、かなり昔のカードであることもあって今回の制限復帰によって価格の上昇が予想されます。

 

「刻の封印」


遊戯王/第3期/DUELIST LEGACY Volume.1/DL1-095 刻の封印

通常罠(禁止カード、2022年10月1日から制限カード)
次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

 

こちらも今回の規制改定で制限復帰となったカードであり、発動後の次の相手ターンのドローフェイズをスキップできる通常罠カードです。

 

罠カード故に発動までにターンがかかることやスキップできるのはあくまで発動してから次の相手ターンのドローフェイズであるという遅さもあって、ドローフェイズのスキップという効果自体は強力なものの単体での性能はそこまで高いとは言えないカードです。

 

このカードが禁止カードとなった主な要因はTOD(タイム・オーバー・デスの略。時間切れによる勝利を目的とする)」デッキの存在なのですが、高速化した昨今の環境とは合わないと判断されたこともあってか今回制限復帰となりました。

 

このカードもレアリティは低いもののかなり昔のカードであり、後述する「ラビュリンス」の存在もあって価格が上がることでしょう。

 

「紫毒の魔術師」


遊戯王OCG 紫毒の魔術師 スーパーレア SD31-JP006-SR 遊☆戯☆王ARC-V [STRUCTURE DECK -ペンデュラム・エボリューション-]

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2100
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、自分の
魔法使い族・闇属性モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
そのモンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで1200アップする。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカードはルール上「フュージョン・ドラゴン」カードとしても扱う。
(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

闇属性・魔法使い族モンスターを強化するペンデュラム効果と破壊されたことをトリガーとした除去効果を持っています。

 

「魔術師」ペンデュラムモンスターであることから恩恵を受けられるサポートカードは多く、「魔術師」デッキではペンデュラムスケールや効果も活かしやすいことから優秀な性能をしています。

 

今回の規制改定で「虹彩の魔術師」が制限カードから準制限カードに緩和されたことで「魔術師」デッキが強化されるため、同じく「魔術師」デッキに採用されていたこのカードも需要が増えることかと思います。

 

「ユニオン格納庫」


遊戯王OCG ユニオン格納庫 パラレル仕様 SDKS-JP020-P 遊☆戯☆王 [STRUCTURE DECK -海馬瀬人-]

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが
召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに装備可能で、カード名が異なる機械族・光属性の
ユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備する。
この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。

 

発動時に光属性・機械族のユニオンモンスターをサーチする効果と光属性・機械族のユニオンモンスターの召喚・特殊召喚をトリガーとしてデッキから光属性・機械族のユニオンモンスターを装備する効果を持つ永続魔法カードです。

 

このカードの効果で装備したカードはそのターン特殊召喚できませんが、「ユニオン・ドライバー」を経由させて効果で別のユニオンモンスターをデッキから装備すれば事実上デメリットを無視することも出来ます。

 

今回の規制改定でABC-ドラゴン・バスター」が制限カードから準制限カードに緩和されたため、「ABC」デッキにおけるキーカードであるこのカードは価格の上昇が予想できます。

 

ちなみに「ユニオン・キャリアー」が禁止カードになった後でも「プラチナ・ガジェット」を使えば「ユニオン格納庫」1枚からABC-ドラゴン・バスター」に繋げることは可能です。

 

「未界域のネッシー」


遊戯王 EP19-JP022 未界域のネッシー (日本語版 スーパーレア) EXTRA PACK 2019

効果モンスター
星7/闇属性/水族/攻1600/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のネッシー」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のネッシー」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
デッキから「未界域のネッシー」以外の「未界域」カード1枚を手札に加える。

 

「未界域」テーマ共通の自己特殊召喚効果に加え、手札から捨てられた場合の固有効果では「未界域」カードをサーチできます。

 

サーチ先に種類の指定は無いので状況に応じた「未界域」カードを引き込むことができますし、自己特殊召喚が可能なレベル7モンスターである点を活かすことも可能でしょう。

 

今回の規制改定で「未界域のジャッカロープ」が制限解除され「未界域」テーマは性能をフルに発揮できるようになるため、レアリティが高く「未界域」のキーカードでもあるこのカードの価格が上がる可能性は十分にあります。

 

「白銀の城の召使い アリアンナ」


遊戯王 日本語版 DBTM-JP017 Arianna the Labrynth Servant 白銀の城の召使い アリアンナ (スーパーレア)

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「白銀の城の召使い アリアンナ」以外の「ラビュリンス」カード1枚を手札に加える。
(2):自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、以下の効果を適用できる。
●手札から、悪魔族モンスター1体を特殊召喚するか、魔法・罠カード1枚をセットする。

 

召喚・特殊召喚成功時に「ラビュリンス」カードをサーチできる効果に加え、自分の通常罠カードでモンスターがフィールドを離れることをトリガーとして1枚ドローしその後悪魔族モンスターの特殊召喚か魔法・罠カードをセット出来る効果を持ちます。

 

使いやすくカード種類に指定の無いサーチ効果によって状況に応じた「ラビュリンス」カードを引き込めますし、2の効果ではハンドアドバンテージの獲得だけでなくプラスで展開か更なる罠カードの用意も可能です。

 

通常罠カードをサポートするのが特徴の「ラビュリンス」テーマなら今回の規制改定で制限復帰した「刻の封印」を活用することも可能なことから、「ラビュリンス」のキーカードであるこのカードの価格上昇が予想されます。

 

まとめ!

 

2022年10月のリミットレギュレーションの影響で高騰するカードをいくつか紹介してきました。

 

今回の緩和されたカードの中で個人的に印象的だったのは「八汰烏」「刻の封印」の制限復帰です。

 

この2枚は特に長年禁止カードだったこともあり、シングルカード店の在庫が少ないことが予想されますが、何かしらで再録する可能性も高いので、購入を検討している人は一旦待ってみるのも手かと思います。

 

今回紹介したカード以外にも、関連のカードが高騰することが予想が予想されますので、欲しいカードや組む予定のあるデッキがある人は購入タイミングや、どのショップが安いのか検討してから購入するといいでしょう。

 

2022年10月のリミットレギュレーションに関しての別途関連記事はコチラ↓

2022年10月リミットレギュレーション(規制改定)の影響で強化されるテーマ6選!デッキを組むチャンス!

2022年10月のリミットレギュレーションで緩和されるカード5選を予想!【遊戯王OCG】

2022年10月の禁止制限改定で規制強化されるカード9選を予想!【遊戯王OCG】


遊戯王OCG PHOTON HYPERNOVA


遊戯王OCG SELECTION 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください