2022年10月のリミットレギュレーションで緩和されるカード5選を予想!【遊戯王OCG】

 

 

遊戯王OCGでは定期的に規制改定を行っており、202210月からは新たなリミットレギュレーションが適用されることになります。

 

例年通りであれば20229月の中ごろには規制改定の内容が発表されるはずですが、今回はその前に

 

新リミットレギュレーションで規制緩和されるカード

 

を予想していきたいと思います。

 

あくまでも予想ですので、確実に当たるとは限らないという点は予めご承知おきください。

 

2022年10月のリミットレギュレーションで緩和しそうなカードの傾向は?


これまでの規制改定の内容を考えると、規制緩和されるカードは一時期はその活躍ぶりやカードパワーの高さ故に規制されたものの時間が経ったことで緩和しても問題が無いと判断された物が基本になります。

 

この点を踏まえると、現在何かしらの規制を受けているものの緩和してしまっても大会環境に問題がなさそうなカードが緩和される可能性が高いと言えるでしょう

 

最近の大会環境としては「イシズティアラメンツ」デッキと「スプライト」デッキが環境トップとして活躍しており、その他に活躍しているテーマデッキについても「エクソシスター」や「ビーステッド」など環境トップのデッキとの相性が好成績を残すための重要な要素となっていることが分かります。

 

上記の都合もあって、かつて規制を受けた経験があるテーマデッキの中で現在の大会環境からは退いているという物も少なくないです。

 

だからといって今回の規制改定で緩和されるカードが多くなりそうとは一概には言えません。

 

というのも、今回の規制改定で「イシズティアラメンツ」デッキと「スプライト」デッキは規制強化による弱体化がほぼ確実視されており、その内容次第ではかつて大会環境で活躍していたデッキが再び活躍する可能性も考えられるため、その辺りのカードを緩和するのは慎重にならざるを得ないからです。

 

このことから考えると、「イシズティアラメンツ」デッキと「スプライト」デッキへの規制強化がどのようなものであったとしても大会環境への影響が無さそう、あるいは少なさそうなカードが緩和される可能性はより高くなると言えるでしょう。

 

2022年10月のリミットレギュレーションで緩和しそうなカードを予想!

「転生炎獣ガゼル」準制限カード化


遊戯王 SD35-JP003 転生炎獣ガゼル (日本語版 スーパーレア) STRUCTURE DECK ストラクチャーデッキ ソウルバーナー

効果モンスター(制限カード)
星3/炎属性/サイバース族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送る。

 

「サラマングレイト」デッキのキーカードの内の1枚であり、出しやすさと墓地肥やし効果によって展開の起点としても非常に優秀な性能をしています。

 

 

一度大会環境を退いて以降の「サラマングレイト」デッキは稀に大会で好成績を残すことがある程度であり使用率も低いため、このカードを規制緩和してもそこまで大きな問題にはならないように思います。

 

 

ただ大会での使用率が下がっただけで「サラマングレイト」デッキの回しやすさや展開力は依然高いままなので、もうしばらくの間緩和は見送られるという可能性も十分あります。

 

「トリックスター・ライトステージ」準制限カード化


遊戯王 18SP-JP309 トリックスター・ライトステージ (日本語版 スーパーレア) SPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDITION Vol.3

フィールド魔法(制限カード)
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、
相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。
(3):自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、
相手に200ダメージを与える。

 

「トリックスター」デッキにとっては安定力を上げてくれることから積極的な採用が推奨されるキーカードでもあります。

 

「トリックスター」デッキはしばらく大会環境での活躍をしておらず、一時期は使われていた出張セットの方も見かけなくなりました。

 

このことから大会環境への影響はほとんど無いように思われますし、既に遊戯王TCGの方では準制限カードに緩和されたカードでもあるので、規制緩和されるのではないかと予想しています。

 

「魔導書の神判」準制限カード化


遊戯王OCG 魔導書の神判 ノーマル LTGY-JP063

速攻魔法(制限カード)
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、
このカードの発動後に自分または相手が発動した魔法カードの枚数分まで、
自分のデッキから「魔導書の神判」以外の
「魔導書」と名のついた魔法カードを手札に加える。
その後、この効果で手札に加えたカードの数以下のレベルを持つ
魔法使い族モンスター1体をデッキから特殊召喚できる。
「魔導書の神判」は1ターンに1枚しか発動できない。

 

長きにわたって禁止カードでい続けていましたが、前回の規制改定(20227月適用)で制限復帰することとなりました。

 

規制された当時との環境やカードプールの違いもあるのですが、制限復帰して以降もこのカードが大会環境で目立った活躍をすることはありませんでした。

 

このことから更なる規制緩和をしても問題が無いように思えるため、今回の緩和予想として挙げさせていただきました。

 

A・ジェネクス・バードマン」制限解除


A・ジェネクス・バードマン ウルトラレア 遊戯王 デュエリストセット Ver.マシンギア・トルーパーズ ds14-jpm34

チューナー・効果モンスター(準制限カード)
星3/闇属性/機械族/攻1400/守 400
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果を発動するために風属性モンスターを手札に戻した場合、
このカードの攻撃力は500アップする。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

自分フィールドのモンスターをバウンスして自己特殊召喚できるという効果や自身がチューナーであること等から、ワンターンキルコンボなどに使われたとして規制を受けていました。

 

規制された頃とはカードプールなども異なるもののこのカードの規制を緩和しても当時のワンターンキルコンボを再現するのは難しいです。

 

前回の規制改定で緩和して以降も大会環境で使われることも特になかったため、前回の規制改定から段階を踏む形で制限解除されるのではないかと予想されます。

 

「閃刀機-ウィドウアンカー」制限解除


遊戯王 PAC1-JP045 閃刀機-ウィドウアンカー (日本語版 シークレットレア) PRISMATIC ART COLLECTION

速攻魔法(準制限カード)
(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る事ができる。

 

フィールドのモンスターの効果を無効にし追加効果ではコントロール奪取が出来ることから、制圧や切り返しの際に活用しやすい速攻魔法カードです。

 

昨今の大会環境で「閃刀姫」デッキは見かけなくなりましたが、緩和予想として挙げた理由はそれだけではありません。

 

202211月に発売予定のコンセプトパック セレクション5にて「閃刀姫」テーマが強化されることが既に判明しているため、今回の規制改定では強化される「閃刀姫」の販売促進を兼ねてテーマカードのいずれかが規制緩和されるのではないかと予想しています。

 

他にも「閃刀起動-エンゲージ」の制限解除や「閃刀姫-カガリ」の準制限カード化も考えられますが、「閃刀姫」デッキが大会環境で活躍していた期間の長さを考えれば「閃刀機-ウィドウアンカー」の緩和が一番無難な気もします。

 

まとめ!

 

2022年10月のリミットレギュレーションの影響で緩和されるカードの傾向としては前回のリミットレギュレーションで緩和されたカードが更に緩和される形になるのではないかと予想されます。

 

理由としてはやはり、環境のインフレであったり、前回緩和したカードがそれほど多く使われていなかったり、大会環境で目立った使用がなかったことです。

 

今回紹介したのはあくまでも予想ではありますが、今回紹介したカードが緩和されれば、過去に組んでいたが、規制されていた関係で使わずにいたデッキを再び使う機会が来るので、個人的には今回紹介したカードが緩和されると嬉しいです。

 

2022年10月のリミットレギュレーションについての別途関連記事はコチラ↓

2022年10月リミットレギュレーション(禁止制限)結果公開!今回の改訂内容は?【遊戯王OCG 】

2022年10月の禁止制限改定で規制強化されるカード9選を予想!【遊戯王OCG】


遊戯王OCG PHOTON HYPERNOVA


遊戯王OCG SELECTION 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください